2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

漢字伝来以前にも日本文字があったとして創作されたもの(神代文字)の一つ。
カタカムナ文献はこの文字で記述されている。カタカムナ文献以外で使用されていた形跡などがないことから、楢崎皐月による創作とみられる。

正式名称「化美津文字(かみつもじ)」、別名「八鏡文字(はっきょうもじ)」。
で構成される極めて記号的な文字。元ネタはハングルだろうか。

五十音に相当する文字以外の文字も幾つか存在する。数字の1~10に相当する字、「ヤタノカカミ」「フトマニ」「ミクマリ」と呼ばれる図章がそれらである。

漢字伝来以前の日本語の発音体系がどうなってたかはいまだ決着がついていないが、日本語史から推測すれば、時代をさかのぼるほど発音体系が複雑になっているため、漢字伝来以前は万葉集などで明らかになっている上代日本語よりもさらに複雑であったと考える見方が一般的である。
しかしこれは創作文字の例によって、上代特殊仮名遣いにすら対応していない。上代日本語に有ったという、ア行エとヤ行エの区別と、甲類乙類の区別すら無い点がよく突っ込まれる。

文章は、縦書きでも横書きでも無く、渦巻状に書く。また、二文字あるいは三文字を重ねて新しい字形を作る。

関連イラスト

カタカムナ文字フォント



関連タグ

文字 カタカナ 片仮名 神代文字 オカルト 超古代文明

外部リンク

カタカムナ文献 - Wikipedia
神代文字総覧
カタカムナ文字のフォント - vector

関連記事

親記事

文字 もじ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13135

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました