ピクシブ百科事典

カボチャとニシンのパイが嫌いな少女

あたしこのぱいきらいなのよね

あたし、このパイ嫌いなのよね(画面右側の赤い服のキャラ)
目次[非表示]

CV:鍵本景子

何か概要?

魔女の宅急便』の登場人物。
オリキャラかつモブキャラではあるが、本作を語るうえでは良くも悪くも欠かせない存在である。

老婦人とその家政婦であるバーサと共に石窯で焼いたカボチャとニシンのパイを豪雨の中なんとか届け先の孫娘の家に持ってきたキキだが、孫娘はキキの眼前で「あたし、このパイ嫌いなのよね」と言い放ち、特に礼のないまま家の扉を閉めてしまう。

更にトンボと共に向かった海岸で語らっている最中、車でやってきた彼の友達の中にも彼女がおり、水を差されて不機嫌になったキキは帰ってしまい、その直後、魔法の力を失ってしまうことになる。

このようにキキに対してはネガティヴな影響ばかり与えたせいかジジ(と多くの視聴者)はあまりいい印象を抱いていない。

とはいえ、彼女自身はキキを見下したり嫌っているわけでもなく、断っているのにしつこく同じ料理を送ってくる祖母に辟易しているという事情もあるので、彼女だけが悪いというわけでもない。キキが祖母と共に料理していたこともつゆ知らないし、上の言葉もキキにあてつけるように言ったわけでなく単なる愚痴めいた独り言である。

性根まで嫌なこと言うわけではなく、飛行船事故のシーンでは友達と一緒にキキを応援しているし、エンディングではキキと人力飛行機で飛ぶトンボを応援している。

まあ、トリビアじゃない

一連のやり取りについてだが、宮崎駿監督は『キキの認識が甘かった』と見解を示している。
これは、キキは「お金をもらって仕事をしているだけ」に過ぎず、少女からしてみればキキは「宅急便の人」それ以上それ以下でもなく、少女がキキを気遣わなくてはならない義務はない。つまり、キキが落ち込んだのは『荷物を運んだら感謝されるのが当たり前』と言う認識だったキキが自分の甘さを思い知った、その苦い経験を活かしてキキは成長していくという見解だそうな。

そもそも、人間誰しも気づかぬ内に他人に不快な思いをさせてしまうことがあるかもしれない。
顧客が配達員や店員などに親切に気遣うことはそうそうなく、気遣わなくてはならない義務はない、にも関わらずそれを棚に挙げて少女を批判してしまう、という所が「このシーンの一番辛い所」と宮崎監督は指摘している。

お婆ちゃんからまた余談が来たのー

ネット上では実際にカボチャとニシンのパイを作ってみた人も多い。
使われている魚は様々でムニエルだったり、甘露煮だったりと人によって様々だがニシンがスーパーに並ぶことがそうそうないためか、大抵は他の白身魚で代用されている。
ほとんどはホワイトソースも使われているが、肝心の公式設定ではそれが使われているのか不明。
そもそも本作の舞台は「架空のヨーロッパ」であって現実のヨーロッパではなく、作中のパイも特に実在のレシピに基づいたものというわけではない。

元ネタは恐らくイギリスの伝統料理『スターゲイジーパイ』と思われる。詳細はリンク先を参照に。

あたし、この関連タグ嫌いなのよね。

魔女の宅急便
カボチャ ニシン パイ

関連記事

親記事

魔女の宅急便 まじょのたっきゅうびん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「カボチャとニシンのパイが嫌いな少女」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 38591

コメント