ピクシブ百科事典

デューイ・ノヴァク

でゅーいのばぁく

「交響詩篇エウレカセブン」に登場するキャラクター
目次[非表示]

声優

辻谷耕史

解説

王家の血を引くノヴァク家の長男。ホランド・ノヴァクの兄であり、上官だった男。階級は当初中佐だったが、のちに大佐。
かつてはホランドにとって優しく優秀な自慢の兄であったが、権力者であった父が母に無謀な出産でホランドを生ませて死なせたことを憎み、青年時代に「王殺し」と称して父を殺害する。
その後ホランドと共に放浪の旅に出て、塔州連邦軍に入隊し情報部に配属される。

アニメ本編より数年前、アドロック・サーストンの提唱した「アゲハ構想」と呼ばれる計画を指揮していたが、ホランドの反乱とエウレカの出奔により計画は中断、その責任を取らされる形で軍籍を剥奪され、幽閉されていた。
しかしニルヴァーシュがセブンスウェルを引き起こしたことでアドロックの仮説が証明され、軍務へと復帰。事態に対処すべく塔州連邦軍最高司令官として特別編成部隊アゲハ隊とアネモネを率いて塔州軍統幕本部の指揮をとる。

その最中、塔州連邦政府の実質的な最高権力機関『賢人会議』のコーダを懐柔し、首都でクーデターを引き起こして、賢人会議の残りのメンバーであるクゼミブラヤを殺害、連符政府の実権を掌握する。
そして自分の肉体にコンパクドライブを埋め込んだ上、コンパクフィードバックシステムを利用したシステムにより自らの命を間接的に星と繋ぐ人質とし、スカブコーラル及びコーラリアン殲滅を目論んで人命を無視した非道な作戦でスカブコーラルの中枢たる指令クラスターの位置を探し求める。

実弟であるホランドには期待をかけていたが、軍の脱走という形で裏切られたことで失望。互いに憎み合いながら激しく対立し、そのすれ違いは最後の最後になるまで解けることはなかった。
また、タルホ・ユーキの元恋人でもあり、ホランドについていった彼女のことも「お古」「中古品」と呼んで侮蔑している。

愛読書はフレイザーの金枝篇

関連タグ

エウレカセブン

pixivに投稿された作品 pixivで「デューイ・ノヴァク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7600

コメント