ピクシブ百科事典

エッグ(サガフロ2)

えっぐ

スクウェア・エニックスのコンピュータRPG『サガフロンティア2』に登場する道具。
目次[非表示]

概要

物語の舞台「サンダイル」に人類が誕生するよりはるか昔、人類とは全く別の先行種族が繁栄していた。
その先行種族は、人類よりも遥かに術の力を使いこなす才能に恵まれ、サンダイル自体にも術エネルギーが人類の時代より遥かに溢れていた。
だが、やがてこの先行種族は滅亡することになる。その際、なんとしても滅亡を避けたいと思っていた一心で、1つの卵型の道具を作り出す。
それが「エッグ」であった。
作り出したエッグに先行種族である自分達の意識を移し変え、自分達先行種族が苦手としている(=言い換えれば彼らにとって過酷な環境である)砂漠地帯の遺跡にエッグを安置した。
時は経過して400万年後。
人類はこれを偶然掘り出すが、手にした者は先行種族に意識を支配されて傀儡となり、各地で(人類にとっての)悪事を働くことになる。

構造

以上のことから、エッグとは人類の為にある道具ではなく、また人類と共存できる代物でもない。
手にした人の精神を支配する目的は、先行種族である自身達が復活するためであり、先行種族にとっては依り代となる肉体がどんなものであっても構わないことに由来する。
砂漠に安置したのも、精神を支配して自分達の思うとおりに動いてくれるほどの知能を持った生物に発掘してもらおうとする狙いがあったため。同時に、知的生命体ならば文明も作るだろうから、文明をまず作らせておいて、そのできあがった文明を後から乗っ取ることも考えていた。
その精神支配力は、人類の精神構造で太刀打ちできるものではなく、基本的には持った瞬間に、本人は自我をそのまま保っていると錯覚しながら根っこまで支配が完了しているため、乗っ取られてしまったことに気づかない。
その上、持ち主自身の性格そのものを利用して行動するため、大抵の精神支配とは異なり周囲に「人が変わった」と思われにくい。言い換えると、性格までは制御できない。個人的な感情などは、エッグの精神支配とは関係なくそのまま現れる(ただし行動はエッグの原理に沿ったものに舵取りされる)。ただ、負の感情の増幅効果があるらしい。
また、エッグの傀儡であり続けるために、死ぬまでエッグを手放そうとはしなくなる。

サガフロ2の世界観は、人類やモンスター達が術を当たり前に使える(一部のアニマが弱い・全くない者除く)ものだが、その術という概念自体、先行種族が作り出したものである。
無限に術の力を取り出せる「クヴェル」も元々は先行種族が様々な目的を持って作ったもので(人類に破壊できない点も技術力の決定的な差として現れている)、クヴェルが安置されている遺跡「メガリス」も先行種族のための施設である。
クヴェルを持ったりメガリスを探索した人類が、たびたび精神崩壊や肉体の変貌といった取り返しの付かない事故に巻き込まれるが、これも先行種族が作ったあまりにも大きな術の力に巻き込まれた為と言える。
エッグもそんな「クヴェル」の1つであり、これを持つだけで強力な術を使えるようになるが、持った者があまりにも未熟だとほどなくして自爆してしまう(これは他のクヴェルにも言える特徴)。もっとも、持ち主は先行種族の力を与えられるため、その力は普通のクヴェルを使った場合とは比べ物にならないほど強くなる(程度は持ち主の元々の力に依存する)。
しかし、術に長けた先行種族の意識を入れた入れ物である以上、先行種族の意識が働く。活動の一環として、術エネルギー「アニマ」を集めるというものがあり、持ち主が死亡するとそのアニマ(この場合は魂エネルギーのようなもの)を強制的に吸収してしまう。一応、他のクヴェルによる事故時と同じ部分はあるのだが、エッグの場合は一部の例外を除いて、所持者のアニマを意思を持って取り込む。
通常は生物は死ぬとアニマが自然に帰る(現実で言う所の自然宗教における死生観に近い)が、エッグに吸収されて閉じ込められる為、死後もエッグのために言わば魂ごと扱き使われる構図になる。

