ピクシブ百科事典

びっくりスケアリー

びっくりすけありー

『びっくりスケアリー(Scaredy Squirrel)』は、カナダの絵本作家メラニー・ワット原作の絵本シリーズで、これを一部基にしたカナダのアニメが日本では2012年6月4日からディズニー・チャンネルで放映されている。全52話 全3シーズン
目次[非表示]

※無事に、52話までの性格やキャラクターなどを追加できました。が、まだまだ新しい情報が出てくるかもしれません。出来れば、皆さんに張り切って編集してほしいです。
※追記:登場人物に関しての情報量がありえないくらい膨大なので、もしいらないと感じた場合は、適当に編集してください。

概要

『びっくりスケアリー』は、カナダの絵本作家メラニー・ワット原作の絵本シリーズで、この絵本は日本でも発売されている(日本版の場合は「こわがり屋のクリス」という名前で全2冊)。これを一部基にしたカナダのアニメが、海外では 2011年4月1日放送開始。日本では2012年6月4日から2015年2月28日までディズニー・チャンネルで放送、2015年3月2日からはディズニーXDで放送中。なお、『びっくりスケアリー』はディズニー作品ではない。原作とアニメーションでは話の内容や設定やキャラクターデザインがかなり異なっている。
全52話 全3シーズン 海外での放送は2013年8月17日をもって、最終回を迎えた。

現在、アニメのグッズなどは発売されていないが、びっくりスケアリーのグッズがないのは、スケアリーの全体のバランスが悪くて、人形にしても立たないからなのかもしれない・・・

登場人物

スケアリー・スクワエル(スケアリー

CV:高木渉

はまってます!


本名は「スケアリー・オルヴィル・スクワエル」で、主人公のリス。スーパーマーケット"Stash 'N' Hoard"(スタッシュン・ホード)に勤務しており、主に飾り付け係をやっている。一人称は「僕」。仕事の合間に商品の缶やお菓子の箱などを積み上げて巨大なオブジェ(ディスプレー)を作るのが天才的にうまく、想像力が豊か。かなりの綺麗好きであり綺麗にしたり洗うのが大好き。そのためか、やや潔癖症な部分も見られる。几帳面な性格で細かい作業が好き、何か欲しいものがあればなんでもするなど、かなりのお人好し。世話好きなため、リチャードという植物を可愛がっている。優しすぎた性格によって、騙されたりもしくは食べられそうになる事もしばしば。小心者なので極度に怖がったり、緊張をしてしまうと過呼吸をおこしてしまう事がある。安全が好きで危険は好きではないためセーフティーものが好き。怖がりのためお化けの他ハロウィンは好きではない。リスらしくかなりのドングリ好きで、周りが木の家に対してスケアリーはドングリの形で出来た家に住んでいる。なお、ドングリ好きなせいか口癖は言葉の前や語尾に「~ドングリ!」と付ける。デイヴと「あの木に抱き着こうゲーム」などして遊び、時々、彼から助言を貰う事もある。デイヴが危ない目にあった時はどんな事があろうが必ず助ける強い友情がある。店長のネスターについては、冷たくされてもあまり根を持たず気にしていないが、立場の関係で彼を「ネスターさん」と呼ぶ事が多い。得意なスポーツはパドルボール。パドルボールを得意とするパディとはライバル関係であり、彼が絡むとトラブルを起こす事もある。なお、卓球はゴム紐がないのであまり好きではない。

チラシ係を担当したことがあったが、ソート・ア・フレッシュに対抗しようとして
さらにさらに豪華なチラシを作ろうとしたため(400ページの革表紙)、スタッシュン・ホードの資金をかなり使ってしまった。そして、資金を2000万ドルも使ってしまっため、チラシ係をクビにされた。チラシ作りをしている彼はいつもと違って、イライラして怒りっぽく完ぺき主義な性格になる。一時期、運転免許試験の教官になった。だが、危険運転をする人たちの免許を停止しすぎたせいで、全員の送り迎えをするはめになってしまった。それをなんとかしようとしたが、パディのせいで免許を停止させられてしまった。一時期、デーンと同居したことがある。バルサシティのリスガイド団のリーダーになるために嘘をついたが、嘘がバレてしまい、リスガイド団を追い出された。デイヴと一緒に安全に関するラップのミュージックビデオアルバムを発売したことがある(かなり売れたらしい)リチャードと縁を切ったことがあったが、すぐ仲直りした。占いなどを信じない(正しい選択をして、一生懸命働いて、一日三回歯を磨けば幸せが訪れると思っている)しかし、フータンに「あなたの未来に不吉な悪魔が」と占いされたために、その日1日危険で悲惨な目にあった(まさにびっくりスケアリーである)が、本当は「あなたの未来に不潔な熊が」という内容だった。ただその日だけ運が悪かっただけである。342個のトロフィーを持っている。デイヴがトロフィーを取る事に進んで協力していた。デイヴ曰く「バルサシティで一番安全なリス」

6日と半日続く「助け合いの日」は、お気に入りの祝日らしい。ネスターさんのお母さんに助け合いの日の素晴らしさを教えている。デイヴがミリーと遊ぶようになって、ミリーにやきもちを焼いたことがあった。バルサシティの知識がツアーガイドより豊富。一時期ツアーガイドを務めた。しかし、アクダマアマグナのアナグマとアクダマアマグナのアナグマのボスのせいで、ルビーを盗んだという無実の罪をきせられてしまった、しかも、ツアーガイドも辞めさせられてしまった。だが、デイヴとの協力により、無事2人を捕まえることが出来た。ネスターのために宇宙飛行士としての訓練や勉強をしてあげた、そして人工衛星を取り付けるために、ネスターと一緒に宇宙に行った。ネスターがブラックホールに吸い込まれそうになったとき、人工衛星を使って助けてあげた。マシュマロ油田をデイヴが掘り当てたせいで、タイラスがしつこく家の所有権を奪おうとした。結果タイラスの作戦により家の所有権を奪われてしまった。所有権を取り返そうといろいろな方法を試したが、自分が悪者だとテレビで大々的に報道されてしまった。が、巨大な虫眼鏡により無事に所有権が戻った。第52話Bパートにて、再びスミルドレッドとスパイミッションに行った。

OPの後の題名が出た際に話の回によってスケアリーの台詞が違う。

OPの台詞一覧

「ねえ!ちょっと僕ん家来ても良いけどさ、ちゃんと足の裏拭いてからにしてよね!」
「もし途中で歯を磨きたくなったら遠慮なく磨いて!」
「おやつを食べるなら、シュガーレスのにしよう?」
「自転車乗りながら見てるなら、ヘルメットしないと危ないよ」
「イライラしないように牛乳飲んでカルシウム取りながら見てね!」
「ピーナッツは食べ出すと止まらないから気を付けてね!」
「テレビに近すぎだからもうちょっと下がって。もうちょっと。階段に気を付けて!」
「牛をシェイクしても、ミルクシェイクは出来ないからね」
「キャンディーは一度舐めたら君のもの!...気持ち悪い事はやめてね」
「甘いシリアルはただの割れたクッキー!朝ごはんにはふさわしくないね」

デイヴ(デイヴ(びっくりスケアリー)

CV:青山穣

デイヴ…


スケアリーの親友のスカンクで、一人称は「おいら」。体毛は青く、尻尾が体よりも大きめ。食べる事が何よりも大好き(恐らくチーズが好物)。スカンクであるため、基本的にはオナラをする。なお、オナラした際にズボンが破れてしまうため、ズボンは履かない。一時、オナラが出ずに風船のように膨らむ事があった。家はスケアリーのように住宅地ではなく、トレーラーハウスに住んでおり、現時点では働いてはいない。スケアリーの職場であるS.N.H.を訪れては、そこにある赤い消防車(バーサ)に乗っては遊んだり、商品を飲食したりしていることが多い。ちなみに一度、仕事をしたことがあったが、やめてしまった。バーサに関してはレディと思っているのか、彼のトレーラーハウスの中にはバーサの写真がたくさん貼られている。スケアリーとは違い、汚れるのが好きで清潔好きではなく、部屋にゴキブリが出るほどとても汚い。スケアリーにドン引きされる事もしばしば。スケアリーと「あの木に抱き着こうゲーム」などで遊んでおり、彼に助言を与えることもある。スケアリーとは小さな頃から一緒にいるらしく、バーサも小さい頃から乗っている。

