ピクシブ百科事典

アーデルハイド皇女

あーでるはいどおうじょ

『異世界食堂』の登場人物
目次[非表示]

※記事タイトルが「アーデルハイド」では表記揺れがあるため便宜上「皇女」を付けている。

CV:上田麗奈

概要

帝国の皇女。

4歳の頃アーデルハイドは戦の準備の真っ最中、たった1人で離宮に預けられ独りぼっちだった時、帝国の初代皇帝であった、祖父ヴィルヘイム(CV:中博史 )に連れられ、異世界食堂「ねこや」に来たことがある。
その時、先代店主に頼まれ現店主が作ったチョコレートパフェを食し、『雲を食べた』ことをおぼろげに覚えていた。

その後祖父が急逝、16歳になって『貧民殺し』と呼ばれる肺の病にかかり離宮で療養していたところ、寝室に扉が現れ、そこから常連となる。
持ち帰りは生クリームのフルーツサンド。

おっとりとした喋り方が特徴。
原作のWeb小説版のセリフは伸ばし棒のない表記になっている。
(フルーツサンド→フルウツサンド。ラナー→ラナアさん etc)

因みに名前はヴィルヘイムの母(曾祖母)である「帝母」アーデルハイドからとられた。
また祖父の死後に弟妹達が生まれている。

砂の国の王子、シャリーフから思いを寄せられているが、彼の奥手さから関係はなかなか進展しない模様。


外部リンク

異世界食堂 - チョコレートパフェ - 小説家になろう

関連タグ

人名一覧 欧州人名の一覧 外国人名
アーデルハイトハイジアディ:別名

pixivに投稿された作品 pixivで「アーデルハイド皇女」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4339

コメント