ピクシブ百科事典

折木供恵

おれきともえ

米澤穂信の小説『〈古典部〉シリーズ』の登場人物。

概要

CV:雪野五月
主人公・折木奉太郎の姉で、神山高校古典部のOG。奉太郎が古典部に入るきっかけを作った人物であり、ある意味では〈古典部〉シリーズ第1作の冒頭部分を占有した。奉太郎には「姉貴」と呼ばれる。直接登場する回数は少なく、人物像の多くは奉太郎の語りから窺えるもの。
大学生の身分ながら、貯めまくった資金で世界中を一人旅して回っているらしく、様々な土地から折木家に連絡を寄越してくる。手紙一通で奉太郎の省エネ主義を捻じ曲げるほどに姉弟の力関係は明確。年中行事が大好きで、大学に入るまでは奉太郎をいろんな場所へ連れ回していた。弟いわく優秀かつ変わり者で、何をやっても勝てる気がしないとのこと。尊敬しているわけではない。
クドリャフカの順番』では家に帰って来ており、神山高校の文化祭にも訪れている。アニメ版にももちろん登場しているが、とにかくご尊顔を拝せない。奉太郎は似ても似つかないというが、果たして……

と思ったらアニメ16話の「相変わらず省エネに勤しんでるわね~」と言うシーンで一瞬だけ目元が映っていた。→外部リンク「『氷菓』奉太郎の姉の目が若干見えていたことが判明!優しそうで可愛い」

関連タグ

〈古典部〉シリーズ 氷菓 折木奉太郎

pixivに投稿された作品 pixivで「折木供恵」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 118822

コメント