2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

Webみん

うぇぶみん

ライトノベル、『この素晴らしい世界に祝福を!』の登場人物「めぐみん」の「小説家になろう」バージョンにおける姿を想像して描いたイラストに付けられるタグである。
目次[非表示]

概要

web版めぐみんの略称。
めぐみんは書籍化の際に最も変更が加えられたキャラクターでもある。
アニメ版めぐみんと比べ、メイン画像のように落ち着いた女性と想像されていた。
誰てめ絵

書籍版との相違点

年齢は17歳前後。
赤い瞳で黒髪を腰まで伸ばし前髪をぱっつんと切り揃えている。眼帯は着けていない。
黒マントローブ、黒いブーツといかにも魔法使いっぽい格好。

落ち着いた雰囲気、気だるげであまり表情の変化のない美少女とカズマから評されている。
口調はあまり統一化されておらず、初期の頃はどちらかといえばあるえに近い。

紅魔族自体の設定が異なっており、元々戦争用に作られた改造魔導兵で生まれつき極端に魔力が高く、異常な魔力回復力を誇るが、その代償として魔力の自然排出が上手く出来ない体となっている。
大人になると多少の融通は効くが、それでも特殊な紅魔族ローブを着ていないと魔力が体に溜まってオーバーヒートを起こし、ボンッとなるらしい。
体のどこかに黒い刺青のような機体ナンバーが入れられていて、めぐみんの場合は尾骨の下にある。

作中ではめぐみんも一度ボンッとなりかけており、これが書籍版5巻にあたる紅魔の里へ帰る要因となっているのだが、本人は帰ることを嫌がっていた。
学園時代は常に成績が一番で学費も免除されており、里の人達からも天才だと期待されていたぶん、ネタ魔法の爆裂魔法しか使えないことを言い出せずにいたせいである。
ゆんゆんにもこの事は伏せていたのだが、カズマがモンスターに殺された際に何も出来ずにいたことで発覚してしまい、激昂したゆんゆんに叱られた。

カズマもweb版では20歳と設定が異なっており、年齢の影響もあってか、二人の絡みは書籍版以上に際どい描写が多い。

余談

前述の通り年齢と容姿、また口調や雰囲気も異なっており、多数の設定変更によって書籍化開始当初は批判的な声も多かった。変更の理由については作者もブログで説明している。

当初は物語上での活躍も少なく、キャラとしてもまだ確立されてなかった故に読者の間では影が薄いと評され、作者自身もそれを認め、度々ネタにもしていたほど。

書籍化の際に追加されたあるえは類似点も多いことから、webみんの系譜を受け継いでいるキャラクターとも言われている。

関連タグ

この素晴らしい世界に祝福を! 二次創作
この素晴らしい世界に祝福を!(web版イメージ)

関連記事

親記事

この素晴らしい世界に祝福を!(web版イメージ) このすばらしいせかいにしゅくふくを

pixivに投稿されたイラスト pixivで「Webみん」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「Webみん」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 71607

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました