ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

立川恵の少女漫画および、それを原作とするメディア作品『怪盗セイント・テール』の主人公である羽丘芽美飛鳥大貴(アスカJr.)とのカップリング。公式カップリング


当初はいつもケンカすることでクラスメイトの間で有名だったほど仲が悪かった(だが、決して心から嫌うわけではない)。

芽美には「ドロボーはドロボーだ」「神様のボートクだね、こりゃ」とセイント・テールの悪口を言い切るアスカJr.の傲慢な態度が気に入らなかったが、実際にセイント・テールを追い回し始めたら彼が学校では見せない真心を持つことに気づいた。

そんな決心や情熱を励ましたい芽美は挑戦として予告状を送り始め、アスカJr.にどんどん惹かれていく。


とある事情でセイント・テールが予告状を出さない時に、妙に必死なアスカJr.に呼び出され、「オレ以外のやつにつかまったら…」と言われたら「ずっとあたしをあきらめないでいてね」という気持ちで毎回必ず予告状を出すことを約束し、アスカJr.は「オレがつかまえるまで、だれにもつかまるなよ」というのを付け加えた。


追いかけ回され続ける内に、敵であるはずのセイント・テールに対するアスカJr.の優しさに芽美の気持ちが募るが、そんなセイント・テールに関心を持つアスカJr.は芽美に対して「うるさいやつ」と敵対し続け、芽美は複雑な気持ちも抱いていく。

そのせいで自分がアスカJr.に恋をしていることを認めるのに気が進まなかったが、彼に喜ばせる機会が高宮リナに奪われそうになった事件で、自分にとって「大事なもの」になったと気づき、自分の手で喜ばせたいと決めた。

そして芽美がリナに付け回されセイント・テールであることを非難された時、「女の子をつけまわすってのはよくないからな」という口実でアスカJr.に守られ、感情があふれながら彼に「もしもつかまるのならっ…あなたにつかまりたいな…って!」と漏らした(しかしドンカンキングであるアスカJr.は意味がわからなかった)。


ちょっとだけアスカJr.との距離が近づいていて嬉しい芽美だが、セイント・テールに向ける情熱を見ながら「“羽丘芽美”だったらきっとあんなふうにはならない」と落ち込んでいる。そして「あたしがセイント・テールだと気づかれたらきらわれてしまう」、と恐れ始める…


関連イラスト

341


関連タグ

作品・キャラクター

怪盗セイント・テール 羽丘芽美 飛鳥大貴


その他関連

ケンカップル NL 公式カップリング










※ 以下、物語の核心に関わるネタバレがあります。




















そのマジックの裏にある真実(ネタバレ)

…というのだが、先ほど記したのは芽美の一方的な見方であることが原作12(アニメ11)話で明かされる。


アスカJr.は、いやなことでもハッキリ断れない芽美にとっては自分も「いや」だと思い込んでおり、近づかなかったのは彼女の気持ちに配慮だった

実は芽美のために声を上げよう度に不器用な表現で敵対と間違われてしまう。


原作・アニメ13話で「本当の姿を映す」と言われるローザ王女の鏡がセイント・テールに取り上げられたらアスカJr.には芽美の姿が見えた。

非科学的だと捨て去ろうとしても本能が忘れず、「オレ羽丘のことなんにも知らねー」と気づき、芽美を意識しながらすべてをハッキリさせるためにより熱心にセイント・テールを追いかけてしまう。

その間芽美が佐渡に口説かれて始め、アスカJr.は不安になりながらも自分の鈍感ぶりを気にしすぎて嫉妬を抑える。


セイント・テールを追いかけ続ける内に、悪党ではなく「街の人々の悩みを背負っても世間から“理想”しか認識されていない存在」だと同情し(警察の協力者として)逮捕したくなくなる。(この頃、以前の自己中心的な振る舞いが嘘のように消えてしまう)しかし何故か「オレじゃないほかのやつがつかまえるのはいや」と追いかけ続ける。

とうとう芽美の後ろ姿からセイント・テールの存在を気配する時に「セイント・テールをつかまえたいというだけでなく、羽丘芽美に似ている彼女を誰にも渡したくない」という恋心を遂に自覚。(この度「似てる」とは姿形ではなく「同じ気配が感じられる」という意味。つまり自分で具体的に確認できるまで意識しないようにしたのに本能が同じ人物にしてしまい、押さえていた独占欲がセイント・テールへの態度になった

