ピクシブ百科事典

くいい爺

くいいじい

くいい爺とは、『妖怪ウォッチ』シリーズに登場するキャラクター(妖怪)である。
目次[非表示]

概要

No168
種族ポカポカ
ランクB
スキルおにぎり(ピンチになったとき一度だけHPを回復する)
好物おにぎり
こうげきくらいつく
ようじゅつ吸収の術
必殺技食い意地クレイジー(脅威の食い意地で呼び寄せた大量のおにぎりで味方全体のHPを回復する)
とりつくおなかをすかせるすかせる(とりつかれた妖怪は食べても食べてもみたされず、ちからが大ダウンする)


目の前にあるものは何でも食べつくすほどの食い意地を持った妖怪。まるでその口はブラックホールのようだ。(妖怪大辞典より)

ひも爺の進化系である妖怪。
進化条件は初代ではレベルアップ(Lv.22)だったが、「2」からは「愛情むすび」と合成させなければならない。

コロコロコミック版

初登場時はケータに取り憑き食べまくらせた。
妖怪ウォッチで出現後はそのまま夕食を全部食べ、最終的には家を丸ごと食べた(これにはケータの母も怒るどころか呆然としていた)。しかし、くいい爺本人はやりすぎた事を反省して、ケータに妖怪メダルを差し出した。

老いらん戦ではケータ&ウィスパージバニャンが老人になってしまい、老眼でメダルがぼやけて見えていた状態で適当に呼び出されたが、予想外の大活躍をした。

おにぎり侍戦ではぎしんあん鬼を護る為に召喚され、おにぎり侍を食べようとしたが持っていた刀で口を怪我してしまった揚句、ぎしんあん鬼のややこしい発言で誤解してしまい、怒って帰ってしまった。

ちゃお版

未空イナホにとりついて空腹にした真犯人。しかし、食べ物がなくなるとわかると、食べ物の切れ目は縁の切れ目とばかりに去ってしまった。

関連タグ

妖怪ウォッチ 妖怪ウォッチの妖怪一覧 ポカポカ族 ひも爺

コメント