運転免許試験に49回落ちたことがあるが、50回目でついに合格した。しかしスケアリーに免許を停止させられた。が、また別の教官に免許を発行してもらい、そして教官になった。(試験に落ちた理由は、車にコインを入れようとした、車を沈没させた、レッカーされた、などなど)デイヴの運転はあまりにもひどく、ソファーをもひっくり返してしまう。デーンという兄弟がいるが、かなり嫌っている。子供のころ、空想の友達「ピーター」を取られたかららしい。しかも親友のスケアリーまでも取られそうになったが、なんとかスケアリーを守る親友思いな一面もある。一時期、デーンと同居したことがある。時々、スケアリーも驚くほど、賢い解決方法などを思いつくことがある。リスガイド団のキャラメルクッキーが大好き。スケアリーと一緒に安全に関するラップのミュージックビデオアルバムを発売したことがある。(かなり売れたらしい)スケアリーがたくさんのトロフィーを持っているため、自分も欲しいと奮闘したこともあるが、中々トロフィーをゲットできず、ついには自分が脇役だと落ち込んでしまった。だが、スケアリー主催の「親友コンテスト」に出場して、優勝し、念願のトロフィーをゲットした。お腹にシールをつけている。国語が苦手らしい。ハミングが大好き。

すごい変装用のすごい探偵キットを持ってる。ドーナツドグネーターの試食を食べるために使った。ミリーと共通点が多く、一時期よく一緒に遊んだりした。が、気が合わなかった。ロケットを作ったことがあるが、壊れてしまった。マシュマロ油田?をスケアリーの家の近くで掘り当てたことがあった。マシュマロチョコサンドが大好き。第52話Bパートにて、ミルドレッドがスパイだったことに気づいた。その後、一緒にスパイミッションに行った。ラストのラストで、バルサシティの栓を抜いてしまった。脇役・・・?

ネスター

CV:小形満

スケアリーの上司でS.N.H.の店長。いじわるで、ルールに厳しい黄色い鳥。一人称は「私」。自分のお店を持つ母親には頭が上がらず、母親に気に入られたいためにスケアリーの手柄を横取りする事もある。他には母親に怒られた時やめんどうな事もスケアリーのせいにしたり、押し付けたり、まれに母親に甘えたりとかなりのマザコン。しかし、ほとんどは母親の言いなりだったりする。家は母親と一緒に住んでいるようである。兄のレスターがいるが母親が好んでいるため、好きではない。スケアリーのことが気に食わないらしく、いつもスケアリーに命令や文句を言ってはしかめっ面をしている。ラップが好き。基本的にスケアリーとは協力しないが、いざという時にはスケアリーと手を組んでバスタブレースで優勝したり、店長の座を取り返したりなど協力し合う事もある。スケアリー達が仕事をしている間は店長の部屋では踊ってたり、自分の好きな趣味に没頭するなど一人の時間を好んでいる。なお、ホコリアレルギーである。

スケアリーに免許を停止させられたことがある。第2シーズンに入ってから、よく怒鳴るようになった。

2シーズンからよく驚くようになった。小さいころ、テレビゲームのキャンプに行っていた。新しいカートを動かすために必要な人工衛星を打ち上げるために、宇宙飛行士としての訓練や勉強をスケアリーにしてもらった。そして人工衛星を取り付けるために、スケアリーと一緒に宇宙に行った。が、スケアリーからもらったお茶のせいで大変な目にあった。

ネスターのお母さん

CV:雨蘭咲木子

ネスターの母親であるピンク色の鳥。紫色の豪邸にネスターと二人で住んでいる。いきなり来店しては人々を「お前はクビだ!」と連続で怒鳴っているため、周りから恐れられている。自分の息子のネスターに厳しくしているが、一度だけネスターを褒めたことがあった。話が進む事にS.N.H.に毎度訪れるようになる。ライバルスーパー店"Sort A Fresh"の店長が気に入らないらしい。ほとんどムッとした表情であり、笑うのがどうも苦手で固まってしまう事も。涙腺をずっと前に切除したため泣く事は出来ないらしい。

スケアリーにチラシ係は無理だと否定して嘲笑っていたが、見事なチラシ(-5%チラシ)を作ったことに感心していた。だがスケアリーがチラシ作りに、あまりにも資金を使ってしまうためクビにして、またチラシ係を雇った。スケアリーに免許を停止させられたことがある。