何度も何度も、崖下に突き落とされたり海に沈んだりと、作中でさんざんな扱いを受けているクヴェルだが、それなのになぜ地上へ毎回舞い戻ってくるのかは明かされていない。これは、プロデューサーの河津氏は設定を作ってはいるのだが、河津氏のコンセプトとして「伝聞者もいないような歴史の闇に埋もれた出来事は、もうわからないのだからありのままにわからないようにしておく」というのが理由。絶対者が持つ上から目線のような視点でメタ的に無理矢理事実をプレイヤーの前に引っ張り出して明かすようなことはしないのである。そして、当然エッグに関しては伝聞者などいるはずもないので、このあたりの詳細は不明のままである。設定を作っていないのではなく、詳細を探りようがない状況を反映させたものにするあたり、いかにもリアルな描写。

破壊

物語上重要な家系となるナイツ家。
物語の主役の1人「ウィリアム・ナイツ(ウィル)」は、父ヘンリーがエッグを手にしたために奇妙な死に方をしたことを幼き頃に知り、その犯人と考えていたアレクセイ・ゼルゲンを追跡しようとする。
その末にアレクセイを打ち倒すが、アレクセイから人ならざる不気味なアニマを感じ取る。
ナイツ家は元々アニマ感知力がとても高く、常人なら気づかなかったであろう感知力を持っていたため、事件の真相はアレクセイ本人ではなく、アレクセイの持っていた「何か異様なもの」ではないかと着目する。
これがウィルとエッグの対立の始まりであり、エッグが人類に正体を気づかれ始めた発端でもある。

エッグにとって、生き延びる為に秘密裏に先行種族の支配を進めたいと考えているため、正体を気づかれてしまったうえにアニマを鋭く感知するナイツ家は、いわば天敵であった。
何度も対立するうち、特にエッグ破壊に執着するウィルに対しては「いつか殺してやる」とまで言うようになり、ウィルもまた70年以上の歳月をかけてエッグを追い詰めようとする。
その過程でエッグが使った手口は以下の通り。

  1. 発掘者ニコラ・ゼルゲン⇒術の才能が無かったので自爆
  2. ヘンリー・ナイツ⇒自爆したニコラが落としたエッグを拾い支配されるも、数年間持ちこたえる。しかし妻キャサリンがエッグを押し付ける為にアレクセイを呼び、エッグを奪わせたことでアレクセイに殺された。
  3. アレクセイ・ゼルゲン⇒小物の性格を利用され、各地で他のディガー(発掘者)からクヴェルを奪うも、ヘンリーを殺したことが仇となりウィルに追われて殺された。
  4. アニマ教徒⇒2種類の公式設定で内容が異なる。
    1. パーフェクトワークスの設定では、新興宗教の教徒として潜入したことになっており、ギュスターヴ13世周辺で暗殺事件を引き起こし、戦争を誘発させて大量の兵士のアニマ吸収を狙う(犠牲者はフィリップ2世)。しかし、ギュスターヴ13世がアニマ教徒こそ犯人であることを見破ったため失敗。
    2. アルティマニアの設定では、教徒の1人が持っていることに変わりはないが、これといった活動が示されていたわけではない。また、上記の暗殺事件には確実に絡んでいない。
  5. 海賊⇒元々船酔いする程度のヘタレだったが、それゆえにエッグの力に取り付かれる。海賊船に単独潜入されたウィルにエッグを弾き飛ばされて海中に落とされ、自身もエッグを追って海に飛び込んで死亡。
  6. ミスティ⇒子供の頃に拾ったため好奇心旺盛な心を利用され、村人からアニマを吸い取って化石に移植させる実験などを行う。その最中にリチャード・ナイツに目をつけた為、用済みとしてリチャードに始末させる計画を立て、エッグを押し付けて死亡。
  7. リチャード・ナイツ⇒エッグをミスティから押し付けられるも、すぐに飛び降り命を絶ったため精神支配が間に合わず、初の支配失敗に終わる。
  8. デーニッツ⇒メガリス探索中に拾ったことで乗っ取られる。南大陸の少尉だったことを利用され、ギュスターヴの名を借りて軍団を組織したほか、ミスティ時代に行った実験を活用してエーデルリッターという側近も用意する。エッグはこの時初めて「人類にとっての強さとは個人の強さではない」ことを学習した。この作戦で大勢の人心を掌握するも、ギュスターヴの家系としては不自然な行動があった。結果、ヤーデ伯家率いる連合軍に仕掛けられた戦争サウスマウンドトップの戦いにて敗走。さらにそこをウィル達に追跡されたため、エッグ本体が戦うことになる。
これらの経緯にて、エッグは同じ手口を1回しか使っていない。
これは、先行種族の根本的な精神構造によるものであり、用心深さで意識的に同じ手口を避けたわけではないようだ。
裏を返せば、一度失敗した手段は、同じ手を改良してもう一度使ったなら勝てるであろう局面でも使わないのである。
唯一、ミスティがアニマ獣を動かすことに成功した際にはアニマ獣をリチャード・ナイツに破壊されているにもかかわらず、後に同じやり方でエーデルリッターを精製したが、これはアニマ獣を動かす事自体が目的だったのではなく、あくまで実験にすぎないため、破壊されようがそれはエッグにとっての作戦失敗にはならない(アニマを他の生物に移し変えるという実験結果が得られれば十分に成功と言える)。

