ピクシブ百科事典

けいおん!モブキャラ

けいおんもぶきゃら

『けいおん!』に登場するモブキャラのイラストに付けられるタグ。
目次[非表示]

概要

アニメ『けいおん!』と第2期『けいおん!!』、および『映画けいおん!』に登場するモブキャラのイラストに付けられるタグ。同作品ではメインキャラのみならず、本来背景にすぎないモブキャラまでもがそれぞれ明確な個性をもって描かれており、制作会社である京都アニメーションのお家芸ともいえる丁寧な描写が話題を呼んだ。

ちなみに何をもって「モブキャラ」と定義するかは判断の難しいところではあるが、本記事では主に作中で台詞の無かったキャラ、また台詞はあるがEDのクレジットで個人名が表記されなかったキャラ(例:「クラスメイト」等)を中心に紹介する。

タグ使用時の注意点

本タグは上記の通りアニメ第1~2期を通して作品内に登場するモブキャラが描かれたイラストに向けられたものだが、中でも第2期より登場する主人公達のクラスメイトには「けいおん!!3年2組」という専用のタグが用意されているので、そちらも参照されたし。(ちなみにpixiv上において、「けいおん!」のモブキャラといえば後者のタグが主流となっている。)

第1期より登場するモブキャラ

楽器屋の店員

えっ?店員さんは非売品なの?


cv:前野智昭
初登場は原作漫画で、アニメにおいては1期第2,11話、および2期第2話に登場。平沢唯が後にギー太と名付けるギターとの出会いを果たした楽器店の店員。実はこの店は琴吹紬の実家のグループ傘下にあるらしく(紬の眉毛を一目見て「社長の娘」であると気付いた)、上記のギター購入時にはおよそ15万円の品物を5万円まで値切られた。その後も購入後、きちんとしたメンテナンスがされていなかったギー太の修理を請け負ったりと、紬のコネも含めて桜高軽音部御用達の店となっている様子。なお、彼自身は楽器店に勤めるだけあって豊富な関連知識を持っているようで、山中さわ子が所持していた古いギターの売却に訪れた際は延々とウンチクを披露して田井中律を固まらせていた。

生焼けガールズ

生焼けな人たち。


cv:後藤麻衣永田依子中村知子
1期第6話に登場。学園祭において焼きそばを焼いていた唯の1年生時のクラスメイト達を指す名称で、名前の由来は(ブレーカーが落ちて)「生焼けになっちゃう」という台詞から。この内、永田依子が声を担当する木村文恵と後藤麻衣が声を担当する三浦一子は2期でも唯達のクラスメイト(3年2組)として度々出演。中村知子が声を担当し、「生焼けボブ」と呼ばれたショートカットの女の子はクラスこそ離れたが、2期第24話にて久しぶりに再登場を果たしている。他、1期ではやはり後に3年2組の一員となる佐々木曜子などの姿を確認でき、放送終了後、ムービックより発売された「けいおん!トレーディングカード」でも上記を始めとする数名のクラスメイトが「Others」という形でカード化されている。詳しくは当該記事を参照のこと。

梓の友人


cv:巽悠衣子
1期第8話に登場。中野梓の同級生で、梓と共に部活見学に赴いていた子。ジャズ研などを一緒に巡るが、軽音部の見学前に梓と別れる。残念ながら進級時にはクラスが別れてしまったのかその後の出演は確認できず、2期でも出番が無かったと思われる(梓自身が軽音部の他、鈴木純平沢憂と度々行動を共にするようになったためか)。

唯の後ろ

1期第1話に登場。唯が音楽室に向かう途中のシーン後方で、開いたドアから顔をのぞかせていた人物。リボンの色は赤で当時3年生。長い黒髪で表情は窺えず、一種独特の雰囲気からその正体を巡って一時話題となることがあったが、出てきた部屋の位置関係などから現在ではオカルト研所属であったと予想されている。また、後に2期に登場したクラスメイトの一人・清水響子の設定の中に、「姉がオカルト研部員だった」というものがあり、彼女こそが響子の姉その人であるという指摘も。

第2期より登場するモブキャラ

けいおん!!3年2組(3年2組のクラスメイト)


cv:伊藤実華陰山真寿美片岡あづさ北村妙子後藤麻衣佐藤有世杉浦奈保子永田依子中村知子七沢心平井友梨平野妹藤田麻美MAKO山村響(順不同)
3年生に進級し、唯達が同じクラス(3年2組)となった2期では教室でのシーンや各種学校行事を描いたエピソードが増え、その中でクラスメイト達一人ひとりの個性あふれる姿や丁寧な描き分けが話題となった。彼女たちの活躍ぶりはもはやモブキャラとは呼べない程で、回が進むにつれて徐々に各々の名前や交友関係などが明らかになっていった他、BDの特典として「クラスメイト紹介カード」が付属、各巻数人ごとに公式設定が紹介された。同作品のモブキャラを語る上では外せない存在であり、pixivにおけるイラストも3年2組の面々を描いたものが大部分を占める。詳しくは当該記事他、各個人の記事を参照のこと。

