2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

テレフンケン

てれふんけん

ドイツの通信・電子機器のブランド。または『シェルノサージュ 失われた星へ捧ぐ詩』のキャラクター。
目次[非表示]

曖昧さ回避


実在の『テレフンケン』

かつて存在したドイツの通信・電子機器の会社。
ニキシー管レーダーフリッツXの誘導装置などの開発で知られた。
現在もマイクロフォン真空管ヘッドフォンケーブル等のブランドとして商標が使用されている。

1903年5月27日、『シーメンス』と『AEG』が無線技術の為、ベルリンドイツ帝国)で合弁会社として設立した。
1936年、ベルリンオリンピックの記録のためテレフンケン社の円盤録音機が使用された。
1941年、『AEG』が『シーメンス』の出資分を買い取り子会社とした。
1965年、世界初となる光ファイバーによるデータ転送システムのデモンストレーションがテレフンケン研究所で行われた。
1967年、『AEG』と合併して『AEG-テレフンケン』となる。PAL方式カラーテレビを開発。
1985年、『AEG-テレフンケン』が『ダイムラー』に買収され、社名から「テレフンケン」は消えた。

『シェルノサージュ』のキャラクター

CV:阿久津加菜

メイン画像左上の生物。
名前の由来は電子機器ブランドのテレフンケン。
空想生物型(ドラゴン)のジェノムで、人の肩に乗るほどの大きさ。
イオナサル・ククルル・プリシェールが万寿沙羅で初めて出会ったジェノム
ジェノムとしての能力は低く、チェインによる増幅を行わない限りはあまり強力な詩魔法を使うことはできない

空想生物型のジェノムは食事による栄養摂取はできず、生命エネルギーを完全に契約者に依存するため、前の契約者を失い弱っていたところをイオンに助けられ同調した。
ファーストハーモニクスの際に名を聞きそびれたイオンに名付けられた。


以後行動を共にしており、普段イオンからはテレくんと呼ばれている。

続編のアルノサージュには直接登場しないが彼の存在が後のアルトネリコシリーズにも深く影響していくことになる。

関連タグ

シェルノサージュ ドラゴン イオナサル・ククルル・プリシェール マスコット
アヤタネ

関連記事

親記事

シェルノサージュ しぇるのさーじゅ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16831

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました