ピクシブ百科事典

オンライン飲み会

おんらいんのみかい

直接面会せずにオンライン上で開催する飲み会。
目次[非表示]

概要

直接面会せず、オンライン上で開催する飲み会
主にZoomなどのアプリを使ったビデオ通話によって行われ、 Zoom飲みという言葉で呼称される場合もある。
他にもLINESkypeなども使われ、「たくのむ」というオンライン飲み会向けのツールも作られている。

メンバーは自宅でパソコンスマートフォンをセットし、ビデオ通話アプリを起動して「集合」する。
もちろん料理は注文できないため、これらは予め自分で用意しなくてはいけないが、自分で好きなものを好きな量だけ選べるため、このような問題も避けられるというメリットもある。

日本では夜の歓談の場として、街の居酒屋で飲み会をセットするのが主流だった。しかし2020年に、コロナウィルスの世界的流行による外出自粛要請がきっかけとして、オンライン飲み会に切り替える人が続出しており、飲み会の新しいスタイルとして急速に定着しつつある。
客足が減って困っている外食産業でも、「オンライン飲み会のつまみに」と銘打ったテイクアウト商品を販売するところが出て来ている。

芸能系でも、ライブや握手会ができなくなった芸人アイドルの間でファンとのオンライン飲み会を有料イベントとして開催する向きが出ている。
水商売でもオンライン営業を始めるところが増えつつある。

メリットとデメリット

外出を必要とせず、電車やバスに乗り遅れる心配もなく、飲酒運転の危険性も無くなり、付き合いで嫌いなメニューを食べなくてもいいなど、従来の飲み会で面倒事とされた気遣いが不要となるのもオンラインのメリットである。

しかし一人暮らしの人だと止める人がいないため深酒しやすくなる、所帯持ちだと家族そっちのけでモニターに向かって飲む事で不和のタネを蒔くといったデメリットもある。
おつまみをだらだらと食べ続けることでコロナ太りの一因ともなる。
このため、ある程度終了時間を決めておいたり休肝日をちゃんと作るなど、自制も大事である。

また、親しい者同志ならともかく、職場の上司などに付き合わされる”飲みニケーション”に応用(悪用?)された日には、「上司に散らかった自室やだらしない部屋着を注意される」「”ラストオーダー”による強制終了もないまま、延々とお説教タイム」「奢ってもらえるわけもなく、飲み代も全部自前」と、地獄の展開と悲惨な結末に陥りかねない。雰囲気の良い職場でない限り、全力でお断りするのが吉だろう。


関連項目

飲み会 Zoom飲み COVID-19
ビデオ通話 Skype Zoom

関連記事

親記事

飲み会 のみかい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「オンライン飲み会」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9644

コメント