オカルト研の人

オカルト研の二人


cv:杉浦奈保子(推定)、那瀬ひとみ
2期15話より登場する、オカルト研所属の2人組。黒いマントと眼鏡が特徴的で、軽音部とは学園祭の一件がもとで友好関係を築く。詳しくは当該記事を参照のこと。

囲碁部の人

cv:不明
2期1話で初登場。新入部員獲得を狙う軽音部が参考として他の部活の見学を行った際に囲碁部にて活動しており、そこでの台詞「囲碁とは、宇宙である」が有名。その後、11話で行われた部長会議にも参加していたことから、同部の部長であると思われる。詳しくは当該記事を参照のこと。

茶道部の人

cv:不明
2期1話で初登場。上記の「囲碁部の人」同様部活見学シーンにて出演し、軽音部の面々に和服姿でお茶を振る舞った。また11話での部長会議でも確認できることから、やはり同部の部長であると思われる。

柔道部の人

cv:永木貴依子
2期1話で初登場。上記の2人同様部活見学シーンにて出演し、軽音部の面々に柔道の心得を説いた。また11話での部長会議でも確認できることから、同部の部長であると思われる。外見的にはたらこ唇と鼻の上の絆創膏がトレードマークで、体育会系らしく恵まれた体格の持ち主(なぜか登場時には常に同じ場所に絆創膏を貼っている)。

けいおん!!2年生

cv:菊池こころ堀口あすか
2期より登場する、主に梓、憂、純のクラスメイトである2年1組の生徒達のこと。第22話、24話などで確認できる。上記の3年2組の面々のように表立っては明らかにされていないが、やはり各々に個性付けがされており、それぞれに設定が用意されていることが窺える。リボンや上履きの色は赤。

生徒会会計の人

桜高生徒会のカカカタ☆カタオモイ


cv:牧口真幸
2期11話にて登場する生徒会所属の2年生で、サイドを残してアップにまとめた髪型と眼鏡が特徴。同話における部長会議の中で会長である真鍋和に予算の相談をしていた他、17話において軽音部が3年2組の教室で練習を行ったシーンや、23話に登場した生徒会のアルバムの中でもその姿を確認できる。次期会長の有力候補か?
また確定事項ではないが、24話で琴吹紬が2年生から花をつけてもらうシーンの奥に彼女とおぼしき姿が確認できる。もしこれが彼女であるならば、所属クラスは2年2組である可能性が濃厚となる。

けいおん!!1年生

cv:赤崎千夏大亀あすか巽悠衣子平田真菜堀口あすかゆりん(順不同)
2期より登場する、桜が丘高校の1年生(当時)の総称。秋山澪ファンクラブの2人組などが代表的。リボンや上履きの色は緑で、それぞれ髪型の差はあれど、目や頬の描き方がほぼ共通している。通称「豆モブ」。詳しくは当該記事を参照のこと。

白衣の先生

桜ヶ丘Teachers ~けいおん手つなぎ集合絵企画~(追記)


※画像右の人物。左は堀込先生
cv:陰山真寿美
2期4話や6話などで確認できる、白衣と眼鏡が特徴の年配の女性教師。山中さわ子が頭を下げて挨拶していたことから堀込先生と同じく彼女の上司にあたる人物と思われ、3年生の修学旅行にも同行している。担当科目は不明だが、その出で立ちから理系教科か、もしくは養護教諭である可能性も。ちなみに『映画けいおん!』にも終盤一瞬ではあるが登場。卒業に際して生徒たちから受け取った寄せ書きを眺めるさわ子に温かい眼差しを向けていた他、後に発売された公式設定資料集にて設定画を見ることができる。

紬の友人

ムギちゃんのお友達


2期20話にて登場。学園祭における軽音部のライブシーンで観客席にいた、他校の生徒と思しき3人組の女の子達。同シーンにて琴吹紬のMC中にカットインが入ったことやどことなく高貴な雰囲気から彼女の関係者ではないかと囁かれていたが、後にBDのスタッフコメンタリーや公式ガイドブックの記述から紬の中学時代の友人であることが明らかとなった。ライブの楽しさを大声でコメントする紬の変わり様に驚いていたらしいが、このことからも中学時代の彼女は所謂普通の「お嬢様」として過ごしていたのだということが窺える。

映画に登場したモブキャラ

旅行会社の人

cv:大久保瑠美
Bパートにて登場した、放課後ティータイムの面々がロンドンへの卒業旅行を申し込んだ旅行代理店の女性店員。行きたい場所への要望が多い5人を最初は温かく見守っていたが、やがて収拾がつかなくなると見るや全て自由行動の個人旅行を薦めた。

