ピクシブ百科事典

アリアバート・タイタニア

ありあばーとたいたにあ

田中芳樹の小説『TYITNIA―タイタニア』の登場人物。
目次[非表示]

cv:近藤隆

概要

タイタニア一族の宗家といえる五家族当主の一人。27歳。
ヴァルダナ帝国公爵で、軍では上将。従兄弟のジュスラン・タイタニアが「政治のジュスラン」と異名をとるのに対し、「軍事のアリアバート」との異名をとる名将である。
従弟のザーリッシュ・タイタニアと同じく軍事を担当している。

軍事においては教科書通りに補給を重視し、十分な戦力を隙なく布陣する有能な戦略家であったが、星暦446年4月、「ケルベロス星域会戦」においてファン・ヒューリック率いるエウリヤ艦隊に敗北、「敗北を許さないタイタニア」の家訓に泥を塗る結果となった。
とはいえ、敗北を教訓に代える柔軟さをもち、一点突破を旨とし硬直した戦術しかとれぬザーリッシュとは格のちがいを見せており、一族に辛い点数をつけていた従兄弟のジュスラン・タイタニアもアリアバートの器量を次期藩王にふさわしい人物と高く評価している。
乗艦は『黄金の羊(ゴールデンシープ)』
小説では、白っぽい光沢を帯びた金髪、青灰色の瞳、均整の取れた長身の美男子とされるが、彼の父親が「無名の彫刻家が富豪の令夫人に媚びて造形した顔だ」と評するほど人に強い印象を与えない無個性な美貌とされている。














ネタバレ注意













同じ月に生まれたアリアバートとジュスランは母親が姉妹同士であることから従兄弟であり、父親が同じことから異母兄弟でもあった。

関連タグ

タイタニア ジュスラン・タイタニア イドリス・タイタニア
アリアバート

pixivに投稿された作品 pixivで「アリアバート・タイタニア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 198

コメント