ピクシブ百科事典

コエルルス

こえるるす

ジュラ紀後期の北アメリカに生息した小型の肉食恐竜(メイン画像右上のオレンジ色の恐竜)。

概要

全長約2m、体重15kgほどの小型の肉食恐竜である。
名前の由来は「中空の尾」から来ている。
コエルルスのの高さは、成長した大人人間と同じくらいであった。これは大きいようにも思われるが、恐竜の基準からすると小さな部類に入るものである。体のサイズは小さかったが、この恐竜も狩りを行なった。奇妙に湾曲したには、鋭いが備わっていた。手首関節鳥類の手首関節に似ていたが、指は非常に柔軟性があった。モリソン層から発見された小型の獣脚類には、コエルルスとオルニトレステス、そしてタニコラグレウスがいるが、これらは研究者によって何度も間違えられてきた。この三つの恐竜の違いをあげるとすれば、まず、コエルルスはオルニトレステスよりも尻尾が長く、四肢がほっそりとしていた。コエルルスとタニコラグレウスはもっと似ているが、細かい部分で違いがあった。それは前足大腿骨の形状などである。

関連タグ

獣脚類 ティラノサウルス上科 オルニトレステス

pixivに投稿された作品 pixivで「コエルルス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6

コメント