空港の係員・CA

空港のお姉さん


cv:大久保瑠美(係員)
Bパートの空港や飛行機内で登場した、航空会社の人達。唯達に対し、空港のカウンターで機内には楽器を持ち込めないことを説明したり、機内食を薦めたりしていた。ちなみに上記の旅行会社の人も同様なのだが、接客の際には瞳が星のように輝くのが特徴。この現象は第1期にて登場したハンバーガー店の店員・星野ひとみなどにも見られ、設定画では「システマチックモード」と名付けられていることから、作品世界における接客スタイルの一つであると思われる。

入国審査員

cv:Kevin Mills
Bパートにて登場した、ロンドン・ヒースロー空港にて入国審査を担当する黒人男性。旅行目的の観光(英語で「sightseeing」)を「サイドビジネス」と言い間違えた唯に怪訝な顔で聞き返したり、外国人から見ても小柄な梓の年齢を確かめたりしていた。

タクシー運転手

cv:Jon Klein
Bパートにて登場。唯達がヒースロー空港から乗ったタクシーのドライバーで、温厚そうな雰囲気と口ひげが印象的な初老の白人男性。また、話す英語に特有の訛りがあるのも特徴。ウインクしながら車のドアを開けたりと気さくな態度で5人を迎えてくれたが、上手く英語を聞き取れない律とのやり取りから当初の目的地とは違う場所に向かうことに。

ホテルアイビスのフロント

cv:Kate Tucker
Bパートにて登場。後頭部で一つにまとめたブロンドのロングヘアにそばかすが特徴の長身の白人女性で、ハスキーな声が印象的。大手ホテルチェーンであるアイビスの中でロンドンシティー店に勤めていたが、本来アールズコート店に宿泊するはずだった唯達に対しても親切に対応してくれた。

蘭鋳のマネージャー

ランチュウ


cv:Christoffer Rudquist
Bパートにて登場。唯達がロンドンでの夕食をとるために訪れた回転ずし店「蘭鋳(らんちゅう)」のマネージャー。入店した唯達は彼に話しかけられ、あれよあれよという間になぜか店内でライブをする羽目に。というのも実は桜が丘高校軽音部のOGである川上さんとの知り合いで、彼女から開店祝いに演奏を依頼されていたラヴ・クライシスと放課後ティータイムを間違えてしまっていたのだった。劇中、比較的大柄に描かれているロンドンの現地人の中でもトップクラスの長身を誇り、登場当初は表情も逆光でみえなかったためにかなりの威圧感を放っていたが、演奏が終わり表情が明らかになると分かる通り実際はとても優しく、気さくな人物。さらにディスク特典のスタッフコメンタリーによればオネエ系の気質があるらしく、実際にそのような仕草も見せる他、何と着ているベストも女性物であるとのこと。

サイード(蘭鋳のインド人)

びいめん!!&カムバックあたしお疲れ様でした


Bパートにて登場。唯達がロンドンで入店した回転ずし店「蘭鋳」で食事をとっていたお客さんの中の一人で、白い民族衣装にターバンを巻いたインド出身と思しき青年。突然ライブをすることになってしまい焦る唯が店内を見渡す中で互いに目が合って会釈を交わしたのだが、ここからとっさに思いついたのか、数ある楽曲の中より「カレーのちライス」が演奏されることに。映画の公開当時、台詞こそ無いもののその強烈なインパクトで観客の度肝を抜き、リピーター特典のフィルムプレゼントで彼が写るフィルムが当たった際には一部でお祭り騒ぎになるなど、知る人ぞ知る人気者となった経緯の持ち主である。ちなみに「サイード」という名前はディスク特典のスタッフコメンタリーで明らかとなり、さらに職業はデザイナーであるとのこと。彼に限らず蘭鋳のお客さん達はスタッフの手によって一人ひとり細かい設定が与えられており、リアリティのある演出に一役買っている。

ロンドンの人々

放課後ティータイムが卒業旅行に訪れたロンドンでは上記以外にも「ジャパンフェスティバル」における屋外ライブで登場したスタッフの青年や観客の中の可愛らしい赤ちゃんなど、多数の現地人がモブキャラとして描かれている。設定画を見ても、街中の通行人に至るまでしっかりデザインされていることが分かるだろう。

最後に

以上はほんの一部であり、作中には他にも印象的なモブキャラが数多く登場して物語に華を添えている。モブとはいえ彼ら一人ひとりもまた各々の物語を生きる「主人公」であることに変わりはなく、そんな彼らに目を向ければ『けいおん!』という作品世界をより深く、また今までとは違った形で楽しむことができるはず。興味が出てきたらぜひ自分なりにお気に入りのキャラクターを見つけてみていただきたい。

関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「けいおん!モブキャラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2272577

コメント