ピクシブ百科事典

エオティタノスクス

えおてぃたのすくす

単弓類(ましてはペルム紀)最強の肉食動物

特徴

単弓類(旧称:哺乳類型爬虫類)の一種。
単弓類最強及びペルム紀最強最大の肉食動物で、剣歯がよく発達している。
ペルム紀後期のロシア及びヨーロッパに生息をしていた。「夜明けの巨大なワニ」とも呼ばれている。

折れてしまった剣歯でも13cmはあるようだ。頭骨は細長く、鼻の穴が頭蓋骨の先端にあった為、水中で過ごすことが多く、獲物を襲うときは、水中に忍びよっては、ワニのように獲物を、水中から奇襲していた。

関連タグ


ディメトロドン 単弓類 ワニ スミロドン ペルム紀 古生物

pixivに投稿された作品 pixivで「エオティタノスクス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 54

コメント