ピクシブ百科事典

カノイール・ククルル・プリシェール

かのいーるくくるるぷりしぇーる

カノイール・ククルル・プリシェールとは、ゲーム「シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~」に登場するキャラクターのことである。

概要

CV:井ノ上奈々
Vo:城南海(シェルノサージュ)、ORIGA(アルノサージュ)

惑星ラシェーラの地文(帝立ジェノメトリクス同調調停院)派の皇女。愛称は「カノン」。
地文大司教でもあり大司教としての名は『カノイール・シェルシュ・オ・ドムネク・ジェノメトリカ』。
ジェノムの王コーザルと同調している。(コーザルは本来は皇帝のみが同調できるジェノムである)
地文派始まって以来ともいわれる天才で冷静沈着で生真面目であまり融通の利かない性格をしている。
自分より上の存在が政策を決定していた故か自分の頭で考えるのが不得手のようで、他人の意見を丸呑みしてしまう事もある。
高い理想とそれでなお現実を知る努力家。やや潔癖なきらいがあり人の醜い心に過剰に反応してしまう。
小鳥が大好きな一面もあるが指導者としてあまりその一面を見せないようにしている。
また、小さいときはパティシエが夢で、雑誌のコンテストに偽名で応募して優勝している。
二の腕内側に「229」という数字とジェノミライ研究所のロゴが刻まれている。
ちなみにポニーテールはエクステとなっており、変装の際には外して印象を変えている。

本当の名は「花音」。カノイールはジェノムの言葉に置き換えた名前である。
かつては万寿沙羅に住んでいたがウェーブバーストにより住む場所と家族を失った孤児の一人で、体組織サンプルから適合の可能性があるとしてクラケット博士に引き取られ、ジェノムの王コーザルとの面会後に(旧)ジェノミライ研究所に連れて行かれた。
ジェノミライプロジェクトの一環としてネロの遺伝子と人間をジェノム化するgRNAウイルスα(ジェノマイズRNA)のマイナーバージョン229を投与された229(ドゥドゥ・ノエチウム)番目の被験者であり、ただ一人適応した生存者でもある。
投与された薬の影響で半ジェノム化し、ジェノムなどと心を通わせやすくなり、強い詩魔法の行使も可能となったが、その一方で不完全な代物であった為に本来起こりえない際限のない同調によるリスクも生じており、詩魔法の使いすぎによる高い発熱、疲労により倒れてしまうといったことが起きており、最悪の場合は肉体の限界を超えた影響で高熱により肉体が壊死してしまう可能性を抱えていた。
また、ネロの遺伝子を投与されたことでネロとの完全な同調が可能となっている。
旧ジェノミライ研究所はネロとのファーストハーモニクス実験の際に未知のウィルスが発生したことにより6割の職員が感染、除染は成功するもののプロジェクトは中止、研究所は封鎖された。
研究を継続したいウンドゥによりカノンは地文の修道院へと引き渡されたが、過去の記憶は失われており、カノンの存在はコーザルにとっても都合が良いことから真実を知らせることはなかった。

アルノサージュでは神の代理人、菩提明王カノイールとしてシャラノイアのシャールを統率している。
過去(シェルノサージュのユメセカイの終盤)に肉体を失っていたが、ジルによりジェノムの王コーザルの魂をその身に宿してシャールの肉体を得た。

コーザル復活後は天領沙羅にてちゅちゅ屋をイオンと共同経営している。
ラシェーラで大人気の謎の生き物のゆるキャラにゅろきー』に対抗して、スズメのような小鳥のゆるキャラ『ちゅんぴ』を製作して布教している。
ネロによると未来では喫茶店も経営している模様。

関連タグ

シェルノサージュ
アルノサージュ

pixivに投稿された作品 pixivで「カノイール・ククルル・プリシェール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23990

コメント