ピクシブ百科事典

コキ100系

こきひゃっけい

コキ100系とは、JR貨物の主力コンテナ車である。
目次[非表示]

日本国有鉄道が分割民営化され、1987年に発足したJR貨物が、貨物列車高速化の切り札として開発・製造しているのがコキ100系である。最高速度110km/hで走行可能なコンテナ車。登場以来改良を繰り返し量産されており、現在は「コキ107形」を量産中。

形式別

コキ100形・コキ101形

1987年のJR貨物発足後すぐに登場したグループ。4両ユニット。

コキ102形・コキ103形

コキ100形・コキ101形の小改良型。4両ユニット。

コキ104形

コキ5500コキ10000の後継として1989年~1996年にかけて登場。1両単位できめ細かく組成が可能になったことからか、総勢2948両が製造された。

コキ105形

ユニット方式車両の運用効率化のため登場。80両のみ製造の少数派。2両ユニット。

コキ106形

1997年から2007年までに1162両が製造された。海上コンテナの積載に対応した車両として開発された。

コキ110形

15ftコンテナの積載対応車として5両のみ製造された。

コキ107形

コキ50000の後継として2006年に試作車が完成、2008年から量産が始まった。

関連項目

コキ200 コキ73 コンテナ車 貨車 JR貨物

pixivに投稿された作品 pixivで「コキ100系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 141

コメント