ピクシブ百科事典

ゲシュペンスト・タイプS

げしゅぺんすとたいぷえす

ゲシュペンスト・タイプSとは、スーパーロボット大戦シリーズに登場するリアルロボット(パーソナルトルーパー)である。
目次[非表示]

概要

ゲシュペンストの第2号機。
初登場作品である第4次スーパーロボット大戦ではスーパー系主人公の前半搭乗機となるが、グルンガストの試作機として開発されているため、パーソナルトルーパーには分類されていない。
装甲が頑丈で、近距離用の大火力武器「スマッシュビーム(後にブラスターキャノンと改称)」を装備している。
スーパーロボット大戦OGではパーソナルトルーパーとして分類されている。ただし、グルンガスト系列のプロトタイプと言うこともあり、試作型のジェネレータの出力は不安定ながらも特機クラスを有する。
エアロゲイターに回収され、アタッド・シャムランによって改造手術を受けたカーウァイ・ラウことガルイン・メハベルが搭乗し戦線に投入されるが、ハガネヒリュウ隊との戦いで撃破された。

後に「ゲシュペンスト・ハーケン」の開発ベースとなるが、その際に本機が再ロールアウトされたかについては詳細不明。
メカニックデザインは大河原邦男

スペック

分類:試作型パーソナルトルーパー
型式番号:PTX-002(OGシリーズ)
全高:21.2m
重量:72.4t(旧シリーズ)、78.5t(OG)
動力:プラズマ・ジェネレーター
基本OS:TC-OS
防御装備:対ビームコーティング(第4次/S)、グラビティ・ウォール(OG)
所属:地球連邦軍エアロゲイター

武装

スプリットミサイル
プラズマカッター
以上の武装はタイプRと同じ。

スマッシュビーム(第4次/Sのみ)/ブラスターキャノン
胸部のシャッターを左右に開き発射するビーム。

M950マシンガン(ガルイン機)

プラズマ・スライサー(Record of ATX)
エネルギーをまとった手刀。
元はヒーロー戦記で使用されたプラズマカッター(手刀)。

必殺技

必殺!ゲシュペンストパンチ(F/完結編)
究極!ゲシュペンストキック(F/完結編)

関連タグ

スーパーロボット大戦 第4次スーパーロボット大戦 スーパーロボット大戦OG
パーソナルトルーパー ゲシュペンスト ゲシュペンスト・ハーケン
ガルイン・メハベル

pixivに投稿された作品 pixivで「ゲシュペンスト・タイプS」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3059

コメント