ピクシブ百科事典

オルニトレステス

おるにとれすてす

中生代ジュラ紀後期の北アメリカに棲息していた小型の肉食恐竜。

概要

全長約2m、体重12~20kgほどのコエルロサウルス類で、ジュラ紀後期のアメリカの小型肉食恐竜では最も代表的な種類。

名前は「鳥泥棒」を意味するが、これは同時期に始祖鳥が棲息していたことから、現在のキツネヤマネコが鳥を捕食するように、本種が始祖鳥を捕食していたのではと推測されたからである。しかし現在まで、始祖鳥の化石はドイツなどヨーロッパの一部でしか見つからず、アメリカ産のオルニトレステスと共存していた証拠は発見されていない。そのため現在では、オルニトレステスは初期の哺乳類や昆虫といった小動物、大型肉食恐竜の食べ残しや死骸、他の恐竜の卵や雛などを餌としていたと考えられている。

化石では殆ど欠けているが、頭骨は小さく、軽量な構造をしていた。は長く、これで走る時のバランスを取っていたようである。長いを持つ前足は、物を掴むことが出来たと思われる。
また、かつてはメイン画像のようにの上に鶏冠があったと考えられていたが、近年の研究でこれは化石化の段階で鼻骨が折れて変形したものを誤認した可能性が示唆されており、実際は一般的な小型獣脚類と大差ない顔つきだったと推測されている。

関連タグ

恐竜 獣脚類 コエルロサウルス類

関連記事

親記事

コエルロサウルス類 こえるろさうるするい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「オルニトレステス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1352

コメント