換言すれば「セイント・テールの安全も羽丘芽美の幸せも他の誰にも任せられない」という意味も含める。


そんな宝物のように大切な存在になった芽美に「好きだ…羽丘が好きだ。ウソじゃないぞ…うれしいんだ。羽丘がそばにいて…手が、届いて…」との気持ちをアスカJr.の方から告白。


芽美もそれを涙を流して受け入れ、晴れてクラスメイト公認の恋人同士になる。

芽美がアイドル(と同じのような存在)になって欲しくないアスカJr.の目的は「セイント・テールの居場所を作る」(怪盗になる必要がないように芽美の閉じ込められた心に安心させる)ことだが、真珠の干渉のせいで芽美は「正体がバレたらウソを許さないアスカJr.にきらわれてしまう」と恐れ、遠のき続ける。


結局仙童親子がアスカJr.に強引にセイント・テールの正体を明かしてすぐに芽美から離れた場所に拉致し、彼が四日間で「どうしてオレにかくしてた?オレってなんだったんだ?」と芽美の意図に悩むしかできない様子。

しかし助けにきたセイント・テールからの予告状は真珠に(侮辱の意味で)「ラブレター」と呼ばれるとアスカJr.はその言葉に反応し、「いままでのも、ぜんぶ」ということに目覚め、最初から自分を見守っていたと気づいた。

一方、すべてを失ってもアスカJr.を取り戻そう決めたセイント・テールは彼を助けるために自分を救い損ね、不意に落下してしまう。

そして「だまっていただかれてたまるかっ!」と言い切ったアスカJr.がセイント・テールをつかまえた


アスカJr.の腕には理想的な怪盗でもなく、強がるクラスメイトでもなく、セイント・テールと羽丘芽美の正体である。


芽美「ごめんなさい、ごめんなさい…ごめんなさい…あのねっ、あたしがセ…!!」


そんな嗚咽していた女の子をぎゅっと抱きしめ、すべてを許してしまう。


アスカJr.「…神様が…見てる…。…観念して、おとなしくつかまれ。気つかなくて、ごめん…」


かくして二人の追走撃という名の恋はセイント・テールの成就という当たり前のようで一風変わった形で幕を閉じる。


それから8年後、原作・アニメ共に最終回エピローグで立派な私立探偵へと成長したアスカは礼拝堂で待つ芽美へと指輪を送りプロポーズして婚約

のち結婚する。(単行本6巻の後書き口絵で結婚式姿が披露されている)


聖良「二人の秘密だった約束が、永遠の約束になる日はそう遠くはないでしょう…」


約束

間違いやすいが、正確に言うとアスカJr.の一番重要な目的は「絶対つかまえる」のではなく「他の誰かがつかまえる前に自分でつかまえる」のである。

従って原作4(アニメ12)話でセイント・テールが必ず予告状を出す約束をしたのは「アスカJr.のいない場で他の誰かにつかまらないように」ということで、芽美にとってはただの同情ではなく「ずっとあたしをあきらめないでいてね」「会いたかった、わたしだけを見てくれるあの瞳に」すなわち「誰よりもあなたを喜ばせる存在になりたい」という意味である。

アスカJr.から遠のきながらもこれだけを一度も破らず、彼女に届く可能性がゼロにならないようにしたと言える。


アスカJr.は当時セイント・テールを逮捕しようとしていたものの話が進む度に色々な危険から守り、彼がいなかったらひどい目に合っただろうというのが明らかになる。

(この辺に関してはアニメ24話で聖良曰く「恩を感じるのは私たちのほうかもしれませんわよ」とのこと)

そんな状況で他の誰かにつかまったら残酷な終わり方になる可能性が高いことで、アスカJr.にとって「他の誰かにつかまる」とは「危害を加えられる」と同然になり「その前に自分でつかまえる」とは「守る」となる。


ちなみに原作では「つかまる」や「つかまえる」とは一度も漢字で書かれていない

なお、原作15(アニメ23)話からアスカJr.の服に掴まる芽美の癖が目立つ。

後述する花と雪の話や最終回の展開からすると、アスカJr.が芽美(セイント・テール)を「(落ちない・奪われない・失われないように)つかまえる」とは「傷つかないように守る」ことで、芽美がアスカJr.に「つかまる」とは「傍にいる」というのみならず 「背負い込まずに頼る」というのも推測できる。


