ピクシブ百科事典

コラ1

こらいち

コラ1とは国鉄が運用したコンテナ車である。

概要

 コラ1は国鉄が1962年度に製作したコンテナ車である。本土の支線区においてコンテナ輸送を行うために開発された。それまでコンテナ車はボギー車のコキ5500で運用されていたが、ボギー車では製作費が割高になること、支線区の輸送量では二軸車で十分と判断し製作された。汽車製造で55両が製作され、当初はチラ1と呼称したがコンテナ車の種別制定に伴いコラ1に改称された。

 構造
    11 ftコンテナを3個積めるように設計された。全長10,180mm、全幅2,530mm、全高1,379mm、軸距5,750mmであり、日本の二軸車では最長となった。

 運用
    本形式は急行貨物列車で運用された。12 ftコンテナが登場すると車体中央に1個しか積載出来なくなったが、末期は北海道でコム1を置きかえる形で運用され、1983年度までに廃車された。

関連項目

 鉄道 貨車 コンテナ車

pixivに投稿された作品 pixivで「コラ1」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 68

コメント