ピクシブ百科事典

ふたりの距離の概算

ふたりのきょりのがいさん

It walks by past
目次[非表示]

ただ走るには長すぎる。しかし人を理解するのに充分な距離かどうかはわからない。

概要

米澤穂信〈古典部〉シリーズ第5弾。アニメ化されていないエピソード。

ストーリー

 無事に進級し2年生となった古典部員の面々。活動目的は不明でも、部活である以上は新入生を歓迎、もとい勧誘しなくてはならず、奉太郎部長と共に新歓祭へと臨むことに。本来の目的を忘れて雑談にふける二人の前に現れたのは、新入生の大日向友子。仮入部とはいえ、古典部に馴染んでいく友子の本入部を疑う者はいなかった。
 しかし本入部の申請が迫る中、友子は唐突に古典部を去る。決め手となった何かがあったその時、部室にいたのは文庫本に集中する奉太郎と、友子と話していたえるの三人。決定的な場面でうわの空だった奉太郎は、友子の心変わりの背景を考える。星ヶ谷杯――長距離走大会の道のりを使って。
「それにしても……。宙ぶらりんって疲れますね」
 友子の言葉、振る舞い、その向こう側に見え隠れする彼女の怯え。はるか後方から走ってくるはずの後輩に、奉太郎が証明しようとするものとは――。

関連タグ

米澤穂信 〈古典部〉シリーズ

pixivに投稿された作品 pixivで「ふたりの距離の概算」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23493

コメント