ピクシブ百科事典

福部里志

ふくべさとし

米澤穂信の小説・〈古典部〉シリーズの登場人物で、自称「データベース」。
目次[非表示]

CV:阪口大助
諦めが良すぎるのは、善かれ悪しかれ僕の特質なのだ。

概要

語り手たる奉太郎の中学時代からの友人で、神山高校1年D組に在籍する「似非粋人」(by奉太郎)。
血液型はA型。
遠目には女子に見えなくもない背格好から、奉太郎には「青瓢箪」呼ばわりされているが、サイクリングが趣味とあってかなりの健脚。携帯電話や手帳などを入れた巾着袋を持ち歩いており、フットワークの軽さはおそらく部内で一番。
凝った勧誘ポスターに感銘を受けて手芸部に入部し、総務委員会にも所属するが、奉太郎が古典部に入部するに伴って彼も入部、掛け持ちとなる。

「データベース」を自称するだけあって、各種雑学をはじめ、街の名家や学校の怪談話など、どうでもいいことまでよく知っているが、そのマメさが学業に活かされることはない。興味さえあればあれこれと節操なく手を出し、究める前に別の分野へ乗り換えるため、専門家には向かないと自己分析している。
データベースは結論を出せないんだ」という口癖が表すように、自分から推論を組み立てるようなことはほとんどせず、奉太郎の推理の穴を指摘したり軌道修正したりすることが多い。
軽口や冗談も多く、折に際して「桁上がりの四名家」やら「チタンダエル」やら妙な呼び名を捻り出す。その気になればいくらでも話を繋ぐことが出来、進級後の部活動紹介という場面では、古典部に関係のない話題で持ち時間をきっちり埋めて奉太郎を感心させた。

古典部の面々の能力を評価する一方で自らの凡庸さを悟っており、えるとの出会いで図抜けた推理力を発揮し始めた奉太郎に対しては、賞賛や感動と同時に羨望の念を抱いてもいる。同時に、腹を割って話せる者どうしでもあり、奉太郎にとっては最大の理解者の一人といえそう。ちなみに彼が奉太郎を呼ぶ時は「ホータロー」と片仮名で表記される。

摩耶花からの継続的なアプローチをのらりくらりとかわし続けていたが、『クドリャフカの順番』では彼女に対する賛美を連ね、『手作りチョコレート事件』では摩耶花への想いと自身の拘りにまつわる葛藤を話すなど、標準装備の笑顔の裏側が明らかになっていく。

関連イラスト

闇
福部里志


まだかなあ
里志



関連タグ

〈古典部〉シリーズ 氷菓
里奉 里まや

pixivに投稿された作品 pixivで「福部里志」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2513186

コメント