また、最後のメガリスにはサンダイル全地域および宇宙からアニマを抽出する装置があるらしく、これを使って集めたアニマをエッグ内部に取り込むと、完全復活が果たせるらしい、とのこと。それは、サンダイルの全アニマが枯渇することを意味しているとも考えられ、自身の復活のためにこの世界が滅ぼされることをも意味していると言えよう。言い換えれば、かつて地上にいながらにして宇宙のアニマを抽出していた彼らにとっては、サンダイルという大地を捨てても問題ないとも考えられる。

ラスボス

▼バトル形態の姿。

完熟エッグ


これらの経緯から本作のラスボスになっており、偽ギュスターヴとして活動していた頃に部下にした「エーデルリッター」を従え、最後のメガリスにて待ち受けている。
エーデルリッターは戦闘形態「将魔」としての能力を持ち、単独でも強力。
しかし、それらを倒さないとエッグに吸収されてしまい、エッグのさらなる強化を招くことになる。
特に、石形態を倒さなかった場合に使ってくる「エンシェントカース」は、パーティ全員を100%以上の確率で石化させるとんでもない攻撃で、案の定挫折者を生み出した。
ちなみにメイン画像は、このラスボスとしての最終形態である。
最終形態すら破られたエッグだが、メガリスで集めたアニマによって、人間大の大きさまで膨れ上がっていた。
元々触れると意識を乗っ取るエッグだったが、もはや近づいただけでアニマに異常をきたすほどの力を持っていた。
戦いの結果に関係なく、メガリスで強化するという目標を達せられたことになる。
しかし、それを見たウィル達の仲間の1人・グスタフは、これを一瞥し——突然、手にした金属剣を振る。
金属は、人工物であるがため、基本的にアニマを遮断する。
術士には疎まれるが、金属ゆえに強くて頑丈であり、このような対アニマには格好の対抗手段であったと言えるかもしれない。
しかも、それはギュスターヴ13世が長い年月をかけて鍛え上げた「ギュスターヴの剣」。
この時代までの「人類最強の剣」である。
ところが、この刃先がエッグに触れた瞬間、根元から折れてしまう。
ギュスターヴの剣を以ってしてもエッグには歯が立たないのか? 誰もが諦めた次の瞬間——エッグにもヒビが入り、爆発するように消滅した。
人類では歯が立たないはずのクヴェルを破壊して、悪夢の刻を終わらせた瞬間でもあった。
エッグに取り込まれた人々のアニマも解放され、自然へと帰っていったという。

インペリアルサガ

エッグルート

2015/12/24夕方より、ストーリー展開の1つとして「エッグルート」なるものが登場する。本作の基本ストーリーは、邪神ヴァダガラと戦う為に、皇帝が代々自分の魂を次の皇帝へ引き継がせ、やがて光と闇のどちらの道を歩むかでその決着の付き方が変化するというものだが、これは光でも闇でもないルートである。

