ピクシブ百科事典

アイドル!プリキュア

あいどるぷりきゅあ

アイドル!プリキュアとはBLACK氏の考えたオリジナルプリキュアである。
目次[非表示]

本作は「ポジティブプリキュア」同様に「う~んと!プリキュア」「リジカルプリキュア!」「ビトレイアルプリキュア」とは世界観を完全に変えたまったく繋がりのない物語となっている。また「ポジティブプリキュア」との繋がりもない。
本作のストーリーとしての元ネタは「戦姫絶唱シンフォギア」と「仮面ライダークウガ」である。


登場人物



プリキュアサイド




前川絆愛(まえかわ りあな)


華翔学園の高校2年生。
平凡に暮らしていたがある日、事件に遭遇し、キュアイシスとなり、アイドルプリキュアとなる。
胸の大きさは四人の中で二番目に大きい(ただしイラスト的には七海以外との差はなかったりする)。
バストサイズは86センチのDカップ。



キュアイシス


絆愛がキュアカチューシャの力で変身した姿。
魔法的な技を得意とする。
髪がピンク色から金色に変わり、胸元も上から下の真ん中部分が完全に開いており、服を固定するためのアクセサリーが腹部のやや上に付いている。




名前の元ネタはエジプト神話、魔法の女神「イシス」。



キュアイシスの必殺技


イシスビーム


手を伸ばして、手の先から光線を出す。



イシススラッシュ


手を伸ばし、手の先から物を切る光線を出す。



イシスボンバー


両手を正面にし、両手首を合わせ、両掌からエネルギー球弾を出す。





山本七海(やまもと ななみ)


華翔学園の高校2年生。
絆愛に誘われる形でキュアマアト、アイドルプリキュアとなる。
胸の大きさは四人の中で一番大きい(イラストも他の三人と比べても大きくしてある)。
バストサイズは90センチのFカップ。



キュアマアト


胸元の上部分が開いており、上着を羽織っている。
髪もストレートから後ろで結ぶツインテールに変わる。




名前の元ネタはエジプト神話、法、真理、正義(真理、調和、秩序)を司る女神「マアト」。



キュアマアトの必殺技


マアトビーム


手を伸ばして、手の先から光線を出す。



マアトスラッシュ


手を伸ばし、手の先から物を切る光線を出す。



マアトボンバー


両手を正面にし、両手首を合わせ、両掌からエネルギー球弾を出す。


桐谷白雪(きりや しらゆき)


華翔学園の高校2年生。
本編前からプリキュアをしていた。
アイドルをしていたが、提案によりアイドルプリキュアになる。
胸の大きさは四人の中で三番目に大きい(ただしイラスト的には七海以外との差はなかったりする)。
バストサイズは82センチのCカップ。



キュアハトホル


胸の横部分が開いており、腹部も露出している。
ポニーテールを結ぶリボンも変わり、巨大になっている。




名前の元ネタはエジプト神話の愛と幸運の女神「ハトホル」。


キュアハトホルの必殺技


ハトホルシュート


手を伸ばして、手の先から氷属性の光線を出す。



ハトホルスライス


手を伸ばし、手の先から物を切る氷属性の光線を出す。



ハトホルバスター


両手を正面にし、両手首を合わせ、両掌から爆発する氷属性のエネルギー球弾を出す。


空野透(そらの とおる)


華翔学園の高校2年生。
本編前からプリキュアをしていた。
アイドルをしていたが、提案によりアイドルプリキュアになる。
胸の大きさは四人の中で一番小さい(ただしイラスト的には七海以外との差はなかったりする)。
バストサイズは80センチのBカップ。



キュアヌート


黒髪から茶髪に変化する。
格好は制服のようなものであるが、胸の下部分から腹部のやや上部分が開いている。




名前の元ネタはエジプト神話の天国と空(天空神)の女神「ヌト」。日本語書きで「ヌウト」や「ヌート」がある。


キュアヌートの必殺技


ヌートウインド


手を伸ばして、手の先から風属性の光線を出す。



ヌートカット


手を伸ばし、手の先から物を切る風属性の光線を出す。



ヌートバン


両手を正面にし、両手首を合わせ、両掌から爆発する風属性のエネルギー球弾を出す。






遠藤幾多郎(えんどう きたろう)


組織「公安零課」の課長(組織リーダー)。
実力がありプリキュア4人をも超えると言われている。
人望もある。プリキュア四人や公安零課の面々が無理を押し通せるように色々尽くしたりしてくれている。





