ピクシブ百科事典

RZ50

あーるぜっとごじゅう

ヤマハが発売していた原付バイク。
目次[非表示]

概要

ヤマハが発売していた原付バイク。
RZシリーズの末っ子に位置する。
二世代が存在したが、車名以外の共通点はほぼ無い。

初代

RZ50に乗る椛チャン


1981年発売。
外観はRZシリーズの元祖であるRZ250を模しており、カラーリングもよく似たパターンであった。
ただし、こちらはヘッドライトが角目である点は異なっている。

搭載するエンジンは水冷2ストロークで自主規制値いっぱいの7.2馬力を発揮。
ミッションも6速と、当時の原付としては非常にハイスペックな造り込みであった。
二輪免許無しでも乗れる敷居の低さから人気を博した。

1985年に生産終了。

二代目

RZ50錬金3級仕様


1998年発売。
レーサーレプリカブームの終焉により商品性が低下していたTZR50Rの後継として復活した。

外観は初代とは全く別物で、RZ以前の世代のレーサーモデルを彷彿とさせるレトロなものとなった。
このため、RZシリーズでは唯一となるスポークホイールを履いているのが特徴。
フレームとスイングアームはオフロード車であるDT50と共用である。

排ガス規制の強化により、1999年を以て殆どの2ストローク車が生産終了に追い込まれる中、本車は規制を通して生きながらえ、以降は国内最後の2ストロークスポーツとなった。
しかし、2007年に再び訪れた排ガス規制強化には対応せず、同年をもって生産終了。
(補足すると、この規制でスクーターも含めて公道用の全ての2ストローク車が消滅した。)

日本の2ストロークスポーツの隆盛は、RZ250が起爆剤となり、レーサーレプリカブームを経て、RZ50で終えることとなった。
そもそもRZの「Z」は、アルファベットの最後の文字である事から「最後の2ストロークスポーツを作る」という意味でネーミングされたもので、結果的に長い年月を経てこれは現実のものとなった。

関連項目

YAMAHA 原付 バイク RZ250 RZ TZR50

関連記事

親記事

YAMAHA やまは

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「RZ50」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4724

コメント