ピクシブ百科事典

いじめっ子3人組

いじめっこさんにんぐみ

三人のいじめっ子のこと。ここではアニメ『ViVid Strike!』の登場人物について記述する。
目次[非表示]

CV:長谷美希小橋里美千本木彩花(アニメでのクレジット表記は『クラスメイト』)

概要

リンネ・ベルリネッタがかつて通っていた私立ロズベルグ学園時代のクラスメイト。
グループのリーダー格と思われるリボンをつけたストロベリーブラウンのショートボブの少女、眼鏡をかけた黒髪の少女、茶髪ロングの少女の3人組。各人の腕力はリンネの足下にも及ばない。
3人のうちの一人の名前はサラだが、本編では一人しか名前が明かされていないため、誰が誰かまでは不明。

転校早々にクラスで注目を浴び、体力測定で抜群の好成績を出したリンネが自分達の所属する運動クラブの勧誘を断ったことを逆恨みし、リンネをクラブに加入させることを目的として、陰湿かつ暴力的ないじめを行い、心身ともにリンネを徹底的に追い詰め、遂には彼女が養祖父の最期を看取ることができなかった原因を作った。
養祖父が亡くなったその後日、3人の前に現れたリンネは、ショートボブの少女の右手首を砕かんばかりに掴み、上からひじ打ちをして右腕をへし折る、黒髪眼鏡っ娘の頭を掴み、靴箱を凹ませるほどに顔面を叩き付ける茶髪ロングヘアの少女の顔面に蹴りを入れて靴箱に叩き込む、そしてショートボブの少女の頭を踏みつけ止めを刺す…といった激しい鉄拳制裁を行い、3人は因果応報の報いを受ける羽目となる。

その事件が「いじめの被害者による暴力事件」として世間で公となったその後、病院送りになった3人だが、幸い後遺症は残らず、リンネの両親の必死の奔走で示談とリンネの転校で済むこととなった。
しかし示談成立に納得のいかないサラの兄は、「自分も他の2人も何も悪いことはしていない、友達同士の軽口にリンネが切れた」という、いじめの事実を否認しようとする妹の口車を鵜呑みにしたことから、不良仲間と共にリンネを拉致し、自分達が根城としている無人のゲームセンターで報復を仕掛けてしまう。結果、街中での誘拐の現場に偶然居合わせたジル・ストーラが駆け付け、兄が語った妹の口車を聞いたリンネはサラ達3人がまるで反省していないことを理解し激昂。サラの兄はリンネに一蹴、仲間諸ともジルによって倒された。

この一件以来、リンネは「誰にも見下されず、大切なものを守れる強さ」を強く渇望するようになり、上記のサラの兄の一言で他人に心を閉ざすようになってしまった。

その後について

彼女達3人及びサラの兄のその後の行方については、作中において一切明らかにされていない。
また、示談とリンネの転校で事を済ませようとしていた3人の両親は本編未登場のため、常識的な人物なのか、或いは子供達と同じように人間性が最低な人物であるかどうかは不明のままである。

街中で堂々とリンネを車で拉致したサラの兄とその不良仲間達は目撃者の通報で警察に逮捕されたのは確実だが、主犯格であるサラの兄は最悪、両親から絶縁(勘当)されてもおかしくないと思われる(そもそもサラの兄も多勢の不良仲間を率いるほどの悪漢であった以上、近所からの評判は最悪だったと思われる)。
3人もリンネが起こした事件でいじめの事実が公になったことで学校に居づらくなり、おそらくリンネが転校した後に自分達3人も転校、及び転校と同時に引っ越して街を離れたと思われるが、いじめの件で周囲から後ろ指を指されながら惨めな日々を過ごしている可能性は否定できない。
特に自身の口車で身内を犯罪者にしてしまったサラはいじめの件に加え、兄が起こした拉致事件をきっかけに近所から村八分にあい、転校と同時に引っ越して街を離れてもなお、犯罪者(誘拐犯)の妹として他の2人よりも肩身の狭い境遇に置かれている可能性もある。

