ピクシブ百科事典

めしぬま。

めしぬま

『めしぬま。』とは、あみだむくの(いろいろな意味で)異色のグルメ漫画。
目次[非表示]

うっま・・・

概要

『月刊コミックゼノン』にて2016年1月25日から連載しているグルメ漫画。元はあみだが2015年11月15日のコミティアで発売したオリジナルの同人作品だったが、紆余曲折を経てコミックゼノンにおいて商業連載となった。

作風自体は「孤独のグルメ」のような近年主流の「ひとりメシ漫画」であり、冴えないサラリーマン「飯沼」が食事をするというシンプルな内容で、飯沼の食事描写が本作のキモとなっている。

登場人物

  • 飯沼

CV:羽多野渉(アニメBeans)、花江夏樹(声優GITARI)
本作の主人公。眼鏡をかけた短身痩躯の若年サラリーマン。苗字は「いいぬま」と読むが、あだ名(あるいは蔑称)感覚で「めしぬま」とも呼ばれる。

仕事が全くできず(というか、そもそもやる気や関心がない)、上司に仕事のことで叱られても一切反省せず、それどころか内心では「何を食べようか…」などと食べることばかり考えている典型的なダメリーマン。
性格も根暗で鬱陶しく、場の空気を一切読もうとしない。おまけにたまに口を開けばぼそぼそと気だるげな喋り方しかしないため、周囲からの評判も悪く、女性社員からも全く相手にされていない。
このように、悪人でこそないものの恐ろしく無能な上に性格も最悪なので、社内ではうだつが上がらずお荷物社員扱いされている。

実は見た目からは想像がつかない大食漢で、穴場の名店をこまめに押さえているグルメ通である。
…その情熱を少しは仕事に傾けようとは思わないのか…?
「無芸大食」とはよく言ったものである。

食事の際は常に恍惚の表情を浮かべながら食事をするのが特徴で、そのいろいろと「濃すぎる」描写は極端に好みが分かれ、読み手側の作品そのものに対する評価にも大きく影響を及ぼしている。
おまけにこの男、グルメではあるが食事中の行儀作法を弁えておらず、駄犬の如く涎をダラダラ垂らしながら食事をするなど、グルメ漫画の主人公であるにも関わらず食べ方はお世辞にも「綺麗」とは言えない(むしろ汚い)。

…しかしながら、作品内ではなぜかその「濃すぎる」食いっぷりが男女問わず絶賛されており、異性が思わずときめいてしまうこともしばしば。

評価

元々同人作品として世に出たこともあり、非常にコアな層向けの作品となっている。
もっとも、同人というジャンル自体が一部の狭い範囲の読者に向けた作風が目立つニッチな分野であり、一般層から幅広く支持を得ようとする商業作品とは性質が大分異なる。本作もその例に漏れなかったが、同人作品から商業作品へ転換した結果、本来のターゲット層以外の読者にも注目されることとなる。

しかし、本作のマニアック過ぎる飲食の描写は一般読者からの受けが悪く、Amazonのレビューなどでは「気持ち悪い」「食欲が失せる」「感情移入不可」「飯テロじゃなくてただのテロ」などといった酷評が相次いだ(一応フォローすると、早い段階で嫌いな読者が離れたのか、最近の評価は異常なほど低くはない)。
加えて、飯沼のアレな食いっぷりに異性がときめくなどの明らかに不自然な演出も酷評を加速させた可能性は否めず、「飯沼の愚劣ぶりや汚い食べ方はまだなんとか許容できるが、それを見て周囲が彼をチヤホヤしだす狂った世界は我慢ならない」という意見も少なくないため、もしかしたら本作は「現代劇に酷似してはいるが、女性にとっての『キュンとくる男性像』が現実とは全く異なる異世界ものなのかもしれない…。

そもそも、一部層向けの同人作品を商業作品として展開させること自体無理もあったはずだが、なぜ商業連載を持ちかけたのだろうか?

アニメ

2018年6月8日よりアプリ「アニメBeans」で配信が開始された…のだが、配信開始直後から「気持ち悪い」との苦情が相次いだため、「食事をする飯沼の色気を一層表現するため」という無理のある理由でリテイクが行われる事態となった。その後、8月に再配信がされた。

余談

「恍惚顔でメシを食う」という、良くも悪くも非常に特徴的な主人公の食事描写は恰好のネタ材料になりうるのか、ピクシブでも食事シーンのパロディイラストが散見される。というか例のクソ漫画は早い段階でネタにしてたりする。

関連タグ

オリジナル漫画
野原ひろし_昼メシの流儀・・・ほぼ同時期に連載が始まったグルメ漫画。作品のアレっぷりが似ていることから、たびたびセットでネタにされる。一応、こちらは「仕事面では有能」という違いはあるが…。

外部リンク

めしぬま。 - picivコミック

関連記事

親記事

オリジナル漫画 おりじなるまんが

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「めしぬま。」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8127

コメント