ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

プロフィール

CING開発のゲームソフト『アナザーコード 2つの記憶』『アナザーコード:R 記憶の扉』の主人公。
1991年2月25日生まれ(ただし『2つの記憶』では仕様上、年以外の月日はDSに設定されているユーザーの誕生日に変更される)。
父がリチャード・ロビンズ、母がサヨコ・ロビンズの日米ハーフで、黒い瞳は日本人の母親譲り。リチャードが言うには声も母親に似ており外見は母似だが、ライアン曰く性格や考え方は父似とのこと。叔母にジェシカ・ロビンズがいる。
ミドルネームの「ミズキ」はサヨコの命名で、意味は「美しい月」。

両親は三歳の頃に事故死しており、『アナザーコード』本編開始前では叔母のジェシカと一緒にアパートの五階で暮らしている。
基本は何事も一生懸命で純粋。そして少し寂しがり屋で、ジェシカを気遣い父母の話題を出さない優しさも持つ一方、家族というものに対して割り切れない感情を抱いている。そんな生い立ち故に捻くれてはいないものの、同年代と比較すると物言いはやや冷め気味。
1994年の三歳時点ではシアトルの郊外に住んでおり、当時の誕生日に関する断片的な記憶の夢が掻き立てる曖昧な不安感や呼び起こされる悲しい感情が、アシュレイの心に陰を落とす一因になっている。

アナザーコード 2つの記憶』編

The truth of memory


本編では13歳。ストーリー上では翌日に14歳の誕生日を迎える。
三歳のときに死んだと聞かされていた父親のリチャードから手紙と小型機械・DASが届き、最初は動揺して会うことを拒否したが、ジェシカの後押しもあって指定されたブラッド・エドワード島へ向かう。しかし島に来ても姿を見せないリチャードに怒り、ジェシカとも一方的に喧嘩別れをしたせいで離ればなれに。その後島内を彷徨うゴーストのディーと出会い、彼と共にリチャード達を捜し、DASやアナザーの秘密、ブラッド・エドワード島とディーにまつわる事件を追っていく。

人を信じる綺麗な心を持っていなければ見えないゴーストが見えるほど根は素直。そのゴースト、ディーと友人になったことはアシュレイの心に強く残っており、続編でも度々話題に上らせるほど大切な存在になっている。
本作に登場する船長からの「忘れたくない大切な記憶は常に思い返せば忘れない」教えは、続編でも引き継がれている。

アナザーコード:R 記憶の扉』編

アシュレイ


本編では16歳。リバティタウン・ハイスクールの二年生。
前作でリチャードと再会し「これからはずっと一緒にいる」と約束したが、リチャードがJCヴァレーに勤務し始めたのを境に会えない期間が長くなり、本作開始時点では既に半年も顔を合わせていない状態になっている。そうして八月最後の週、リチャードからファミリーキャンプで誘われたジュリエット・レイクで家出少年のマシュー・クルーソーと出会い、彼の父親捜索とジュリエット・レイクに隠された秘密、実は解決していなかったアナザーの謎と母・サヨコの死、アシュレイの幼少時の記憶に迫っていく。

長く離れていたリチャードとなかなか距離が縮まらず悩んでいたのに加え、結局約束を反故にされている現状に強い不満を抱いている。時折冷めた物言いをするのは変わっていないが、年下のマシューに対して年上らしく悪さを窘める成長した一面を見せ、落ち込む彼を懸命に励ましたりする変わらない優しさも持っている。
将来の夢はミュージシャン。お小遣いで買ったギターでクラスメイトのピアノ担当の男子とバンドを組んでおり、プロへの近道と称されるアマチュアバンドコンテストに参加する意欲を見せている。
ちなみに今作で身につけているハートのピアスは前作の公式サイトで読める『アシュレイの日記』で登場したピアス。
リチャードの教えで、この年代では珍しく携帯電話を持っていない。

スマブラシリーズ』編

ファイターとしての参戦はしていないが、『大乱闘スマッシュブラザーズX』ではフィギュアとして、『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』ではスピリッツとして登場している。
『X』の入手条件は「対戦でのべ100時間以上遊ぶこと」。『SPECIAL』ではアドベンチャーモードの『灯火の星』から『霧の森エリア』にて入手可能。所有個性は霧無効。

関連タグ

アナザーコード アナザーコード:R
大乱闘スマッシュブラザーズX 大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL

関連記事

親記事

アナザーコード あなざーこーど

pixivに投稿された作品 pixivで「アシュレイ・ミズキ・ロビンズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 114462

コメント