ピクシブ百科事典

クイックディスク

くいっくでぃすく

かつて提唱されていた磁気ディスク記録媒体の一つ。アナログレコードのような渦巻状の単一のトラックを持ち、シーケンシャルアクセスのみが可能となっている。ファミリーコンピュータ・ディスクシステムのメディアに採用されていた。

クイックディスク(Quick Disk、QD)とは、磁気ディスク記録媒体の一つである。

概要

1984年、ミツミ電機マクセルによって発表。磁気ディスク記録媒体である。

フロッピーディスクハードディスクなどのディスク型記録媒体は、基本的にディスク上に同心円状のトラックを持ち、任意の場所に瞬時にアクセスすることが可能となっている(ランダムアクセス)。この仕組は必要なデータに短時間でアクセスするために必要不可欠であり、現代では半ば常識となっているが、このために必要な機械制御技術は当初とても高度なものであり、ドライブの高価格化を招いていた。
クイックディスクはこの問題に対する回答として作られたものである。クイックディスクの盤面には、螺旋状のトラックが設定されている(アナログレコードの盤面を想像していただければイメージしやすかろう)。アクセスはシーケンシャルアクセスに限定され、ディスクの頭から最後までを一度に読み書きする形となっていた。これによりシークに関わる高度な機械制御が不要となり、ドライブの価格を大きく引き下げることが出来た。
このため、クイックディスクドライブには必ず接続インターフェース部にRAMを載せている。ディスクから読みだしたデータを一時的に転送することで疑似的にランダムアクセスを実現しており、これが「クイック」たる由縁である。

  • なお、CD-ROMはクイックディスクと同じように渦巻き型トラックである。これは、母体となるレーザーディスクが開発された際、レコード同様の運用を前提としたためである。

クイックディスクは、主にアクセス速度を然程要求されない分野の機材や、特にドライブが低価格であることが重要である分野に採用された。最も有名な採用例は、任天堂ファミリーコンピュータディスクシステムとしての採用である。模造防止のための形状変更などは行われているものの、ディスクシステムで使用されるドライブやメディアは完全にクイックディスクであり、当時のハッキング系技術誌では手操作でクイックディスクをディスクシステム用メディアに改造する手法が紹介されていた例もあったという。

上記説明を見ても分かる通り、クイックディスクはドライブ機材が高価になる時期をターゲットとしたニッチ需要であった。このため技術革新が進み、現実的な価格でフロッピーディスクドライブが搭載できるようになると、アクセス時間が長い上に容量も小さい(両面使用しても128kバイト)クイックディスクは存在意義を失い、製品展開は終了した。任天堂によるディスクシステムのソフトウェア提供・ハードウェア保守も既に終了している。

外部リンク

クイックディスク - Wikipedia
QUICK DISK DRIVE QD-7について

pixivに投稿された作品 pixivで「クイックディスク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 183

コメント