ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

1986年6月30日生まれ、東京都出身。

東京都立工芸高校定時制インテリア科卒業。本名は菊地祐紀(読み同じ)。

2020年からは株式会社ベイシカが、キャラクターの版権管理及び本人のマネジメント窓口となっている。


アルバイト、印刷会社を経てフリーのイラストレーターとして独立。ライブペイント・グッズの制作・キャラクターデザインなどの分野で活動している。

また、近年は漫画家としての活動が目立ち、代表作に、リイド社の漫画配信サイトリイドカフェで連載された「SUPERどうぶつーズ」がある。

2019年12月から2020年3月まで毎日Twitterにて連載された「100日後に死ぬワニ」は連載開始から大きな注目を集め、社会現象とも呼べる話題を集めた。


印刷会社時代、商品企画・販売の過程に一から関わった経験があり、イラストレーターとして独立した後もグッズ制作・販売は一人で行っていた。


経歴

幼少期の頃より創作に関心を抱く。小学生の頃、絵が上手だったいとこの影響で絵を描くことに夢中になる。当時はバトエンが流行しており、「ドラゴンクエスト」のモンスターなどをよく描いていた。

中学生の頃、自分の机に「はじめの一歩」や「デビルマン」の落書きをしているのを担任に見つけられるが、美術の教師だったので逆に褒められたという。

教師から「絵が好きなら工芸高校のインテリア科はどうだ」と勧められ、工芸高校のインテリア科に入学。

授業では家具の製作や製図に勤しみ、部活は音楽部とバドミントン部を兼部していた。

なお、当時を振り返って「インテリア科は全く絵を描かないので、同校のアートグラフィック科(※正確にはグラフィックアーツ科)のほうが自分に合っていたかもしれない」と発言している。→インタビュー記事


高校卒業後はアルバイトをしながら創作活動を行う。

20歳の頃、旧知の仲であった親友が事故に遭って急死してしまう。そのショックから一時は活動をストップしていたが、「何かできることはないだろうか」と考え、再び活動を始めた。

作品をmixiなどに投稿していたところ、あるイベンターから声をかけられ、公の場に初めて自身の作品を出展する。それをきっかけに創作活動を行う友人や、業界とのつながりができていき、またデザインフェスタなどのイベントに継続的に参加するようになった。


25歳のとき、印刷会社に就職。当時はデザイン系の部署で企業向けのイラストカットなどを制作していた。

27歳のとき、会社の仕事で創作時間を大幅に削られてしまうことに疑問を感じ、またイラスト関連の仕事が好調なことから、「自分のやりたいことをやろう」と退職。フリーのイラストレーターとして独立し、本格的に活動を開始する。


LINEスタンプの制作や、各種イベントへの出展、漫画「SUPERどうぶつーズ」「100日後に死ぬワニ」の連載など現在も活躍の場を広げている。


人物

ドラゴンボール」を好きな作品に挙げている。幼稚園生の頃はよくごっこ遊びをしており、仲の良い友人が悟空役であったという。また、この悟空役をしていたのが20歳の時亡くした友人その人である。思い入れのある作品のようで、自身の作品の中にもパロディ・オマージュが見られる。

なお、この亡くなった友人が「100日後に死ぬワニ」のワニくんのモデルではないか、と考察されている。


作品制作にあたってはキャラクター展開に重きを置いており、キャラクターの設定・バックグラウンドは綿密に練っているという。


13歳の頃両親が離婚している。


自身のTwitterでは「〜だぞ☆」のように☆マークを語尾につけて投稿することが多い。


SNSのアイコンとして利用している自画像は、帽子を被りパーカーを着て右手の人差し指を上げたポーズをとっているもの。かつてはアップのものが使われていたため「腕を頭の後ろで組んでいるポーズ」に見えると一部で指摘されていたが、現在は手がわかりやすい引きの絵に変更されている。


作風

活動初期(高校卒業後しばらく)は、当時流行していたというカエルの絵を数多く描いていた。作風は現在とは異なり、実在するカエルを写実的に描写し、ポスターカラーでカラフルに着色していた。

本人は「イラストというより絵画」とこの頃の制作に関する姿勢や画風を表現している。また、文芸社からこれらをまとめた作品集が出版されたが、本人は「全く売れなかった」と冗談めかして発言している。

この画風で描いた作品がコンテストで賞を受けるも、覚えやすく魅力的なキャラクターを描きたいと模索するようになる。


その後、小人のようなキャラクターを画面一杯に敷き詰めたインパクトのある作品「アントニーオ・ドッピオ」、劇画タッチで奇抜なデザインの動物キャラクターによる漫画「どうぶつーズ」シリーズなど、シュールでアンダーグラウンドな作風が定着した。

100日後に死ぬワニ」では、シンプルなデザインの動物たちによる至って普通の日常を描いた4コマ漫画という、また新しい作風となっている。



代表作

ねずみのトニー、うさぎのコニー、ぞうのポニー。

どうぶつの街「ビッグシティ」に住む、いつも仲良し3人組の「どうぶつーズ」。年の頃は、トニー(27)コニー(27)ポニー(29)である。どうぶつーズの仲間はみんなしっかりとした職を持ち毎日せっせと働いている中、いまだバイトしているどうぶつーズの3人。彼らが常々口にする言葉といえば「…そろそろ俺らやばくね?」しかしそんなどうぶつーズにも大きな夢が! その夢とは遊んで暮らせる大テーマパークを作ること。バイトだけでそんなの作れる訳がないっつーのに今日も変わらずモデルに雑用デリバリー。様々な出会いと経験を積んで夢に向かうどうぶつーズ。行け!どうぶつーズ!


あたりまえ。だから、愛おしい


1匹のワニの、なんでもなくて、かけがえのない

毎日の記録を100日間かけて連載された4コマ漫画。

関連イラスト

タコとタツノオトシゴジャガー コアラカエルの基地海賊会議紫陽花畑スペース上司ガール

外部リンク

公式サイト


pixivアカウント


Twitterアカウント


株式会社ベイシカのホームページ

関連タグ

100日後に死ぬワニ SUPERどうぶつーズ イラストレーター 漫画家

関連記事

親記事

イラストレーター いらすとれーたー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7496

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました