ピクシブ百科事典

プリ旧ア

ぷりきゅあ

『プリキュア』シリーズにおける公式キャラクターとしての登場以前に、オリジナルプリキュアとして発表されていた同名のキャラクターを表す言葉。
目次[非表示]

概要

数あるオリジナルプリキュアの中には、後に発表された公式のキャラクターとネーミングが偶然一致したものも多くある。
そうなるとキャラクター名のタグの使用頻度としてはどうしても公式キャラクターのものに上書きされてしまうため、オリキュアたちの中では存在が埋没しやすくなり、場合によってはパクリ的な言いがかりをつけられる危険性もある。

そこであくまで先に存在していたオリジナルに敬意を表し、その存在を記録しておくために作られたタグが「プリア」である。
また、この記事では単純にキャラを記録するだけではなく、ただの名前被りに留まらない共通要素を見出す試みも行われている。

以下、公式の「キュア○○」に対して先行するオリキュアを「ア○○」と表記し、双方を対比させてみる。
被り具合と差異、併せてお楽しみ頂きたい。

実例

その1

キュアメロディ旧アメロディ
ビジュアル
キュアメロディ
【オリキュア】奏でる勇気の旋律
変身者北条音姫(かな)
カラー


キュアリズム旧アリズム
ビジュアル
スイート(笑)
【オリキュア】響く希望の拍子
変身者南野(かなで)音鳴
カラー

詳しくは作者による設定も読んで頂きたいが、プリキュア名のみならず(対応関係は逆)本名の下の名(「奏」は読みが異なるが)、大まかな世界観も合っているというかなりのもの(部分的に『スイートプリキュア♪』とは色々と接点の多いあちらの要素も)。
一方、キャラの造形的には『ハピネスチャージプリキュア!』のキュアラブリー&プリンセスコンビを思わせるところも。

その2

キュアラブリー旧アラブリー
ビジュアル
中島ラブリーさん
変身者愛乃めぐみ牧野愛
カラー


ピーチやメロディを彷彿させる様な、ツインテールが特徴。
初出は、3年前の2012年
ユーザーであるさぁや氏の『プリズムハートプリキュア』という作品のプリキュア。変身前の「牧野愛」から描き始められ、その後も推敲を重ねられ、2014年暮れにパワーアップバージョンが完成している。
変身前の名前に「の」と「愛」の発音の文字が被っている。
さぁや氏は牧野愛を描く二ヶ月前に、すでにキュアトゥインクルを描いている(これについては後述を参照)。

その3

キュアハニー旧アハニー
ビジュアル
熱唱ハニーさん
【オリジナルプリキュア】
変身者大森ゆうこ如月直美
カラー


一見した雰囲気はキュアハッピー風だが、金髪のせいかキュアピーチキュアハートに一脈通じるものがある。
また、シリーズタイトルが『ラブリィプリキュア』かつ、主人公の前世が白雪姫、という設定はこれまた『ハピプリ』に通じる(童話モチーフという点では『スマプリ』、前世がキーポイントというのは『セーラームーン』だろうか)。

その4

キュアテンダー旧アテンダー
ビジュアル
ワンドロ 初描きキュアテンダーさん
【オリキュア】キュアテンダー
変身者氷川まりあ信貴美琴
カラー


髪の色に重点を置いて青キュアとして扱っているが、中でもコスチュームに白成分が多い点でキュアダイヤモンドに通じるか。
ここでは表現をボカしておくが、『プリキュア』の慣例上公式には使われない設定が為されているにも関わらず、それに近い、あるいは疑わせる描写が実際のテンダーにも存在している。

その5

キュアサンセット旧アサンセット
ビジュアル
キュアサンセット
キュアサンセット
変身者オハナ夕暮忍
カラー/黄黄/橙


初出当時、ファンの間に「地球の外国人のプリキュア」という概念が無かった(であろう)事もあり、その点が最大の相違点と言えよう。
肌の色や細かいディテールの違いはあるが、全体的な印象はカラーリングも含めてそう遠くない(より正確に言うなら、実際のサンセットとミューズの中間のイメージ)。