助け合いの日がすごく嫌い。月曜日はお店に来ない。夢はネスターが中古の安いカートを見つけること。

パディ・パターソン

CV:多田野曜平

パディさん


自己中心的でナルシストな灰色のフェレットで一人称は「俺様」。スケアリーと同じく、パドルボールを得意をしている。トロフィーも何個か持っている。とても負けず嫌いな性格のため、スケアリーとトラブルを起こすことも少なくない。スケアリーを上から目線で見ている。リボンをかけるお店で働いているなど意外な秘密がある、が、本人はこの秘密は恥ずかしいようだ。スケアリーが皆にばらしそうと勘違いし、スケアリーの秘密を探ろうとした事も。自分が勝ちたいために、卑怯な手を使ったりする。

運転免許試験の教官の仕事もしている。だが完全に権力を乱用している。「親友コンテスト」に出場しデイヴと戦ったが、惜しくも敗れた

リチャード

スケアリーのもう一人の親友である観葉植物で、スケアリーのルームメイトのような存在。植物のため無言。最先端な性格らしく、時々、スケアリーが振り返ると周りの状況に合わせているシーンもある。一度、スケアリーと喧嘩事があり、一時はサリーの家に居候していたが、その後、スケアリーがリス食い植物に襲われそうだった時、戦ったりするなど勇敢な部分も見られる。植物ながらもシーンが映る事に動いたり、サイトに動画を投稿したり、ゲームしたり、落ち込んでいるスケアリーの背中を押すなど、植物ながらも登場人物らしい素振りを見せる。ちなみに出かける事もある。従妹はサボテン。

パイプオルガンが引ける。「植物囁き機」のおかげで一時期喋れていたが、実際に喋っていたのは、だった。「ネクストビッグスター」という大会にも出場した。その際『リッチー(リッチー・プランツ)』とスケアリーに呼ばれていた。実は本当に喋れる・・・?

サリー

CV:雨蘭咲木子

スケアリーに想いを寄せる青いタラ。一人称は「あたし」。時にはスケアリーに協力する。家にはスケアリーの写真やスケアリーをモチーフにした絵や彫刻の作品がいっぱい飾られており、スケアリーが名前を少し呼んだだけで出てくるなどちょっとストーカー気味。彼以外の人物には全く関心がなく、デイヴとネスターをそれぞれ「スカンク(オナラ爆弾)」、「鳥」としか呼ばない。かなり嫉妬深い。背中には自分で描いたスケアリーのタトゥーがある。一度、スケアリーとキスした事があるが、スケアリーに気絶されてしまった。なお、お魚拳法や、アート、飼い猫のコンテストで優勝したりなどの経験があり、特に歌がうまくレストランなどで
歌っていたが高い声のせいで客を驚かせて驚かせてしまった事も。瓜二つな家族といとこがいる。

リスに関しての知識がすごく豊富(スケアリーの知識も豊富)一時期、リッチー(リッチー・プランツ)のファンになっていた。

ミルドレッド

スケアリーの同僚であるカエル。唯一S.N.Hで働く女性と思われる。主にレジ係をやっているが物を入れるのが下手。ゲップが止まらない体質らしくいつも出てきては、飲み物を口にしてるかゲップをしているが、じつはバルサシティなどを守るスパイ。一度、スケアリーと共にバルサシティを守った事も。2シーズンから少しスケアリーに協力するようになる。

「ネクストビッグスター」に出場した。

第52話Bパートにて、再びスケアリーとスパイミッションに行った。

バック

CV:多田野曜平

スケアリーの仕事仲間でビーバー。主にモップで掃除をしている。スケアリーの仕事の飾り付け係をした事があるが、積み上げた缶が爆発するなどあんまり積み上げは得意ではない。プレッシャーにとても弱い。ハットンと一緒にいる事が多いため、仲は良いらしいが喧嘩もある。

スケアリーに免許を停止させられたことがある。「ハミングハンバーガーコンテスト」にて、嘘の審査員をした。

ハットン

CV:小形満

スケアリーの仕事仲間でロバ。絵を得意とする。バックと一緒にいる事が多い。まれにネスターやネスターのお母さんにこき使われたりする。「すぐに寝るかゲーム」が得意。

ゲイリー

CV:多田野曜平

スタッシュン・ホードで働いている。シリーズを通して、名前のないモブキャラとしてよく登場した(舞台のオーディションなど)。だが、最終話にてついに名前が明らかになった。