実はギルメシュ達と同じ古代に生きた人間であり、本名はキドロ。
ギルメシュ達が封印された時にもしものためにと思い自分も封印されていた。
ギルメシュが目覚めるとほぼ同時に目覚めた。(幾多郎は目覚めてすぐに行動できたのに対し、ギルメシュ達は少し目覚めた後の行動に手間取っていた)
プリキュアシステムを教え、大本を作ったのも幾多郎であった。




名前の元ネタは「エンキドゥ」




アイリ・クラディウス


プリキュアシステムを解析、研究している女性科学者。
四人のメンタルサポートもしている。




氷川寛(ひかわ ひろし)


プリキュア四人のマネージャー。
とても頼りになる。



プリキュアの設定


今作のプリキュアはデレスと戦っていた古代人が編み出したシステムを現代技術で復元させたもの。
しかしプリキュアには適性があり、誰でもなれるものではない。
本当はかつてプリキュア的存在となった人物たちの遺伝子を持っている人物でないと出来ないが、その遺伝子を持っているだけでは適性があるわけではない。
遺伝子の中でとりわけ資質に必要な「ウル遺伝子」が必要であり、この遺伝子を持って生まれる可能性はかなり低い。
ちなみにプリキュアだけでなくアイドルをしているのは、絆愛の提案(幾多郎もしばしば考えていたこと)であり、世界にデレスの危険性を伝えるのと同時に希望を持ってほしいと言う意味でやっている。
そのためプリキュアの正体は周知のことである。


キュアカチューシャ


四人の変身アイテム。
頭に装着することで変身する。
主な開発者はアイリ。考案者は幾多郎。











古代種族デレス



太古の昔に地球を侵略しようとしていた地球人とは別の進化を遂げた数少ない種族。
力のあった古代の地球人数名により封印された。
しかし学者たちが誤って封印を解いてしまい蘇ってしまう。



元ネタは仮面ライダークウガグロンギ族。
名前の元ネタはウルトラマンの地底怪獣「テレスドン」。




怪物



デスロイ


デレスが生み出す怪物。
ゲームと称し、人間を殺したり、建物を破壊したり、何かを奪ったりとする尖兵。



名前の元ネタはデストロイ。




ボス



ギルメシュ


デレスのボスにして唯一王。
とてつもなく傲慢であり、命を遊び道具の一つとも思っていたりする。
しかし部下である二人の幹部にはそれなりの仲間意識を持っている。
デスロイを生み出せる唯一の人物。
その姿は完全に人間であり、少し服装を変えただけでまず見分けがつかない。
俗世にもそれなりの興味を持っていたりする。


名前の元ネタは「ギルガメッシュ」。
キャラの姿の元ネタはFate/staynightギルガメッシュ仮面ライダークウガン・ダグバ・ゼバ
(大体変装姿がギルガメッシュ、戦闘姿がン・ダグバ・ゼバ)




幹部




クシャンナ


デレスの女幹部。
妖艶でよくギルメシュを誘惑しているがただたんに愛してるだけであり、野心は持っていない。
(ギルメシュは野心を持ってないのを知っているために相手にしようとしない。)
ギルメシュのためなら命を投げ出すことをためらわない。
ギルメシュ同様姿自体は完全に人間であり、少し服装を変えただけではまず見分けがつかない。




名前の元ネタは「エンシャクシュアンナ」。



ルガザ


デレスの男幹部。
力押しが好きな幹部。
破壊を純粋に楽しんでいる。
ギルメシュ同様姿自体は完全に人間であり、少し服装を変えただけではまず見分けがつかない。




名前の元ネタは「ルガルザゲシ」。


用語



華翔学園


伝統ある学校であり、名門校である。(特に歌に関しては専門校でもないのに関わらずかなりの有名人を出している)
華翔学園はデレス復活後、幾多郎たち公安零課がやって来てからはプリキュアの養成場と言う裏の顔もある(公安零課の存在は可能な限り隠しているが、学園関係者のほとんどは知っていたりする)。




公安零課(こうあんぜろか)


デレス復活の時に遠藤幾多郎が協力者たちにより設立された(一応)秘密組織。
プリキュア達のサポートやデレスの行動を察知するオペレーターたちがいる。



備考



本作はプリキュア4人でアイドルをするというものであるが、正体は公にさらすと言うかなり挑戦的なものである。



関連リンク



う~んと!プリキュア・・・BLACK氏の作品。
リジカルプリキュア!・・・BLACK氏の作品。う~んと!プリキュアから4年後の世界。
ビトレイアルプリキュア・・・BLACK氏の作品。リジカルプリキュア!から2年後の世界。つまりはう~んと!プリキュアから6年後の世界。
ポジティブプリキュア・・・BLACK氏の作品。
オリジナルプリキュア・・・一般的分類

関連記事

親記事

オリジナルプリキュア おりじなるぷりきゅあ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アイドル!プリキュア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9854

コメント