ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

TVゲーム『レーシングラグーン』に登場する企業にして、本作の黒幕。

表の顔は自動車用パーツメーカーだが、正体はバイオテクノロジーを本業とするコングロマリット企業。
10年前、Diabloという薬品の開発に着手し、完成間近にまでこぎつけるも、実験の被験者だった難馬稔司(難馬恭司の兄)が原因不明の事故死を遂げる。
この検証・解析作業の為に実験が長期化し、それでも解決できなかったため10年間の凍結が決定。

そして10年後の1999年、解決の可能性を秘めたとある被験者を、記憶を改ざんした上で再び世に放ち、才能を開花させるよう工作活動を行う。

用語

Diablo

人間の恐怖や不安といった負の感情を抑制することで、持てる能力の限界を引き上げる薬。
ただし、絶えず幻聴が聞こえて精神が不安定になったり、緊張が限界を突破するとホワイトアウトを起こし、視界を奪われて事故を起こすという重大な副作用を持っており、これを解決することがD-Projectの目的だった。
尚、元D-Project責任者の川志摩サトル曰く、当初はDreamという名前だったらしい。

D-Project

Diabloの開発プロジェクトの名前。
Diabloの副作用の解決を目的とし、「容易に調達・処分できる」という理由でYOKOHAMA走り屋たちをサンプルとして捉え、様々な抗体を投与してデータ取りを行っていた。
しかし結局副作用の解決は実現せず、ストーリー終盤にWON-TECが内部崩壊したことから、成功を見ることは無かった。

Driver

Diabloの実験サンプル、もしくは実働を担う開発メンバーの事。
前者は沢木誠難馬恭司藤沢一輝などが、後者は石川圭介ハイデル・シュナイダーなどが該当する。

Diablo-Zeta

10年前のDriverたちがデータ取りの為に乗せられていたZeta3000のチューニングカー。
当該項目参照。

Diablo-Tune

WON-TECが手掛けるチューニングの通称。
車種を問わず総じてミッドシップスーパーカーのようなスタイルになっている。
これに「謎の塗料」を組み合わせることで、ダクトだらけの不気味な見た目に仕上げることが出来る。

関連タグ

レーシングラグーン

関連記事

親記事

レーシングラグーン れーしんぐらぐーん

兄弟記事

コメント