ピクシブ百科事典

サイコ・ロック

さいころっく

ゲーム『逆転裁判』シリーズに登場するゲームシステム。及び、システム内に登場する錠前。
目次[非表示]

システム

『2』にて初登場。相手が隠している“ヒミツ”を暴き出すゲームシステムの一種で、基本的に《探偵パート》で用いられる。

何かしらの“隠しごと”をしている事件関係者から話を聞いていると、突然その“ヒミツ”を守るかのように《クサリ》と《》が現れ、話を詳しく聞けなくなることがある。

話を聞き出すには、発生したロックを解除する必要があり、解除に成功することでゲームを進めることができる。

解除にはまず、システム発動のキーアイテム“勾玉”をつきつけて、再度ロックを発生させる必要があり、後は提示された“お題”に合わせて証拠品や関係者データをつきつけるか、適切な選択肢を選ぶことで『錠前』は砕け散る。錠前がすべてなくなれば“解除成功”となる。

基本的に、ヒミツの度合いに応じてロックの数は増えていくとされ(ゲーム内では最大5個)、ロック発生時点では解除できない場合もあるため、解除に挑む前には調査を十分に行っておく必要がある。

解除に失敗すると“痛手”を負うとされており、一部ゲームでは、度重なる失敗によって法廷パートでの《心証ゲージ》に影響する場合もある。

用語

勾玉

《サイコ・ロック》を扱うためのキーアイテムであり、ロックの有無を確認、及びロックを解除するためには、この勾玉の所持が必要不可欠となっている。

一見、にぶく透きとおった緑色の小さい石だが、綾里春美がこの勾玉に“霊力”を注ぐことでフシギな光を帯びた石となり、相手の“隠しごと”に反応するようになる。

元々は綾里真宵が持っていたお守りで、綾里本家に伝わるモノらしいが、『2』で彼女から成歩堂龍一の手に渡り、やがてそのまま彼のものになった模様。

“霊力”はある程度の年月が経つと弱まるようで、その際は、もう一度“チカラ”を注ぎ込む必要がある。

錠前

『勾玉に込められた“霊力”』と『ココロに抱える“ヒミツ”』によって出現する《錠》。

作中では、この錠のことを《サイコ・ロック》と呼び、“心理錠”とも表記される。御剣怜侍は《さいころ錠》と勘違いして記憶している。

『3』の第5話では、この《サイコ・ロック》を模したかのような“錠”が登場し、倉院流霊媒道に伝わる秘宝の1つ‥‥《からくり錠》として修行に用いられている模様。

TVアニメでは《サイコ・ロック》自体は登場しないものの、一部のヒミツが暴かれる際に限り、ロックが解除される映像が挿入されている。

作中では、以下の2種類の錠前が登場している。

  • 赤いサイコ・ロック
作中では基本的に、この種類のロックを扱う。
自分の意志でココロにかけたカギであり、問い詰められ、カンネンすると砕け、本心がさらけ出される。
  • 黒いサイコ・ロック
『4』と『5』で特定の人物に限り出現するロック。
本人も知らない、ココロの最深部の暗闇の色がニジんでいるものらしく、何かが原因となって、意志とは関係なくココロと記憶が封印されているとのこと。
文献によれば、心臓に直接重い鎖を巻きつけているようなもので、無理に引きちぎれば、ココロが壊れる可能性もあるらしい。

関連タグ

逆転裁判 
登場作品
逆転裁判2 逆転裁判3 
逆転裁判4 逆転裁判5 逆転裁判6 
関連キャラ
綾里真宵 綾里春美 成歩堂龍一 御剣怜侍 
関連用語
  勾玉

関連記事

親記事

逆転裁判 ぎゃくてんさいばん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「サイコ・ロック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1472

コメント