その6

キュアミラージュ旧アミラージュ
ビジュアル
キュアミラージュ
【悪キュア】キュアミラージュ&キュアファントム
変身者(後のクイーン・ミラージュ)なし
カラーピンク黒/赤


キュアミラージュ旧アミラージュ
ビジュアル
キュアミラージュ
キュアミラージュ
変身者(後のクイーン・ミラージュ)光鏡花
カラーピンク

キュアミラージュ旧アミラージュ
ビジュアル
キュアミラージュ
【イラリク】キュアミラージュ
変身者(後のクイーン・ミラージュ)フィーネ・A・クロウリー
カラーピンク

1つ目の旧アミラージュは、ユーザーである空魔神氏による初出は4年前の2010年。『二人はプリキュア HappySmile』という作品のいわゆる闇キュア。その正体は、ブレイクの翼を基に作られた人形のような仮初の存在。
空魔神氏曰く、キュアブレイクという闇キュアの『下っ端』。因みに上司であるキュアブレイクは何と、キュアデイブレイクから闇堕ちした元正義のプリキュア設定である。
対に、鏡写しのように対称な姿で色以外では区別がつきにくいキュアファントムがいる(こちらも別の形まさかの公式化)。

2つ目のミラージュも初出は3年前の2011年。ユーザーであるbravery氏の『クリアーハートプリキュア!』という作品である。
S☆Sのように、一人が2通りの変身できるのもいいのではないか」という氏の考えの元、生まれたキュアオーロラの別形態。
因みに二段階の変身ではなく、イーブイコレクターユイのように変身アイテム(サマージュエル)の交換による分岐変身とのこと。

3つ目のミラージュの初出は1年前の2013年。ユーザーであるケイ氏の小説作品『スマイルプリキュア~Second Force~』。タイトル名からわかるように『スマイルプリキュア!』の続編として考えられた。バッドエンド王国との戦いから6年後の世界を描いている。
変身するのは、ピエーロとの戦いの直後に七色ヶ丘に引っ越してきたイギリス人の少女。珍しくも、ハピネスチャージプリキュア!以前に「地球の外国人のプリキュア」という概念があった数少ない事例である。
その正体は、二十世紀最強の魔導師と謳われた預言者『アレイスター・クロウリー』の子孫で、表向きは国際ベンチャー企業『クロウリー・ザ・エンタープライズ』のCEO令嬢。
変身アイテムは黒いスマイルパクトであり、「夜天」の力を宿す『異端のプリキュア』とのこと。高速戦や強襲戦を得意としているらしい。
但し、ミラージュの力はクロウリー家の魔術とメルヘンランドの技術によって即興で生み出された、所謂『模造品』であるため、オリジナルと比べると総合能力は決して強くない。しかし、フィーネ自身の多彩な戦術や経験でそれを補い、実質上はオリジナルにも劣っていない。
必殺技は、空間より漆黒の大鎌を召喚してエナジーを刃に乗せて薙ぎ払う『プリキュア・ミラージュ・スレイヤー』。刃を直接叩き込むことで絶大な破壊力を展開させる事も可能。

一方、キュアミラージュは、『ハピネスチャージプリキュア!』第30話で判明した、かつてのクイーン・ミラージュである髪色やスカート、リボンの色から鑑みるに、基調とする色はピンクと思われる。

そして、2015年…

例年、概ね残り1クールのタイミングで大友達の注目を集めるサイトがある。
それは特許庁

『プリキュア』シリーズ製作元の東映アニメーションは毎年10月初頭頃に、翌年スタートとなる新作タイトルの商標登録出願を行っており、その内容が公開されるのが同月末頃、というわけである。
そして2014年10月30日の特許庁公開により、10月7日に『Go!プリンセスプリキュア』が出願されていた事が判明、11月28日にはティーザーサイトが開設され、その存在が確定した。

具体的なストーリーやキャスト・スタッフもさる事ながら、pixiv住人的には
『予言者』の称号を得る絵師は現れるのか
新たにプリ旧アオールスターズ入りするオリキュアは存在するのか、あるいはこれから登場するのか
ということである。しかし蓋を開けてみたら、まさかの初期3人全てが被っていたのみならず、追加戦士まで被ったというサプライズまであった奇跡!!