登場人物(その他「26話まで」)

ボブ
S.N.H.のトイレにいる紫色のタコでバルサシティの嫌われ者。以前S.N.H.で働いていたがあまりにも性格が悪いため、ずいぶん前にネスターがクビにした。

ブーガー
時々S.N.H.に現れてたまに仕事を手伝う事がある犬(しかしスケアリーのようにエプロンは着用していない)。バーサを使わなくなった乗りもの置き場に持って行ったり、棚を舌で使って磨いたりなどしている。

レックス
肉体の良い犬で、バルサシティのいじめっ子。連れがいる。スケアリーのやっているパドルボールを馬鹿にしているが、サリーがボコボコにしたため、サリーが苦手になった。スケアリーに、腕相撲チャンピオンの座を奪われた。

サディアス
「サディアスカツラ店」というお店で働く馬。1話のBパートから登場。この後、「ミスターパーフェクトコンテスト」などの司会を務めている。

スー
スケアリーの片思いの相手であった赤い髪の毛が生えたリス。見た目は可愛いが舞台の迷信を深読みにしているせいか、お風呂に入らない、ジェリービーンズを耳の中に入れて食べるなど、少しクレイジーな部分がある。これらの習慣故にスケアリーは彼女に対する興味を失った。また、スケアリーに取られたと思ったサリーがスーに仕返しをして以来、サリーとは敵対関係にある。

レスター
ネスターの兄で、ネスターとは違いとても優秀らしく、そのせいかネスターのお母さんに可愛がられている。ネスターはそれに嫉妬してレスターの事は好きではない。サングラスをかけている。ネスターとは違い、筋肉もある。「ミスタースティンキートー」というぐるぐる目をつけた靴下のパペットを大事にしている。「オックスバード」という優秀大学を卒業したと言っていたが、実は...?

ネスターのお母さんのママ
ネスターのお母さんのママであり、ネスターから見ればおばあちゃん。
お年寄りにかかわらず、バイクに乗るなど若者には負けない精神を持っている。

ラーズ・ツミアゲルノスキー
CV:多田野曜平

「積み上げのスター」とも呼ばれているスケアリーの憧れの人。

アクダマアナグマのアマグナ
CV:多田野曜平

バルサシティの凶悪の強盗。S.H.H.を襲おうとしたが、スケアリーの活躍により逮捕された。言葉を詰まらせ言えない程名前の発音が難しい。ルビーの松ぼっくりを盗むために、マッシャーとしてツアーガイドに参加した。ボスと協力してルビーを盗んだが、スケアリーのせいで捕まってしまった。ルールにはちゃんと従う。

レディ・ギャング
CV:雨蘭咲木子

ペンキで三つの輪っかマークを描き、警告をし、一帯を荒らしまわるテントウムシのギャング。体は小さいが力は強く、スケアリーやデイヴなどを持ち上げて地面に叩きつける程の怪力を持つ。S.N.H.の中の食料や緊急用のメロンを食べつくそうとしたが、スケアリーやデイヴのアイデアにより、S.N.H.は救われた。

石のスタンリー
リチャードが1週間いなくなる間にスケアリーが見つけた石。スケアリーは一時期このスタンリーと共に生活をしていたが、じつは凶悪な強盗犯。生まれた時から刑務所にいた。石の仲間もいる。

ヤギ警察
スケアリーとデイヴが見ている連続ドラマ。ヤギが警察で強盗を追うというもの。

バーサ
S.N.H.にあるデイヴが小さい頃から乗っている赤い消防車。デイヴ曰くレディらしい。左右に揺れるだけのコイン式遊具だが、消防車につくホースからはちゃんと水が出ており、一度、火事になりかけたS.N.H.を救った。

フィルモア
青と緑色のクジャク。落ち着きがなく、早口で特徴的な声を出す。あまりにも落ち着きないため、ネスターからS.N.H立ち入り禁止令を出された。23話以降から出始めている。28話Aパート「ダブルスを組もう」で、パドルボールが出来る事が明らかに。しかし、それは一人では出来るが周りの人の目があると出来ないなどのあがり症である。スケアリーに免許を停止させられたことがある。ドーナツドッグネーターが好物。ミリーと一緒に遊ぶことがあった。