1章ラスト、半神アデルデスとの決戦に挑む直前。デスは、仲間の命を差し出せばお前だけは助けてやるとアデルを挑発する。これにアデルは、逆に自分の命をくれてやる、ただしお前を道連れにすると宣言したことで、「人1人の命と神1柱の命を対価に扱うなど言語道断」と、デスの逆鱗に触れる。結果、言葉通りにアデルはデスと相討ちになったが、それでも収まらぬデスの怒りの残滓はザム砂漠の大部分を吹き上がらせた。

吹き上げられた砂の下に埋もれていた建物に、エッグは眠っていたのだった。

これを知った神王教団のティベリウスは、神王からのメッセージに従い、エッグを教徒達に発掘させる(この時の選択でエッグルートの可否が決まる)。エッグ本体はすぐに弱い教徒を使い捨て、辺境の村に転がり込み、ミスティ・レブソンの手に収まる。エッグの意識はこの世界が多数の次元からの集合体であることを理解しており、本来未知のはずの存在「神」なども全て支配しようと目論み、行動を開始。

その行動内容は、主に各地でデステニィストーンを集めることだった。本来、ロマンシングサガの世界にてサルーインを封印するために使われた、運命を変える力を持った石。サルーイン自身が取り戻せば、封印されていた力が戻ってくるため、サルーインとしては喉から手が出るほど欲しいものだった。そしてエッグは、そこに付け込んだ。

10個のうち5個も集めればサルーインの気を引くことができると考えたようだが、4つ目の石を入手した際、当時病み上がりだったナルセスと対峙した時に油断し、彼の術をまともに受け、ミスティの体は深手を負ってしまう。そして、5つ目の石エメラルドを手に入れたとき、エッグを破壊する存在「フィニス」からの一撃を受け、ミスティは肉体を滅ぼすことになる。しかしエッグ本体は運命石を持ちながら逃亡に成功し、計画を大詰めの段階へうつす。

まず、アルタメノス帝国へ急襲し、皇帝に不意打ちして、伝承していたアデルの魂を奪い去る。さらに、ミニオン・ヘイトにエッグを掴ませた。

こうして、エッグを掴まされたヘイトは、サルーインの忠実なしもべとしてのミニオンのフリをしながら、巧みにサルーインに接近。デステニィストーン5個を献上し、サルーインが最も気を抜いた瞬間に、唐突にエッグとしての本性を見せ、サルーインを吸収しにかかる。この時、神であるサルーインを吸収したエッグの力は凄まじいもので、五感を直接攻撃するものだった。つまり、エッグを見たり、エッグの発する音を聴くだけで、その外見や音が本来無害なものでも、苦痛に苛まれる。それを打開したのは、帝国側にギュスターヴ13世が同行していたこと。彼はアニマを一切持たない特殊な体質だったので、アニマを操るエッグの五感攻撃も通用せず、五感遮断の方法を周囲に伝え、エッグを撃破。再びフィニスが訪れ、完全に破壊した・・・かに見えたが、核の部分は逃亡。

そして、エッグの作戦は本当の最終段階をむかえる。ティベリウスが神王からのメッセージを受け取って発掘したことで始まったこの戦い、実はメッセージを送ったのは神王に偽装した魔王(ロマサガ3)であった。つまりエッグを欲していたのは魔王であり、彼は破壊を楽しむ為にエッグを利用しようと最初から考えていた。「つねに一歩先の時間に存在し続ける」というチート能力を持つ魔王は、自身の精神力の強靭さもあり、エッグを手にしても意識を乗っ取られることはない。

やがて、この世界の支配者となっていたヴァダガラに、取引をもちかける。ヴァダガラは、ネメアーの魂を打ち砕いて、自分達の魔力暴走で作られたこの「ごった煮世界・ディスノミア」から脱出したかった。その方法は、ネメアーの魂を引き継ぐアデルの魂を砕くことなのだが、その魂はエッグが所持していた為、それを引き渡せばお礼にエッグは無事にもとの世界へ帰してやろうと話す。