自業自得とは言え、これまでリンネをいじめていた自分達3人がいじめられる側に転落、最悪家庭崩壊も免れないであろう。

関連タグ

ViVid_Strike!
リンネ・ベルリネッタ
いじめっ子 自業自得/因果応報 吐き気を催す邪悪 まさに外道 みんなのトラウマ

関連キャラ

雫芽さりな:(理由こそは異なるが)二人の親友と共に主人公に対して凄惨ないじめを行っていたいじめグループのリーダー格。親友の一人諸とも、因果応報の報いを受けるが、紆余曲折もあって改心の兆しを見せている(なお、一人取り残されたもう一人の親友は自分もひどい目に遭うことを恐れ、以前と一転して気弱な性格になった)。

黒歴史:千本木彩花はミスタと精神が入れ替わったトリッシュ・ウナの演技をネットで褒められた際に「リリカルなのはシリーズに黒歴史があるけど~」と評された事がある。他の二人と違い、某人気声優にも才能を認められている彼女にとってはこれから沢山演じる役の一つになるだろう。

反橋栄一郎:クラスメイトをいじめ、その人物を悪堕ちさせた繋がり。ちなみにこの役も人気声優として幾多の作品で活躍している演者の黒歴史とも捉えられる。

アキホ:人気声優の黒歴史繋がり。

ライフル銃の男:ドラゴンボールの名も無き悪人。こちらも登場人物に危害を加えたことで、事態を悪化させた所が似ている。

ロザリーを狙う人間:ドラゴンクエストIVの名も無き悪人。いじめっ子3人組及び上記のライフル銃の男ポジだが、こちらは元々悪側である人物の憎悪を余計に駆り立てている。

シュート・サザーランド:こちらもいじめっ子3人組同様の悪辣な行動を取っており、庶民やメイドや執事などの地位の低い者を見下し、更には幼いメイド彼女を庇う主人公に対して傲岸不遜な態度をとる等、好き放題やらかした結果父の逆鱗に触れ、激怒したメイドや執事達から袋叩きにされるという因果応報の報いを受けた。しかし報復を受けたその後の動向について明らかにされていない点も3人と共通している。

ハムスターを殺した不良学生:こちら葛飾区亀有公園前派出所第123巻収録の「檸檬が泣いた日…の巻」に登場した不良達。こちらもいじめっ子3人組同様の悪辣な行動を取っており、家族や学校側も彼らのことを完全に見放している。主人公又従姉妹が通う幼稚園に侵入し、ハムスター踏み潰してバラバラに惨殺した後に金品を奪い逃走。その翌日、不良達の親や学校側が警察に頑として協力しようとしなかったため、痺れを切らした主人公に逮捕され、「親も教師も見はなしたこいつらをだれが目を覚まさせるんだ!」と懲戒免職覚悟の上での鉄拳制裁を受け、又従姉妹の元へ引きずり込まれて謝罪するも又従姉妹は許すはずもなく、号泣しながら「あんたたちも踏み潰されればいいんだ!!」と罵声を浴びせた。
3人とは違い、不良達は僅かにも自分達の行いに反省の色を見せているが、逮捕されたその後に関しては一切描かれていない。

キノコ獣人:仮面ライダーアマゾンガランダー帝国獣人。こちらもいじめっ子3人組同様の悪辣な行動を取っており、バス二台の乗客や団地一棟分の住民(風邪を引いていた赤ちゃんは生存)、さらにゲドンの生き残りの獣人を『人食いカビの胞子』を使って殺害し、最後は怒りに燃える主人公必殺技を食らい、脳天をかち割られて絶命するという因果応報な報いを受けた。

関連記事

親記事

ViVid_Strike! ゔぃゔぃっどすとらいく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「いじめっ子3人組」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15421

コメント