セス
スケアリーにセールスを押し付けたセールスマン。早口であくどく、ガラクタの用品を売りつける。そのせいでスケアリーの家を売りに出してしまった事があるが、その後、スケアリーの仕返しにより家を取り戻した。
植物デーの日、スケアリーに踊るとうもろこしのおもちゃを売ろうとした。


ウマウマ栄養剤カンパニーの科学者
CV:雨蘭咲木子

「ウマウマ栄養剤カンパニー」で働き、「ウマウマ栄養剤」を作っている女のキツネの科学者。植物の栄養剤を作っているが、じつは植物から命を吸い取る研究をしている悪の科学者。スケアリーが作った栄養剤により、体が大きくなったリチャードのDNAを狙おうとしたが、スケアリーがそれに気づき、間一髪でリチャードを彼女の手から守る事が出来た。

ミリー・カウ
第1話Bパート「逆毛のいたり」から登場している牛で、スケアリーの逆毛の原因となった人物。歩いたり話したりする時、首に下げている鈴の音がなる。自分は牛なのに対し、家ではビーフステーキを焼いているなどシュールな部分がある。スタッシュン・ホードのチラシ作りのときに、写真撮影の協力をしていた。スケアリーに免許を停止させられたことがある。デイヴと共通点が多く、一時期よく一緒に遊んだりした。が、気が合わなかった。その後はフィルモアとよく遊んでいる。

ランズウェル市長
バルサシティの市長であり、大きな角を持つ鹿。市長なくせに宇宙人が攻めてきた時、真っ先に逃げたり、「くだらないイベントにようこそ」などの発言があるため、バルサシティの人々をあんまり大事にはしていない。スケアリーに免許を停止させられたことがある。「ネクストビッグスター」の審査員と司会をしていた。悪のカワウソ軍団に狙われているが、スケアリーたちのおかげで誘拐されずにすんだ。危険になると走り出してしまう癖がある。

登場人物(その他「47話まで」)


ジリスのブライアン
CV:多田野曜平

バルサシティに住むジリスで、黒縁のメガネをかけている。自分の影を見るかどうかでバルサシティが長めの冬か早めの春かを占うジリス。スケアリーと同様、外が怖くて引きこもっていたがスケアリーの背中押しで外を出るようになるが、じつは夜になると恐ろしいモンスターに姿を変える。

キャスクリーン
CV:雨蘭咲木子

スケアリーがいつも買う電化製品のお店で見つけた掃除機で、命令するだけで掃除してくれるというハイテクもの。スケアリーが一目惚れして購入し、彼女をまるで親友(恋人)のように扱ってたせいか最後には「スケアリー愛してる」という発言があった。デイヴが嫉妬で飲み物を零して暴走しかけた。

ポンポン
目が飛び出ている金魚であり、忘れっぽい性格。2シーズンの始めの話から登場し、以来からモブキャラクターとして時々、出てくる事になる。第51話Bパートにて再登場したが、刑務所にいた。

モーグバー
CV:多田野曜平

スケアリーの掃除パーティーの招待状を受け取り、掃除しにきた宇宙人。リスであり、スケアリーに掃除の心を忘れてしまったドングリ星を救ってほしいと言われるが...?

ハムスティコーン
バルサシティのいたずらハムスターと呼ばれる、ユニコーンの角が生えたハムスター。攻撃するととことん復讐をする。スケアリーが誤って踏んでしまった事により、スケアリーに復讐をする。なおスケアリーに復讐するため、スケアリーの前にしか現れない。止めるためには、ハムスティコーンの好きなシリアルを当てる事。

セバスチャン
スケアリーと瓜二つな顔を持つ俳優スター。色々なセーフティーものの映画に出ている。スケアリーや他の人達の憧れの俳優でもあるが、ある日、スケアリーと入れ替わりたいと言い出しスケアリーと入れ替わる事になる。ナルシストである。リスガイド団のビデオ?に出演した。

デイヴのママ
CV:雨蘭咲木子

デイヴの母親。デイヴにとても似ており、デイヴには「ママ」と呼ばれている。
デイヴが一度インフルエンザになった時、看病をするスケアリーを押しのけて看病するなどデイヴの事を愛している。しかし、看病に関しては韻を踏んでいないと駄目らしい。以前レジ係をやったことがあったため、スケアリーたちがスパイミッションに行ってる間、臨時でスタッシュン・ホードのレジ係をした。ミルドレッドたちのスパイミッションをただのゲームだと勘違いしていた。

