ピクシブ百科事典

イヤハヤ南友

いやはやなんとも

『イヤハヤ南友』とは、『週刊少年マガジン』(講談社)にて1974年-1976年まで連載された永井豪による漫画作品。

ストーリー

いやはて県に本拠を持つ日本でも指折りの財閥、家早(いやはや)家では親戚の南友(なんとも)を両親の海外転勤の間あずかることになった。家早さよこは同い年の親戚の男の子が気になって仕方ない。変わり者という南友はどんな男の子なのか?そうしているうちにさよこの目の前に現れたぼろぼろのコートを着た少年は飼い犬のエサを平らげる貧しい身なりの変わり者。名前を聞くと「いやはや…なんとも…」とはっきりしない。祖母の家早はやとともにさよこはこの少年こそ親戚の南友と確信し家に招き入れる。ところが彼は南友では無かった。しかし家早家の体面からまったく見ず知らずの少年を家に招きいれたことが誘拐罪にあたっては大変と、家早家の当主、吐鉄面は貧相な謎の少年を南友として10年間預かること決めた。そして彼をさよこと同じ権金学園に通わせるのであった。しかし学園は、同じ財閥の果扨家と冷戦状態にあった。あらたな火種となった南友の出現で学園は大騒動に巻き込まれる。

登場キャラクター

pixivに投稿された作品 pixivで「イヤハヤ南友」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15038

コメント