ピクシブ百科事典

目次[非表示]

―――私もそれ。―――チキンカレー。 CV:大西沙織

概要

 かつて異形の怪物『万色の混沌』を滅ぼした異世界の神々・六柱のうちの一柱。
真の姿は数万年以上の齢を経た漆黒の巨竜。闇の属性を司る。
共に戦った『赤』(赤の女王)とは三万年以上前からの友人。

 ある時、自らの縄張りに『扉』が現れたのを転機に異世界食堂『洋食のねこや』へ赴き、アルフォンスが試食していた激辛チキンカレーを見て同じ物を注文。その味の虜となる。

仮初めの姿

 初めて見た人型の生物『エルフ』を参考に、長い黒髪と月色の瞳、尖った耳の美しい少女の姿へと変身する。
ねこやに初めて訪れた時には髪でギリギリ身体を隠している全裸で登場。
店主の指摘を受け、アレッタの服装を元にした黒基調のウェイトレス服を一瞬で纏い、その場に居合わせた者達を驚かせた。


能力

 六柱の神々の中では最弱だが、力の扱い方は最も巧み(Web版より)異世界に住まう者達からすれば、遥か高みに位置する存在。
 その身に内包する死の力により(己の意思とは関係なく)生物の命を奪ってしまうのを厭い、『万色の混沌』に勝利した後は、空の果てにある欠けた天体(異世界の月)を縄張りとし、孤独の中で取り留めのない思考を続けていた。
魔術を身につけ、死の力を抑えられるようになったのは(彼女にとって)僅か千数百年前のこと。

仮初めの姿の時に身に着ける服は空気中の塵や自分の髪の毛など、ほぼ無に近いものを媒体に錬成出来る。

 ねこやでは力を極限まで小さく抑えているが、邪神殺しの四英雄クラスの実力者にはその計り知れない力の一端を見抜かれた。
大賢者アルトリウスは「赤の女王と同類か」と推測して静観を決め込み、
ハーフエルフの剣聖アレクサンデルですら顔を青ざめさせて「あれは手を出しちゃヤバイものだ」と呟いている。

基本的に会話は肉声を発さず、テレパシーで思考を直接脳裏に送りこむ。

各メディアでの違い

 Web小説版では常連客の一人。
書籍版・アニメ版ではアレッタと共に『洋食のねこや』のウェイトレスになる。
アニメでは店主に対して仄かな想いを抱いている描写があるが、とりあえずは色気より食い気が優先である模様。
また店主やアレッタなど、信頼した相手には肉声で会話するようになっている。

関連タグ

異世界食堂 店主(異世界食堂) アレッタ 赤の女王

関連リンク

異世界食堂 - 異世界食堂 - カレーライスふたたび - 小説家になろう

pixivに投稿された作品 pixivで「クロ(異世界食堂)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12721

コメント