デーン
CV:青山穣

デイヴの兄弟であり、デイヴとは違って緑色の服と髪の毛の色が少し違う。デイヴに嫌われているが本人は全く気にしていない。親友を奪うためなら平気で嘘をつく。しかもデイヴに新しい親友ができれば、それも奪おうとする。デイヴ曰く「親友泥棒」一時期、デイヴと同居したことがある。

登場人物(その他「48話以降」)

???(リッチー・プランツ)
彼の歌声は、雨を晴れに変え、喧嘩している人を仲直りさせ、泣いている赤ちゃんを喜ばせるほど綺麗で美しい。が、汗だくなため、みんなに嫌われている。スケアリー曰く「バルサシティのネクストビッグ詐欺師」

ハイク
伝説のぼったくりコピーライター。食料品詩人。

チラシ係
スタッシュン・ホードのチラシ係。猿。一時期クビにされたが、また働くことになった。クビになった理由は、ネスターのお母さんに「時給を10セント上げてほしい」と頼んだこと。

ヘクター
口が無い猫、そのためハミングが得意。ハンバーガーを耳や鼻で食べる。「ハミングハンバーガーコンテスト」で優勝した

ミゲル
ヘクターの弟、瞬き我慢名人、まぶたが無いため瞬きができない。「瞬き我慢大会」で優勝した。

神秘のフータン(自動占い機)
彼がする占いは必ず当たる。延長コードつき。

洞窟リス(ウーグ)
昔の時代に洞窟で暮らしていた原始リス。スタッシュン・ホードの冷凍庫に凍ったまま保管されていたが、デイヴに解凍されたおかげで、無事生き返った。その間、町中を滅茶苦茶にしたり暴れたりしていた。ホットドッグドーナツが好き。今は、冷凍食品会社「フロスティヨー」の中にある施設で幸せに暮らしている。

エイリアン
スケアリーたちのロケットに乗って地球にやってきた。

ブレンダ
バルサシティのツアーガイド、いつもスケアリーにガイドの邪魔をされるため、辞めてしまった。が、無事復帰した。

タイラス・クー
お菓子の王様、バルサシティ中にさまざまなお菓子の油田を所有している。(お菓子のパペット)世界最大のマシュマロチョコサンド帝国を築くために、スケアリーの家をまるごと買い取ろうとしたが、スケアリーに断られたため、様々な方法を使って家の所有権を奪おうとした。
結果的に奪えたが、スケアリーのせいでマシュマロがスタッシュン・ホードに行ってしまったため、所有権はスケアリーに返した。

アクダマアナグマのアマグナのボス
ルビーの松ぼっくりを盗むために、スパイクとしてツアーガイドに参加した。アクダマアナグマのアマグナと協力してルビーを盗んだが、スケアリーのせいで捕まってしまった。

ブラッド
デイヴのいとこ、どこか遠くに住んでいる。本編には1度も登場していない。

とんがり前歯隊
スケアリッツ(スケアリー)とスカンクトウスキー(デイヴ)がチームの部隊。(デイヴの一方的なお遊び?)さまざまな問題を解決したり、韻を踏めなかったりする。靴底のガム、はがれるタトゥーが特徴。デイヴが歌うテーマ曲もある。

ソート・ア・フレッシュのバーコード点検係
ソート・ア・フレッシュで働いているウサギ。バーコードを点検している。

助け合い協会
助け合いの日の慈善団体。だが、実はソート・ア・フレッシュがスタッシュン・ホードの商品を盗むために作った嘘の慈善団体。

ウッディウッドウェイ625番地の住人
非常に貧しい暮らしをしている。人に抱きつくのがすき(なぜか服も取る)。スケアリーたちと協力して、ソート・ア・フレッシュの悪巧みをとめた。第52話Aパートにてスケアリーの家から出てきたマシュマロ油田を食べるために、バルサシティにやってきた。

エピソード一覧

1話2パート構成で、現在1~3シーズン50話が放送されている。
(※1カナダのテレビ"YTV"では全シーズン放送済みである)
(※2本当なら52話だが未放送のエピソードもあるため50話)
(※3現時点で、35話38話が翻訳され放送されることはない)
(※4第21話は季節エピソードなので、通常の場合は飛ばされて放送される)

