ピクシブ百科事典

サルゴン

さるごん

スクウェア/スクウェア・エニックスのコンピュータRPG『サガフロンティア2』の登場人物。
目次[非表示]

概要

ロードレスランド西のユニ村に住む青年。
10代の頃は各地を放浪し、エレノアリッチ等と共に冒険したこともある、いわゆる普通のヴィジランツだった。
ある日、地元の村付近のモンスター討伐に向かったとき、偽ギュスターヴと出会う。
そして、モンスター発生源のメガリスに到着したはいいが、そのメガリスの力に冒険仲間たちが飲み込まれ、その仲間たちの力を強制的に注ぎ込まれたことで、常人ならざる力を手にする。
そこに居合わせた偽ギュスターヴの誘いに乗り、人が変わったかのごとく偽ギュスターヴに付き従うようになり、偽ギュスの直属部隊「エーデルリッター」のリーダー・同時に偽ギュス第一の腹心となる。
以後、偽ギュスターヴのためにその並外れた力を振るうようになる。

エーデルリッターとして

周囲の間で特に有名になったと思われるのが、周辺貴族の誰もが偽ギュスターヴの完敗を予想していたハン・ノヴァの戦いにて参加していたことだろう。
寄せ集めで規模も小さかったはずの偽ギュス軍が、当時最も勢力の強かった貴族チャールズを撃破・死亡させたことは、世間を大いに震撼させた。
彼がメガリスで体験したのと同じように、エーデルリッターはみな「数人分の力を一身に集める強化人間」であり、なおかつ「故意にアニマ暴走形態へ相互変身できる」という能力により、人外の形態に自由変化することもできる。
この変身形態は「将魔」と呼ばれ、中でもリーダーの彼が変身する「炎の将魔」は非常に強力。
▼これが「炎の将魔」に変身した姿。人間サルゴンとしての姿の面影はどこにもない。

この人、燃えてる!


しかし、偽ギュスターヴ=エッグに従うことになった彼は、その心の中では複雑な思いを抱えており、エッグが人の世にあってはならない物であることを理解し、なおかつその力から逃れられない状態にある自分もまた存在してはならない者であると自覚していたようで、ジニー率いるパーティと対峙した時は、エッグに飲み込まれ同化される前に、つまり炎の将魔であるうちに倒されることを望む。

関連イラスト

「さぁ、行動の時だ!」


関連タグ

サガフロンティア2 偽ギュスターヴ エッグ エーデルリッター

pixivに投稿された作品 pixivで「サルゴン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13820

コメント