ピクシブ百科事典

ゲオルク・ティーレ

げおるくてぃーれ

第二次世界大戦期のドイツ海軍の駆逐艦。

Z2駆逐艦「ゲオルク・ティーレ」

ドイツ海軍の「Z1型駆逐艦」の2番艦。
艦名に由来は、第一次世界大戦にてイギリス海軍との戦いでレーベレヒト・マース少将と共に戦死した、ゲオルク・ティーレにちなむ。

ドイッチュ・ヴェルケ社にて、1934年10月25日に起工された。それから、1935年8月18日進水、1937年2月27日就役となった。

1939年8月、バルト海で水雷艇ティーガーと衝突し損傷した駆逐艦マックス・シュルツを曳船に引き継ぐまで曳航した。1940年4月、ノルウェー攻略戦(ヴェーゼル演習作戦)に参加し、ナルヴィク攻略に従事となった。4月9日、侵攻部隊はオフォトフィヨルドに進入する。ゲオルク・ティーレと駆逐艦ヴィルヘルム・ハイドカンプ、ベルント・フォン・アルニムの3隻がナルヴィクの占領に向かい、その際ノルウェーの海防戦艦2隻を撃沈した。

4月13日、戦艦ウォースパイトを中心とするイギリス艦隊が再びフィヨルドに進入し、第2次ナルヴィク海戦が発生した。ゲオルク・ティーレは雷撃で駆逐艦エスキモーを大破させたが、最後は陸に乗り上げて全損となる壮絶な結末となった。

関連タグ

駆逐艦 ドイツ海軍 Z2

Z1 Z3 レーベレヒト・マース マックス・シュルツ

pixivに投稿された作品 pixivで「ゲオルク・ティーレ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1073

コメント