ピクシブ百科事典

柴田昌弘

しばたまさひろ

日本の漫画家。男性作家だが、長年にわたり少女漫画誌で活動を続けていた。

三重県松阪市出身の漫画家。1949年生。
男性だが「別冊マーガレット」で少女漫画家としてデビュー。

1970年代~1980年代にかけ「マーガレット」「花とゆめ」などの少女漫画誌でSFミステリー漫画を発表し続けた異色の経歴を持つ。

華のある絵柄と力強い描線で、凛々しい少女ヒロインたちの活躍を描くSFアクションで人気を博した。

少女漫画でありながら、お色気シーンが満載なのも特徴のひとつであった。

同じく、男性ながら「マーガレット」や「花とゆめ」を中心に少女漫画を描き続けた和田慎二は1歳年下の先輩にあたり親交が深く、和田のアシスタントを務めた経験もある。和田の「超少女明日香」シリーズと、自身の「赤い牙」シリーズの合作コラボレーション)なども行ったことがある。

花とゆめ」執筆当時は、美麗な絵柄と本人の男臭い風貌のギャップネタにされ、和田ともども「イメージ崩しの男たち」などと評されることもあった(和田の絵柄は柴田と異なり少女漫画としては割と泥臭いものだったが)。

1981年の「ラブ♥シンクロイド」あたりから少年漫画に徐々にシフトし始め、その後は青年漫画に移行。

2008年、ヤングキング誌で連載していた「サライ」を最後に公式サイトを閉鎖。現在は京都精華大学マンガコースの教員を務めており、「漫画家業からは足を洗った」と発言しているため、商業漫画家としては事実上引退状態にあると言える。

代表作は上述の「紅い牙」シリーズ、「ブルー・ソネット」「フェザータッチオペレーション」「斎女伝説クラダルマ」など。

関連タグ

漫画家 少女漫画

pixivに投稿された作品 pixivで「柴田昌弘」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4420

コメント