ピクシブ百科事典

コワルスキー

こわるすきー

ポーランド人、もしくはポーランド系に多い名前。
目次[非表示]

概要

 コワルスキー(ポーランド語では「コヴァルスキ〔kɔˈvalskʲi〕」、女性形はコヴァルスカ)は、ポーランドではノヴァクNowak)に次ぎ、2番目に最も多い苗字(2009年時点では、14万471人。2015年には、およそ17万8000人)。関連する苗字は、ロシアウクライナベラルーシにも存在する。「ヤン・コヴァルスキ」は、ポーランドではしばしば仮名として使われ、英語圏における「ジョン・スミス」にほぼ等しい(より正確には、「ジョン・スミスソン」)。

  1. ポーランド系カナダ人プロレスラー キラー・コワルスキー
  2. ポーランド生まれの美術家、建築家 ピオトル・コワルスキー
  3. ザ・ペンギンズfromマダガスカルのキャラクター

起源と意味

 「~スキ」の語尾を持つポーランド人の苗字の多くは、地名に由来する貴族の家名である。コヴァーレKowale)、もしくはコヴァルスキエKowalskie)は、「鍛冶屋」を意味するポーランド語kowalから派生する(Aleksandra Cieślikowa, Maria Malec, Kazimierz Rymut: Słownik etymologiczno-motywacyjny staropolskich nazw osobowych, Cz. 3, Odmiejscowe nazwy osobowe, Akademia Nauk. Instytut Języka Polskiego, S. 85.)。
 そのような地名はありふれていて、その家名から特定の地名を想起することはできない。家名は多くの場所で平行して形作られている。一つのヒントとして、同じ名前を持つ10個以上の貴族の姓が、異なる家紋を帯びているという事実が指摘できる(Tadeusz Gajl: Herbarz polski od średniowiecza do XX wieku : ponad 4500 herbów szlacheckich 37 tysięcy nazwisk 55 tysięcy rodów. L&L, 2007, ISBN 978-83-60597-10-1, S. 458.)。形容詞の語尾「スキ」は、こういった場合、一方では領主の出自を、また一方ではその領地の所属を表している。
 コヴァルスキの女性形はコヴァルスカKowalska)で、複数形はコヴァルスツィKowalscy)。類型としては、コヴァルチクKowalczyk)、コヴァレヴィチKowalewicz)、コヴァレフスキKowalewski)。
 19世紀中盤から20世紀初頭まで、およそ20万から30万人のドイツへの移住の結果、特にノルトライン=ヴェストファーレン、ルール地区、ベルリン地域では、ポーランド系の家名が見いだされ、その綴りは、オルウォフスキOrłowski)がオルロフスキーOrlowski)に、シマンスキSzymański)がシマンスキーSchimanski)に、シマニエツSzymaniec)がシマニーツSchymanietz)に、コズウォフスキKozłowski)がコズロフスキーKoslowski)といった形で、しばしばドイツ語化している。
 ドイツの人口のおよそ13パーセントが、ポーランドの起源をもつ名を持っている。コヴァルスキーは、ドイツの家名では第876位になっている。

類例

言語男性形女性形
ポーランド語KowalskiKowalska
ベラルーシ語КавальскіКавальская
ロシア語КовальскийКовальская
ウクライナ語КовальськийКовальська

pixivに投稿された作品 pixivで「コワルスキー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 202955

コメント