ピクシブ百科事典

ちびすけ

ちびすけ

ここではぼのぼのに登場するキャラクターについて解説
目次[非表示]

曖昧さ回避

体が小さい者に対してつけられることが多い。蔑称になる場合もあるので注意。
ペットの名前につけられることもしばしば。
「すけ」が漢字の「助」だったり、「ちび」がカタカナで「チビ」と書かれる場合も。

ぼのぼのにおけるちびすけ

CV:瀧本富士子
アニメ1作目40話で登場。
カラフルで大きい鳥の子供。
森でぼのぼのに卵のまま拾われる。孵った後、「親がいないと死んでしまう」という言葉を受け、ぼのぼのが代わりに育てることになる。
ぼのぼのから「ちびすけ」と名付けられたが、その後、どんどん大きくなっていき、「ちび」のレベルを越えている。

大きくなった後、同じ鳥を見た彼らは、「ちびすけはラッコじゃない。空に帰すべきじゃないか」というアライグマくんの助言で、仲間の元に戻るため、ぼのぼのと飛ぶ練習をする。
怖がって飛ぼうとしなかったが、シマリスくんの提案で、アライグマくんのキックで崖から落とされる。しかし、誤ってぼのぼのも一緒に蹴り落としてしまった。この際一緒に落ちてしまったぼのぼのを助けるため、飛ぶことができるようになった。

最後は仲間の元に戻り、育ての親ぼのぼのに別れを告げた。



関連タグ

ぼのぼの 
ぼのぼの(主人公)- 育ての親

関連記事

親記事

ぼのぼの ぼのぼの

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ちびすけ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 294

コメント