ピクシブ百科事典

アーサー・ダールトン

あーさーだーるとん

RPG「サガ スカーレット グレイス」「サガ スカーレット グレイス 緋色の野望」の登場人物。
目次[非表示]

概要

アーサー・ダールトンは2016年12月発売のRPG「サガ スカーレット グレイス」(スクウェア・エニックス)に登場する男性キャラクター。
4人の主人公候補のひとり、バルマンテのナビ役として活躍する。初期装備は杖(術)。他の主人公を選択した場合でも会えることがあるが、オリジナル版では仲間にはできない(2018年8月発売の緋色の野望版であればバルマンテ編以外でも仲間にできる場合がある)。
CV:KENN(緋色の野望版)

人物

ケイ州コハン城の法務書記官。
非常にノリの軽い男で、「マジ」「ヤバい」などくだけた喋り方をする。旅先で出会う女性を片っ端から口説いてまわり、各地のデートスポットにも詳しい。自称美食家。不老不死への憧れを口にする場面がある。公式攻略ガイド「緋の天啓」によれば、特技はかくれんぼ。
捨てられた赤ん坊を発見すると「見なかったことにしようか」と発言したり、ワロミル族の王エイディルに遭遇した際「没落したワロミルの王が…」と本人の目の前で言い放つなど、なかなかの毒舌家。一方、高い身分にある人物に対しては率先して丁寧な挨拶をする。
仕事柄「帝国法」に通じており、トラブルの起きた際など「これは帝国法第○条に抵触する」旨の発言をし、うまく逃れる場面がある。また、法務書記官としてコハンの裏社会に顔が利く黒い一面も。彼が連れている護衛団メンバー、アイザックいわく「色々もみ消してもらって、頭が上がらねえ」。
コハン城の執政シグフレイが、処刑後に生き返ったらしい…という噂を嗅ぎ付け、バルマンテを探求の旅に誘い出す。

仕事

処刑が行われる際、バルマンテと共に処刑台へ上る。そこでアーサーは死刑囚の罪状を述べ、死罪を宣言する役割を担っている。
それ以外の法務書記官の仕事はほとんど明らかになっていないが、バルマンテによれば「随分とヒマな職業」とのこと。
「帝国法大全」という冊子を常に携帯しているようだ。
シグフレイはかつての上司であった。

ナビ役として

バルマンテの旅立ちを促す、シグフレイ情報の提供、目的地までのルートを示すなど、ゲーム進行を助けるポジションにある。なお、同様の役割をもつキャラクターは他の主人公にもあてがわれている。
バルマンテ編は移動制限が厳しく、用のない州(進行中のシナリオに無関係かつ、まだ訪れていない州)へ向かおうとすると州境でアーサーによって阻まれる。その影響でミニイベントの進行が止まる、または完遂できない場合もある。州の移動制限は、条件を満たせばシナリオの終盤で解除される。
ちなみに、シグフレイ情報を集めるため動いているのは護衛団メンバーのパトリシアのようで、たびたび画面に登場しては情報をもたらす。

緋色の野望版

今作で追加されたアーサーイベント(バルマンテ編をクリアしている、またはゲーム開始時のアンケートでバルマンテ編をクリア済と回答した場合に発生)を5つの州でこなすと、他の主人公の場合でもアーサーが仲間に加わるようになった。

その他

アーサーのバトル参加に関する条件により、バルマンテ編のシナリオ・エンディングを左右する場合がある。この条件は公式攻略ガイド「緋の天啓」で明らかにされている。

関連タグ

サガスカーレットグレイス サガスカ バルマンテ

pixivに投稿された作品 pixivで「アーサー・ダールトン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8391

コメント