ピクシブ百科事典

サンドイッチ事件

さんどいっちじけん

サンドイッチ事件とは 「異世界食堂」で起きた出来事である。

【サンドイッチにする時、挟む具は何がよいか?】


      ということから始まったもの。



メンチカツを推すサラ・ゴールドエビフライを推すハインリヒ・ゼーレマンがサンドイッチにした時の食感やソースの美味しさを熱く議論を交わす。 しかし、それを聴いたアルトリウスタツゴロウは 『語らうのは料理を美味しくするスパイスにはなるが、度が過ぎると料理の美味しさを損なう』と注意をすると 彼女らは『お互いに好みというものがあるのだから、自身の価値観を押し付けてしまうのはいけないことだった』と深く反省をする。

が、それに感化されたのか 彼らにも火が点き議論を始めてしまう。 照り焼きチキンを推すタツゴロウとロースカツを推すアルトリウスは、【パンとの相性を考えた時どちらがいいか?】というもので熱く議論を交わす。 こちらは『いつ白米からパンに乗り換えた?』とか『普段、米とかパンとか食べないのに・・・』などの口論も交える


このサンドイッチ議論は来店していた色んな客に飛び火していき

アーデルハイド皇女は「フルーツサンド」を挙げ 『使用するクリームはホイップクリームがいい』と語る。 それを聴いたヴィクトリア・サマナークは『カスタードクリームの方がコクが出て美味しい』と議論を交わす。


短くも激しい議論の末、全員が『お互いの一押し品を食べてみよう!』と答えが出たため なんとか丸く収まった。

コメント