ピクシブ百科事典

アニマル連邦

あにまるれんぽう

アニマル連邦とはあべまん氏によるほのぼの動物漫画・・・?
目次[非表示]

概要

アニマル連邦とはあべまん氏によるオリジナル漫画。デフォルメ化した動物達が繰り広げるほのぼの系と見せかけて毎回死ネタや麻薬ネタにあふれたブラックジョーク漫画。
作中の舞台であるアニマル連邦を始めソ連関連のネタが多い

あらすじ

動物達が仲良く暮らすアニマル連邦に住むウサルノフとネコライの愉快な生活を綴った物語。

登場人物

ウサルノフ
この作品の主人公であるウサギ。麻薬やドラッグを小麦粉屋やヤサイ屋と称して売っており自身も麻薬を常用しては幻覚に陥っている。腕っ節が強く初期はマッサージの際に誤って首をへし折ったり酔ってビール瓶で撲殺していた。ネコライとは無二の親友で自身の知識で彼をリードする姿がよく見られる。よく死ぬかそれに準ずる末路を遂げるが回をまたぐと復活している。若い頃はヤンチャしていたようだ

ネコライ
ウサルノフの友達の猫。穏やかで友達思いの性格。お人好しで人を疑う事を知らない為かウサルノフの悪事に知らず知らずの内に加担させられることもしばしば。無免許。ウサルノフとは軍の訓練兵時代からの付き合い

犬の少女
おそらくはウサルノフ達の親友。最近肩こりが酷いためユーキャンで資格をとったウサルノフからマッサージを受けるも首をへし折られ死亡。初期構想にてネコライの相方が犬だった際の名残で登場し本来ならレギュラーキャラだった筈が前述の通り死んでしまい、その後登場していない。

鳥の男
ウサルノフからを麻薬を買い取った。目がラリっている。

パンダ
同じくウサルノフから買った麻薬が混ぜ物だったとして拳銃を突きつけて脅した。
その後再登場した時にはウサルノフとネコライによって身体を縛られ足に重りをつけられた状態で登場。
恐らくそのまま海に落とされたと思われる。

羊のおばさん
パン屋を経営している。ウサルノフから麻薬混じりの小麦粉を買い、それでパンを作ったばっかりに客もろとも中毒者になってしまった。

犬の女性
精神を病み森で首吊りを行おうとした所をウサルノフ達に止められる。ウサルノフのパンチをくらい死にかける。

鶏の青年
ウサルノフと共に酒を飲んでいたが酔った彼に酒瓶で叩かれ死亡。亡骸は解体されネコライとの鶏肉パーティに使われた。

ブターリン
アニマル連邦の最高元首。ウサルノフが作ったTシャツにデザインされていた。
国民からはかなり嫌われており、ウサルノフが開業した射撃場にて彼の肖像画を撃つ為に長い行列が出来ていた。
元ネタは勿論スターリン

トイプードルの老人
火事となった老人ホームから這いずりながら逃げようとした。が、土葬は不摂生と考えるウサルノフによって老人ホームに蹴り戻された。


アニマル連邦

ウサレノフ達が住む連邦国家。元首はブターリン。大陸はドラゴンの様な形をしている。
動物達が仲良く暮らす一見メルヘンチックな場所だが薬が蔓延し反政府組織による拉致も起こっている危険地帯。よく死人が出るが大抵ウサルノフのせいである。

関連タグ

オリジナル漫画 ほのぼのダーク
あべまん

関連記事

親記事

オリジナル漫画 おりじなるまんが

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アニマル連邦」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1703494

コメント