ヴァダガラも、油断していた。今やエッグは、誰かを人形にして目的を果たす存在ではなく、逆に魔王の道具同然にされていたことを知らなかった。魔王の狙いはエッグを使った神の吸収。サルーイン吸収は完全にはいかなかったが、吸収方法はエッグの学習能力で学んでおり、今度こそ確実に神を吸い上げようと、三相一体の力を持ったヴァダガラを飲み込み、それらの力を全て吸収。自身が飽きるまで、世界と言う世界、次元と言う次元から、万物を集めて、「死」を楽しむ為に壊そうと考える。

そこへやってきたのが、今やアルタメノス帝国の皇帝となった、フィニスだった。魔王、エッグ、ヴァダガラの力・・・全てがひとところにあるこの状態は、敵の根源をまとめて一掃するにはむしろ都合が良かった。結果、フィニスの頭部についたクヴェル「アリコーン」によってエッグは核から破壊され、魔王もまた同じ宿命の子であるサラ・カーソンと少年による攻撃だけは受け流せず、この世界での実体を打ち倒された。

月光ルート

2017年7月より登場した新ルート。謎めいた月の光によって半神アデルが消去され、絶体絶命のピンチに陥った帝国の物語にも登場する。

本作では基本的に神々の関わる重大な事件や関連する流れについては、ロマサガ1のフラーマが事前に星詠みで事態を大まかに予測して対処してきた部分がある。しかし、星詠みになんの兆候もないまま、それどころか本拠地のヴァルク宮殿にて一行がまず最初の作戦を立てようかという時に、いきなりサルーインが襲ってくるという異常事態に見舞われる。

消えたアデルに代わって即位した皇帝ミルリクは、急な即位によって周囲の信用が得られていないため、まずは何らかの働きを見せて周囲の信頼を勝ち取る必要があった。サルーインはまさにそのタイミングで現れ、ミルリクはここで先頭に立って戦うことで信頼を得るきっかけとして利用されることになる。

しかし、サルーインを倒したはずなのにミニオンがまだ活動している。何らかの理由がない限り、ミニオンが独断で動き続けることはありえない。調査に向かったところ、フレイムタイラントを操りブレイズスレイブとし、襲撃を目論んでいた模様。

だが、ミニオンが独自で動く動機にしては稚拙すぎる。ブレイズスレイブを撃退したのちに残された武器「コスモエッグ」、これを拾おうとしたシフがミルリクに制止される。

それはコスモエッグなどではなく、エッグだったのである。

さて、ミルリクの目的は、無数のパラレルワールドになっているディスノミア「同士」が衝突して消滅してしまうのを避けること。そのために、衝突を目論むザルガ双神を打ち倒すこと。しかしこの双神は、ディスノミアにはいない。アデルもその血を引いていたという、かつて戦いに敗れた始祖神ネメアー。その「欠片」を集めれば、ネメアーは復活し、彼の力でディスノミアを脱出することができる。

エッグはこの欠片の一つを盗んで逃亡していたため、ミルリク達に追われる身となった。しかし、欠片から力を得ていたため大幅に強化されていた。もはや傀儡など必要とせず、単独の活動だけで、逃亡先にある人間の統治区域一つを廃墟にしかねない勢いへと成長を遂げていた。アニマを持たないゆえエッグに対抗しうるギュスターヴ13世と、エッグを仇敵としアニマ感知能力が人並みはずれたウィリアム・ナイツがタッグを組んで正規軍を率いる、原作以上の万全の体制を整えて迎え撃つも、数日で壊滅寸前へと追い込まれていた。それはまさに、原作のラストバトル後の巨大化したものに等しいと言えよう。

だが、ミルリクを前にしては話が違った。激しい戦いを挑み、優勢に立つと、そのままエッグを拳で粉砕。エッグの危険性は上記の通りであり、普通は触れればアニマを乗っ取られる。それをなんのリスクもなく素手で叩き壊したことは、この事件単体の解決には役に立ったが、同時にミルリクの特異性をプレイヤーへ示し始めるきっかけとなった。

関連タグ

サガフロンティア2 エーデルリッター

pixivに投稿された作品 pixivで「エッグ(サガフロ2)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12005

コメント