その7

キュアフローラ旧アフローラ
ビジュアル
GO!プリンセスプリキュア
キュアフローラ
変身者春野はるか香原このみ
カラーピンクピンク


キュアフローラ旧アフローラ
ビジュアル
GO!プリンセスプリキュア
思案するフローラ
変身者春野はるか花杜ハルヒ
カラーピンク

1つ目は、キュアミラージュでも『預言者』タグを頂いたユーザーであるbravery氏で、初出は何と、5年前の2010年。ミラージュ同様、『クリアーハートプリキュア!』という作品に登場する、花や香りがイメージである愛と風のプリキュア。
変身者の名前もどことなく似ている気がするのもポイントである。

2つ目の初出は、2年前の2013年。
闇夢氏とそのリア友でマイピクでもある闇虹氏による共同作であり、不定期連載の小説作品である『ふたりはプリキュアAIl World』(タグとしては、『ふたりはプリキュアAW』で投稿)。絵師はnagi氏
変身者の花杜ハルヒは生身だと瞳の色は紫だが、変身するとオッドアイになるという設定であり、こちらも名前に『花』や『ハルヒ』(=春日or春陽or晴陽)と付き、を思わせる名前となっている。

『フローラ』という名前らしく、プリキュア、プリ旧アのいずれも香りというものが共通のイメージな模様。

その8

キュアトゥインクル旧アトゥインクル
ビジュアル
星のお姫様
オリキュアといふものを 自分もしてみむとするなり2
変身者天ノ川きらら春風つくし
カラー黄色不明


キュアトゥインクル旧アトゥインクル
ビジュアル
星のお姫様
変身者天ノ川きらら不明
カラー黄色ピンク

キュアトゥインクル旧アトゥインクル
ビジュアル
星のお姫様
オリキュア3カラー(シャイニープリキュア)
変身者天ノ川きらら勇樹めいこ
カラー黄色オレンジor黄

キュアトゥインクル旧アトゥインクル
ビジュアル
星のお姫様
変身者天ノ川きらら不明
カラー黄色オレンジor黄

1つ目の初出は、4年前の2011年。ユーザーである銀河統一氏の作品『プリキュアギャラクシー!』という作品のプリキュア。名乗り口上は、「瞬く星は希望の光!キュアトゥインクル!」。
氏は設定以外は描いておらず、イラストも白黒なため、カラーリングやどのような物語なのかは不明だが、タイトルや他のプリキュアの名前、名乗り口上などから『』がモチーフになっているものと推測される。

2つ目の初出は、3年前の2012年
ユーザーであるさぁや氏の『フレアーハートプリキュア』という作品のプリキュア。
名乗り口上は「ときめく愛のフレアー、キュアトゥインクル!!」であり、必殺技は『プリキュア・トゥインクルシャワー!!』
他の細かい設定はまだ未定であり、変身者もまだ不明。
さぁや氏は先述の通り、ほぼ同時期にラブリーも描き始めている。

3つ目の初出は、2年前の2013年。ユーザーであるray氏
の『シャイニープリキュア』という作品のプリキュア。氏がイラストしかまだ描いていないため、細かい設定は不明。

4つ目の初出は不明。上記イラストの右のキャラクター。2つ目の旧アトゥインクルの作者であるさぁや氏が『描かせていただきました』のタグと共にray氏と自身のキュアトゥインクルも描いて投稿したものだけしかpixiv上には存在しないため、一切の情報が不明。かろうじてカラーリングが黄キュアであることが判明している。

今回、1番かぶりが多かったのがトゥインクル。
設定がいまだ不明なもの多かったため、これからの展開に期待したい。

その9

キュアマーメイド旧アマーメイド
ビジュアル
キュアマーメイド
キュアマーメイド
変身者海藤みなみ海原みなみ
カラー


初出は、3年前の2012年。
ユーザーである☆あいらす☆氏の『メルヘンワールドプリキュア!』という作品のプリキュア。
作品タイトルともう1人のプリキュアの名前から『童話』がモチーフとなっている模様。
変身者の海原みなみはフェアリー学院中学校に通う2年生。演劇部に所属しつつ、スポーツも得意で学級委員長も務める文武両道な少女。
必殺技は、『プリキュア・オーシャンウェーブ』。
プリキュアの『海のプリンセス』というコピー、どちらも名前からして人魚姫がモチーフらしく、『ハートキャッチプリキュア!』のキュアサンシャインモブキュアを含めると『ハピネスチャージプリキュア!』のキュアナイル)以来となるへそ出しのコスチュームが共通点
また変身者の名前が1文字違いという奇跡!

その10

キュアスカーレット旧アスカーレット
ビジュアル
希望の赤い炎
【オリキュア注意】謎の赤い子【Color Days】
変身者紅城トワ緋色さゆき
カラー


キュアスカーレット旧アスカーレット
ビジュアル
希望の赤い炎
オリジナルプリキュア
変身者紅城トワ紅あずさ
カラー

キュアスカーレット旧アスカーレット
ビジュアル
希望の赤い炎
フェルブングプリキュア
変身者紅城トワ紅宮舞華
カラー

スカーレットも、トゥインクルに次いで被りが多く、3名のユーザーによって描かれている。
確認出来る、最も古いのは2010年3月26日に投稿された、さな氏の『Let'sプリキュアColorDays』という作品のプリキュア。
設定ではメインのプリキュアではない模様。

2人目は2011年2月5日に投稿された、日和見主義氏の『ルーツ☆プリキュア』という作品のプリキュア。姓の『紅』の文字が被っている。

3人目は2013年1月11日に投稿された、あお氏の『フェルブングプリキュア』という作品のプリキュア。これも姓の『紅』の文字が被っている。初稿投稿の段階では名前も決まっておらず、他のユーザーのコメントから「スカーレット」の名前が出て、決定した。
あお氏は、その後もデザインに推敲を重ね、
現在は本人の意向でキュアクリムゾンに改名している。

初出最新版
フェルブングプリキュア

2016年はなんと…

特許庁のサイトにて翌年スタートとなる新作タイトルの商標登録出願を行っており、「『予言者』の称号を得る絵師は現れるのか」と大友達の注目を集めていた。
そして、2015年10月20日に特許電子図書館にて、東映アニメーションによる商標登録の出願およびタイトルロゴである『魔法つかいプリキュア!』が公開商標公報で確認され、ティーザーサイトが開設された。

そして、なんと予想を上回る奇跡が起きた。

その11

魔法つかいプリキュア!ふたりはプリキュアマジカルミラクル
ビジュアル
キュアップ☆ラパパ!
ふたりはプリキュアマジカルミラクル
ふたりはプリキュアマジカルミラクル

初出は、2013年の9月。
赤津雅人氏の『ふたりプリキュア マジカルミラクル』という作品のプリキュア。
『魔法使いのプリキュアってよくない?』と言う発想から誕生した2人のプリキュアだったが、
モチーフが魔法使いである上、初期の2人が被ると言うまさかのミラクルが起きた。
一人の絵師による、同一の作品の中から2人が被るという事も正に奇跡である。

キュアミラクル旧アミラクル
ビジュアル
情報解禁
ふたりはプリキュアマジカルミラクル
変身者朝日奈みらい雪野美来
カラー

キュアマジカル旧アマジカル
ビジュアル
マジカル
ふたりはプリキュアマジカルミラクル
変身者リコ(プリキュア)不明
カラー
細かい設定は未定だが、赤津雅人氏は、その後改良し、現在に至る。

