ピクシブ百科事典

アーデルハイド皇女

あーでるはいどおうじょ

『異世界食堂』の登場人物 ※記事タイトルが「アーデルハイド」では表記揺れがあるため便宜上「皇女」を付けている。
目次[非表示]

「それでしたら…その…『雲』を食べたいのですが…」
CV:上田麗奈

概要

帝国の皇女。長いストレートの銀髪に真っ赤なオフショルダードレス姿の美しい姫君。

初めて異世界食堂「ねこや」に訪れたのは4歳の頃。
迫りくる戦乱から逃れるため、父母と離れて一人寂しい想いをしていたアーデルハイドを見かねた祖父ヴィルヘイム(CV:中博史 )が「秘密の扉」へ連れていったのがきっかけ。

当時「ねこや」を経営していた先代店主に任され、店の手伝いをしていた彼の孫が作った『冷たくて甘い雲』を食べたことをおぼろげに覚えていた。
その後、祖父が急逝。「秘密の扉」は夢の中の出来事として記憶の底に封じられる。

16歳になって『貧民殺し』と呼ばれる肺の病に罹患する。
幼少期と同じくヴィルヘイム離宮で療養していたところ、寝室に「扉」が現れ、現店主と再会。
「雲を食べたい」という言葉で全てを察した店主が、当時と同じくチョコレートパフェを供し、その味に感動したアーデルハイドは改めて「ねこや」の常連となる。

持ち帰りは生クリームのフルーツサンド。小説版ではシュークリームも。

ちなみに名前はヴィルヘイムの母(曾祖母)である「帝母」アーデルハイドからとられた。
また、祖父の死後に弟妹達が生まれている。

おっとりとした喋り方が特徴。
小説版(Web・書籍共)のセリフは、基本的に伸ばし棒のない表記になっている。
(フルーツサンド→フルウツサンド。カスタード→カスタアド etc)

交友関係

下級貴族出身のメイド、ハンナ(CV:和久井優)が側仕えとして身の回りの世話を行う。
『貧民殺し』の感染を恐れたハンナから距離を置かれた事に一時は傷ついたものの、アーデルハイドが異世界食堂に通って元気を取り戻してからの関係は良好。

公国の魔女姫、ヴィクトリアとはフルーツサンドの食べ比べを通じて交友関係となる。

砂の国の王子、シャリーフ(CV:田丸篤志)からは「麗しの君」と想いを寄せられているが、彼の奥手さから恐らくアーデルハイド本人には伝わっていない。
シャリーフの腹違いの妹、ラナー(CV:下地紫野)がキューピッド役を買って出ているものの、なかなか関係は進展しない模様。


外部リンク

異世界食堂 - チョコレートパフェ - 小説家になろう
異世界食堂 - シュークリーム - 小説家になろう

関連タグ

異世界食堂
人名一覧 欧州人名の一覧 外国人名
アーデルハイトハイジアディ:別名

pixivに投稿された作品 pixivで「アーデルハイド皇女」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6402

コメント