ピクシブ百科事典

イワン・フョードロヴィチ

いわんふょーどろゔぃち

柴田昌弘の漫画「紅い牙」シリーズの登場人物。ロシア人の超能力者。

概要

イワン・ナザレフ・フョードロヴィチは、柴田昌弘長編漫画シリーズ『紅い牙』の登場人物。銀髪両目隠れで、お約束だが素顔はイケメンである。
ロシアより亡命したエスパーで、PKテレポーテーションテレパシー変身能力といった強力な超能力を自在に操る、作中屈指のエスパーである。

1978年発表の『紅い牙」3作目『さよなら雪うさぎ』で初登場。当時18歳。
ブルー・ソネット』シリーズ第2部でレギュラーに復帰。同じくロシアの血をひくソネット・バージの側には付かず、最後まで主人公である小松崎蘭味方としてサポートを続けた。
ラストでランに「これからも共に闘おう」と呼び掛けたが、これを拒絶したランが1人で旅立ったため、その後イワンがどうなったかは作中では描かれていない。

ただし、かつて存在した柴田昌弘の公式サイト(※現在は削除されている)で『紅い牙』シリーズの続編構想が明かされたことがあり、この時に柴田が「ランとイワンの子供主人公の話」と話していたため、その後ランはイワンと結ばれた流れであったと思われる。

関連タグ

紅い牙 ブルー・ソネット 小松崎蘭

関連記事

親記事

紅い牙 あかいきば

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「イワン・フョードロヴィチ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5

コメント