ピクシブ百科事典

hPa

へくとぱすかる

「ヘクトパスカル」。気象関係で使われている圧力の単位。

概要

国際単位系(SI)の圧力・応力の単位として使われている「パスカル(Pa)」、つまり「ニュートン毎平方メートル(N/m2乗)」に接頭辞の「ヘクト(h)」をつけたもので、1hPaは100Paである。気象関係で使われることが多く、特に高気圧低気圧台風の気圧単位で普段から目にすることが多い。

1気圧 = 1013.25hPa = 101325Pa

コメント