ピクシブ百科事典

エル・ドラード

えるどらーど

16世紀の西洋人によりアマゾンの奥地に存在すると考えられていた黄金郷のことである。

概要

エル・ドラド伝説の起源は、現在のコロンビアに位置するグアタビータ湖でおこなわれていた儀式に遡る。
その儀式が富を示唆するようなものだったので、いつしか、この一帯には黄金都市があるのではないか?と考えられるようになった。

エル・ドラド伝説に惹き付けられ多くの西洋人がアマゾンを訪れた。その初期には、幾人かのドイツ人探検家による探索が熱心におこなわれ、のちにはスペイン人イギリス人もエル・ドラド発見に執念を燃やした。しかし結局エル・ドラドが発見されることはなかった。

外部リンク

エル・ドラード - Wikipedia

関連記事

親記事

エルドラド えるどらど

pixivに投稿された作品 pixivで「エル・ドラード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2131

コメント