ピクシブ百科事典

コーラリアン

こーらりあん

交響詩篇エウレカセブンに登場する謎の生物のこと。

概要

初登場時は球状の雲の塊のような姿であり、明確な存在として登場したときは曲線軟体なデザインを有した大量の怪獣として人類を襲った。そしてその真の姿は珊瑚のようなものである(漫画版では珊瑚から進化したような存在であることが示唆されている)。

その本質は同化を唯一の繁殖・コミュニケーション手段とした地球外生命体であり、遥か昔に地球に飛来してこれを取り込み、作中で主人公たちが活躍する大地を地球の表面に新たに形成した。
本来は低い知能しか有していなかったが、人類と融合することにより高い知能を獲得し、人類に興味を抱いためにさらなる同化を推し進める。だが人類からはそれは侵略にしか見えず、結果的に人類を地球から追い出してしまうことになってしまった。その後、偶然にも地球と同化した自身の元に新惑星だと勘違いして帰ってきた人類を受け入れ、今度は人類を同化以外で理解・コミュニケーションをとろうと模索する。作中ではコーラリアンは隣人がほしかったのだと語られている。
その結果、完全な人の外見を有したコーラリアン(エウレカ、アネモネなど)を作りだし、同時にその試作でありKLFの素体ともなった大量のアーキタイプを人類社会に解き放ち、人類と共存させることで人類理解に努めた。作中の主人公レントンと接触した際の不思議な体験にその試行錯誤の様が伺える。
そして物語終盤においてエルレカが指令クラスターと呼ばれるコーラリアンのコアと接触することで人類を理解し和解する。だが同時にコーラリアンを敵視するように扇動された軍部によってコアが破壊され、統率を失ったコーラリアンが暴走しようとしたところを主人公たち代わりのコアを手に入れたことで沈静化、人類との共存歩調をとってゆく。

ちなみに作品媒体によってその出自、形態などが違い、共通する点としては人類を理解しようとしている点だけである。
また基本的に人類に対して害意はないのだが、作中では深刻なダメージを与える攻撃を受けたことで抗体コーラリアンとよばれる白血球のようなものが大量に出現し、その傷口周辺の生物を無差別攻撃した。

関連タグ

ELS・・・・同じく同化をコミュニケーションとした生命体(人類に対して害意が無いのも同じ)

pixivに投稿された作品 pixivで「コーラリアン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 45814

コメント