そういうお互いに思う気持ちで、敵であるはずの探偵と怪盗の関係が純愛の約束になった。


花と雪

原作15(アニメ23)話ではアスカJr.が芽美に以下の話を語る。


アスカJr.「自然界のすべてのものには色があるだろ?天は青、雲は灰色…みたいに」

芽美「…うん」

アスカJr.「そこで雪は神のところへいって“自分には色がなくて不公平だ”って言ったんだってさ。神に“花をたずねて色をもらいなさい”といわれた雪だったけど、冷たい彼に色をくれる花はひとつもなかったんだ」

芽美「か、かわいそう…」

アスカJr.「…でもとうとう雪があきらめようとしたときに、ある花が“私の白い色でよければ”と申し出た」

芽美「それでそれで⁉」

アスカJr.「…それ以来、雪は冬の間中その小さな花を守ってる…という話だ」


この話は芽美の「他の誰にも認められなくてもあなたの傍にいたい」という気持ちとアスカJr.の「歪んでいた自分でも愛してくれた君の幸せを守りたい」との気持ちを表現する比喩である。

なお、前述の告白シーンでは「おかえしします」という文句が出る。


原作では13話からこのような意味を込める花と雪がところどころにちりばめるのが見どころ。

ちなみに芽美の気持ちを表す花は「雪に色を与えた花として世間が認識する花」であるスノードロップではなく原作・アニメ13話で描かれた「本当の私」という意味を持つ「プリンセス・ローザ」である。(アスカJr.が雪に色をあげた花の話をちゃんと覚えているのに「雪の耳飾り」というスノードロップの暗号にピンと来ず名前に関して「なんかうまそーな名前」しか覚えていないのもヒントだと言える)


「羽丘芽美」と「セイント・テール」の扱い

先に述べたように「アスカJr.はセイント・テールに比べて”羽丘芽美“には興味がない」とはあくまで芽美の勘違いだった。


前述の花と雪の話や初期の伏線からすると、アスカJr.がセイント・テールをつかまえようとした最初の理由は誰かに認められたいことで、誰よりも芽美に認められたいことを示唆する描写もある。

しかもセイント・テールに関して「なぜそうするんだ?」と聞き続けたのは人間としてセイント・テールのことを理解したい気持ちで、結局芽美を理解するには重要な質問だった。


原作・アニメ9話では美樹の優勝を祝う芽美に惹かれるようなアスカJr.が描かれているが、「いつもの羽丘じゃないみたいだ」との発言からすると「芽美に宿る別の何か」を察知する能力への伏線だと言える。(その時の芽美は誰かに役に立ったことで喜んでいたのがポイント)

そう考えると原作15(アニメ23)話で佐渡に口説かれている芽美に関して「いつもの羽丘と変わんねーじゃねーか」との批判は「表面的に理解するだけでは本当に幸せにすることができない」という意味であると推測できる。


原作番外編では怪盗をやめた芽美が「セイント・テールじゃなくなったからもうセイント・テールのように扱ってくれない=興味がなくなった」と悩み始める。(実は以前の自己中心的な言行を思い出すとアスカJr.にはだった)

突然に「あたしとセイント・テールと、どっちが好き?」と聞かれたアスカJr.は意味がわからず「おなじだろ⁉」「セイント・テールっていえばさ…たまにはポニーテールにしないのか?」のような返事をした。

まさに鈍感な反応だが、アスカJr.にしてみれば「羽丘芽美に本質的なものであるセイント・テールを否定してはいけない」との思いが含める考え方である。

紆余曲折を経て「おまえはぜったいにげないから追いかける必要はない」とのアスカJr.の意思が伝われ、芽美はセイント・テールだった自分を認め、アスカJr.が好きなのは「どんな姿でも本当の気持ちを自由に見せる芽美」だと納得する。


余談

アニメ版では当初にも互いに惹かれ合うような描写であり、原作に比べかなり仲良くする(ケンカの時でも敵対的な雰囲気が薄い)。

だが大筋がだいたい原作をなぞる。


アニメオリジナル18話での


アスカJr.「オレのクラスにもえれー気の強い女の子がいてさ。どういうわけかそいつと顔合わせるとケンカになっちまうんだ。別にそんなつもりはないんだけど。今もケンカしてんだよな…なんだか知んないけどあいつがプンプンしててさ!」

芽美「(もう、鈍感!)」

アスカJr.「でもオレも悪いのかもしらねーな、きっと」


など、二人の関係に関するお互いの悩みを描くシーンが多い。

関連記事

親記事

怪盗セイント・テール かいとうせいんとてーる

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 198814

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました