ピクシブ百科事典

アメシスト

あめしすと

アメジストの別名。また漫画『宝石の国』の登場人物である。
目次[非表示]

同名のキャラクター

【宝石姫】アメシスト



鉱物としてのアメシスト

紫水晶アメジストの別名。紫外線に曝露すると退色する。
光沢はガラス光沢で、色は淡いライラック色から、濃紫色まで幅広い色合いがある。
酔い止めの効果があるという事で、ギリシャ語の「酔わせない」を意味する「amethustos」が由来。

日本でも採れる鉱物であり、2つの水晶が約85度(84度33分)の角度で接合しているものは、「日本式双晶」と呼ばれ、アメシストでも見られる現象である。

『宝石の国』の登場人物としてのアメシスト

硬度
担当見回り
一人称
モデルと思われる鉱石紫水晶
CV伊藤かな恵(一人二役)


見回り担当で剣の凄腕。双晶であり、二人で一つ。双晶ならではの息の合った戦い方をする。
性格は、二人とものんびりとおっとりとした天然な性格で、見回り中に蝶を発見して喜んだりと、子供のような仕草が見られる。
基本的にはいつも二人一緒に行動する。

紫色のショートヘアだが一部分だけ長く、それを三つ編みに結って頭に巻きつけている。
基本的には左目が隠れているのが「エイティ・フォー」、右目が隠れているのが「サーティ・スリー」。この呼び名は上述の日本式双晶の接合角度が元になっている。
「エイティ」「サーティ」と略して呼ぶことが多い。

素手で触りあっても双晶なので割れないが、ぶつかる音は周りにはストレスとなる。
髪型以外は顔つきや性格なども特に違いがなく、時々入れ替わってるらしいが誰も気づかない。
もはやどっちがどっちかなのかみんなも本人たちもあまり気にしてないらしい。

学校では基本的に一人一部屋だが、アメシストだけは二人一部屋で一緒に暮らしている。

関連動画



関連イラスト

双晶のアメシスト
✵Amethyst✵


エイティー・フォーサーティ・スリー
二人でも一人の



関連タグ

宝石の国 紫水晶 双子

ネタバレ注意




















新しい脚を得たフォスと試験的にコンビを組むことになる。
フォスの合金になった腕を初めて見た時、アメシストは怖がってイエローダイヤモンドの後ろに隠れていた。















以下未アニメ化範囲のネタバレ注意














第六十話にて、フォスが月行きを持ちかけた際「双晶である自分達が離された時どうなるかが怖い」「安全な場所で離れる練習がしたい」とサーティが賛同。
サーティが月に行くことになるが、眠っているように見えた(実は話を聞いていた)エイティが「あの子を月に行かせるのはかわいそうだから」と、出発直前に髪型を変えて入れ替わる。
月到着後にそれらの事実が発覚、結果、月に行ったのはエイティという形になった。
また、サーティや金剛先生から離れた影響(と本人は推測している)で「自分がしっかりしなければ」という自覚が芽生えるようになる。




二百二十年が経過した頃には、エイティは髪をワンレングスにして両目を出し、編み込みもカチューシャのような形に変化。月人の文化に適応した結果、服装がパンツルックにハイヒールとなった他、表情も朗らかになっており、内面・外面共に「双晶の片割れ」から完全に個として独立した。
月人の一人・バルバダに師事を受けながら、砂になった宝石を戻す研究を続けており(月人が無に戻り自分たちが残された時に備え、月の技術を吸収しておくという目的もある)、宝石達のまとめ役かつブレーンのような立場になるなど、かつての幼くあどけない雰囲気は消え失せ、理知的かつ穏やかなしっかり者になっている。


宝石の国ログ3
まだ見ぬあなたへ


地上に残ったサーティも、容姿こそ変わりないものの精神面では比較的独立。
この結果、互いに片割れに会うことを特別望まなくなっており(フォスに辛辣となったカンゴームとは異なり双晶としての情は持ち続けている)、11巻でエイティが「サーティを月に連れてこれる」とフォスに地上襲撃に誘われた際も、研究の必要性を優先しサーティに執着することはなかった。
また、離れていても互いの感情や心境を直感的に理解できることが語られている(曰く「なんとなく」「双晶にはわかる」)。

関連記事

親記事

宝石の国 ほうせきのくに

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アメシスト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1290225

コメント