キュアマジカル旧アマジカル
ビジュアル
マジカル
【オリジナルプリキュア】ミラクルステージ☆プリキュア
変身者リコ(プリキュア)花森こばと
カラー
2つ目は、2015年の9月。
ちぇりー氏の『ミラクルステージ☆プリキュア』という作品のプリキュア。
作品タイトルやプリキュアの名前から『手品』がモチーフとなっているが、
自身のキュアマジカルを描いて投稿したものだけしかpixiv上には存在しないため、
名前と桃キュアであることだけは判明している。
その後、本人の意向でキュアマジカルからキュアファンタジアに改名された。

2017年は…

特許庁のサイトにて翌年スタートとなる新作タイトルの商標登録出願を行っており、「『プリ旧ア』の称号を得る者は現れるのか」と大きなお友達の注目を集めていた。
そして、東映アニメーションによる商標登録の出願およびタイトルロゴである『キラキラ☆プリキュアアラモード』が公開商標公報で確認され、公式サイトが開設された。

その12

キュアショコラ旧アショコラ
ビジュアル
ショコラさん
キュアショコラ
変身者剣城あきら加藤翔子
カラー

初出は、2010年の12月。
ナーガ氏『スウィーツプリキュア』という作品のプリキュア。
スイートプリキュア」ならぬ、「スウィーツプリキュア」と言う名目の下、
女の子は大概甘い物が好きだから」と単純な理由で誕生したプリキュアだが、
あくまでお遊びである事から、初期の段階では前口上はなく、
必殺技アイテムもなかった。
本家はショートカットで男性的なデザインに対し、
こちらはツーサイドアップで女性的なデザインとなっている。

スウィーツプリキュア!


現在は第二期として新しくデザインされ、前口上も追加された。

その13

キュアホイップ旧アホイップ
ビジュアル
キュアホイップ試作第1号
ミックスプリキュア!(5)
変身者宇佐美いちか天沢みらい
カラー


キュアショコラ旧アショコラ
ビジュアル
ショコラさん
ミックスプリキュア!(5)
変身者剣城あきら香橋すずか
カラー
1つ目は鷹見氏『ミックスプリキュア!』と言う作品のプリキュア。
モチーフがスイーツ系な上、初期の5人のうち2人が被ると言うまさかの奇跡。
一人の絵師による同一の作品の中から被るという事もまさに奇跡と言えるだろう。

キュアショコラ旧アショコラ
ビジュアル
ショコラさん
キュアショコラ!
変身者剣城あきら梓望美
カラー
もう一つはうみ*ねこ氏『パステルプリキュア』と言う作品のプリキュア。
モチーフは本家と同じスイーツ系だが、本家は男性的なデザインに対し、
マーメイドスカートとガーターベルトと言う少しセクシーなデザインになっている。

その14

キュアマカロン旧アマカロン
ビジュアル
キュアマカロンできあがり!
まかろん&めれんげ
変身者琴爪ゆかり双羽あいり
カラー

3つ目はカガミチヒロ氏『ウィングプリキュア!』と言う作品のプリキュア。
公式では未だ実装されていない双子のプリキュアで、
本家が高校生のプリキュアに対し、こちらは中学生のプリキュアであり、
少し男性的な性格で仲間想いと言う所はショコラに近い。

キュアマカロン旧アマカロン
ビジュアル
キュアマカロンできあがり!
変身者琴爪ゆかり不明
カラー
もう一つはさぁや氏が制作したプリキュア。
自身のキュアマカロンを描いて投稿したものだけしかpixiv上には存在しないため、
判明しているのは名前と紫キュアと言うことだけである。

その15

キュアカスタード旧アカスタード
ビジュアル
キュアカスタード
マゼマゼしない方
変身者有栖川ひまり甘夏さくら
カラー

4つ目は聖桜氏『スイーツハートプリキュア!』と言う作品のプリキュア。
モチーフは本家と同じくスイーツ系だが、こちらは敵勢力にいたキャラクターが中盤からプリキュアとして転生したという追加戦士枠になっている。