1シーズン

話数パートAパートBパート
第1話ねばねばのシミにご用心逆毛のいたり
第2話幸運のコインお店を成功させる方法
第3話パドルドッグスリチャードを探して
第4話お魚拳法金のパドルボール
第5話耳に水が!命の恩人
第6話上品なお店ミスター・パーフェクト
第7話主任は僕だ!ヘンテツくんが欲しい!
第8話恐怖のジェットコースターおかしなキング・ナッツバー
第9話どんぐり大好き積み上げのスター
第10話夜の警備員舞台の迷信
第11話きこりの日提案ブルース
第12話恐怖のパドルボールキャンプスケアリーの天気予報
第13話これがチームワークだレディ・ギャング
第14話ハッピーリストフード・ファイト
第15話石のスタンリーハンモック・ロボット
第16話デカ・リチャード伝説のコーギン
第17話ゾンビマシン風船デイヴ
第18話いたずらゲーム25セントがいっぱい
第19話奥歯のフクロウバルサから愛をこめて
第20話バスタブ・カーレースネスターのお母さんのママ
第21話ディスプレネーターハロウィーンの週末
第22話完璧なピクルスヤギ警察
第23話怪物ジョーヘッドお店大戦争
第24話セスはセールスマンネスター対レスター
第25話お掃除クイズパディの秘密
第26話最高のミステイク宝物を探せ


2シーズン

※英字サブタイトルは日本未放送エピソード。()内はサブタイトルの訳。
あくまで予想の範囲なので、これであっているかどうかの信憑性は低いです。

話数パートAパートBパート
第27話サリーは怒りのエンジェル怖がりブライアン
第28話ダブルスを組もうびっくりしゃっくり
第29話リチャードは最強!お天気カレンダー
第30話お掃除ロボットデイヴの家さがし
第31話未知とのお掃除怪盗レジー
第32話ぐっすりデイヴ入れ替わり大作戦
第33話ネスターVSネスター母ワイルド・デイヴ
第34話土をやっつけろイケてるリスト
第35話Captain Nuts(キャプテンナッツ)Nobody Loves Hatton(誰もハットンを愛していない)
第36話最高のパーティーハムスティコーン
第37話デイヴになっちゃった!あこがれのマスコット
第38話Stash n Hoarder(溜め込み隠す人)Ice Ice Scaredy(アイス アイス スケアリー)
第39話スパイ・ミルドレッド食料品店アカデミー
第40話ストア・トレックセーフティー・コーナー

3シーズン

話数パートAパートBパート
第41話オタマジャクシシッターインフルエンザはどうなおす!
第42話いない?いない!おばあちゃん!! コワスギの微笑
第43話スパイダーも友達だー!28人のデイヴ
第44話罪な積み上げ!オナラでオーナー
第45話がっくりバックアイスクリームできんキン
第46話燃える!チラシ作りドライバー デイヴ
第47話デイヴとデーン嘘はダメ!
第48話歌う!リチャード恐怖の占い
第49話トロフィーが欲しい!原始のリス
第50話助け合いの日ミリーと遊ぼう!
第51話ツアーガイドVSルビー泥棒ロケット科学は難しい
第52話マシュマロを追え!スパイミッション再び!


スタッフ

製作総指揮:ダグ・マーフィー
制作:ジリアン・ルビー
監督:Matt Ferguson
スーパーヴァイジングプロデューサー:ジョイスリン・ハミルトン、トレイシー・ドドキン
シリーズ構成:Terry McGurrin
原作・監修:メラニー・ワット
絵コンテ:ブレア・キッチン、ケリー・サージェント
製作:ネルバナ
画像エディター?:ロバート・ヘンリー

関連イラスト

びっくりどんぐり
びっくりスケアリー日本上陸1周年!


みるがいいー!!!
悪のドゥーフェンシュマーツ放送局~♪びっくりドングリ大放送!


ぴくしぶ大百科
びっくりスケアリー



関連タグ

Scaredy_Squirrel ディズニーチャンネル ディズニー
海外アニメ カートゥーン
デイヴ(びっくりスケアリー) パディ

余談

火曜サプライズのナレーター「雨蘭咲木子」氏と、ドゥーフェンシュマーツ博士の中の人「多田野曜平」氏の担当キャラクターが多い(主にメインキャラクター以外のキャラ吹き替え)。

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「びっくりスケアリー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8453

コメント