ピクシブ百科事典

目次[非表示]

あらすじ

元特殊部隊出身で、現在は傭兵の父親クインがメキシコで手に入れた装置を、息子のローリーが箱の中から発見。彼が起動させてしまったその装置は、地球にプレデターを呼び寄せるシグナルを発信するものだった…

プレデターと接触したことで、事態を隠蔽しようとする政府の極秘機関に監禁されてしまったクイン。
彼はルーニーズと呼ばれるならず者の兵士たちと共に脱走し、危機が迫っている息子と人類を救うために奮闘する。

再び人類の前に姿を現したプレデターは、他の種のDNAを利用し、遺伝子レベルでアップデート。より強く、より賢くなっていた。
さらに、通常のプレデターをもはるかに上回る圧倒的なパワーを秘めた、"アルティメット・プレデター"までもが突如出現!人類はどのように立ち向かえばいいのか…!?

登場プレデター

映画のネタバレを含みます。

















ザ・プレデター フジティブ・プレデター


フジティブ・プレデター
この個体は地球侵略派グループの一員と思われ、何かしらの理由によりそのグループを裏切り、地球人にプレデターに対抗するためのスーツであるプレデターキラー(以後スーツと書かせてもらう)を渡すために地球へとやってきた。
最終的には後述するアサシン・プレデターに文字通り顔を潰されて殺されてすまうが、最終的に目標を達成する。
プレデターキラーはフジティブが他のプレデターから盗んで来たらしい。
かっこよく、本作のプレデター側の主人公なので相当人気がある。

ザ・プレデター アサシン・プレデター


アサシン・プレデター
この個体は他の種の生き物の遺伝子を取り入れ、通常の個体と比べてより大きく、より素早く、より硬く、そしてより強くなっている。スーツを破壊し、フジティブを抹殺、優秀な遺伝子(すごい人間)を捕獲する任務を遂行するために地球までやってくる。
ただ、詰めが甘く油断しやすい、調子に乗りやすいところがあり、フジティブを殺した後にスーツを運んでいる宇宙船を爆破するが、肝心のスーツを破壊できず、それなのに任務を遂行したと勘違いをして次の任務を達成しようとする。その結果油断したところを主人公のクイン・マッケナに倒されてしまう。

体表を硬化させることができ、硬化させた状態では至近距離からのアサルトライフルの連射すら無傷でいることができる。ただ、うざったいのか眼や口に銃弾が入っては困るのか、一応腕でライフルの弾が顔に当たらないようにガードしているところを見ると硬化状態も完璧ではないのかもしれない。
(事実、硬化状態のときに口に一発銃弾を喰らったときは血が出ていた上、小型のプラズマキャノンを喰らったときは吹っ飛ばされていたため、少なくとも口内の銃弾耐性やノックバック耐性はないと見える。)
硬化状態でないときはおそらく普通のプレデターと同程度の耐久性だと思われる。ちなみにナイフで頭を滅多刺しにされても戦闘を続ける凄まじい精神の持ち主。可愛い犬を連れてきた。

関連タグ

プレデター

関連記事

親記事

プレデター ぷれでたー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ザ・プレデター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 49715

コメント