その16

キュアパルフェ旧アパルフェ
ビジュアル
キュアパルフェ。
闇の指揮官
変身者キラ星シエル???
カラー

5つ目はイラストマン氏『アポカリプスプリキュア』と言う作品のプリキュア。
こちらは闇のプリキュア。「パルフェ」という名前はフランス語の「完璧」に由来しているが本家は口癖として使っている様子。

2018年も…

特許庁のサイトにて翌年スタートとなる新作タイトルの商標登録出願を行っており、「『プリ旧ア』の称号を得る者は現れるのか」と大きなお友達の注目を集めた。
その後、商標登録の出願およびタイトルロゴである『HUGっと!プリキュア』が公開商標公報で確認され、公式サイトが開設された。

その17

キュアエール旧アエール
ビジュアル
キュアエール
【オリキュア】 先代ツインハートプリキュアチーム 【注意】
変身者野乃はなエル(画像真ん中の人物)
カラー


ある氏『ツインハートプリキュア』と言う作品のプリキュアだが、
二人のプリキュアが合体して別のプリキュアに変身すると言う異色の設定。
「もう一人の主人公」ポジションであり、多くの悪と戦ってきた歴戦の勇者にして、
大人の優しさと強さを持つ異世界人となっている。

その18

キュアアンジュ旧アアンジュ
ビジュアル
キュアアンジュ
【オリキュア】ふたりはプリキュア○○○【すいません】
変身者薬師寺さあや赤羽陽菜
カラー


キュアアンジュ旧アアンジュ
ビジュアル
キュアアンジュ
【大遅刻】connectプリキュア!一周年!!!!!!!!
変身者薬師寺さあや赤津那優
カラー

初出は、2010年の10月。
イトマン氏『ふたりはプリキュアFantasticAce』と言う作品のプリキュア。
本家は知的な文化系に対し、こちらでは元気な体育会系となっている。

2つ目は赤津雅人氏『connectプリキュア!』と言う作品のプリキュア。
初期のプリキュアを彷彿とさせるような暗めのデザインが特徴。

その19

キュアエトワール旧アエトワール
ビジュアル
キュアエトワール
日向みのりプリキュア化計画
変身者輝木ほまれ日向みのり
カラー不明


初出は、2012年の6月。
銀河統一氏の作品。
日向咲」の妹、「日向みのりプリキュア化計画」と言う名目で作られた、いわば二次オリ
イラストが白黒なため、カラーリングやストーリーは不明だが、
名前などから『』がモチーフになっている模様。

キュアエトワール旧アエトワール
ビジュアル
キュアエトワール
変身者輝木ほまれ不明
カラー

キュアエトワール旧アエトワール
ビジュアル
キュアエトワール
【オリキュア】天の恵みは星の煌めき!キュアエトワール!
変身者輝木ほまれ諸星ひなた
カラー

2つ目は『リュミエールプリキュア!』と言う作品のプリキュアだが、
制作者である「おんたま氏」が退会してしまったため、
現在は別ユーザーの「さぁや氏」によって描かれた物しか存在していない。

3つ目は羽澄氏
『トゥインクル☆プリキュア』と言う作品のプリキュア。
プリキュアの名前から『』がモチーフとなっているが、
自身のキュアエトワールを描いて投稿した物だけしかpixiv上には存在しないため、
名前と桃キュア、前口上は判明している。

関連タグ

プリキュア
オリジナルプリキュア オリキュア 俺キュア マイプリキュア
まさかの公式 野生の公式 予言者 預言者

キュアメロディ キュアリズム キュアハニー キュアテンダー キュアサンセット キュアミラージュ キュアフローラ キュアマーメイド キュアトゥインクル キュアスカーレット キュアミラクル キュアマジカル キュアホイップ キュアカスタード キュアマカロン キュアショコラ キュアパルフェ キュアエール キュアアンジュ キュアエトワール

pixivに投稿された作品 pixivで「プリ旧ア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16197

コメント