ピクシブ百科事典

シェフ(サウスパーク)

しぇふさうすぱあく

アニメ『サウスパーク』の登場人物。歌手であるアイザック・ヘイズ氏が声の吹き替えを担当した。wowow版日本語吹き替えはブラザー・コーンが担当していた。
目次[非表示]

概要

本名はジェローム・シェフ=マッケロイ。
町内では数少ないアフリカ系の一人。いつもコック帽をかぶっており、恰幅の良い体格をしている。

4バカが「こんちわシェフ」と言い、シェフが「よお、坊主ども」と返すのがお決まり。


人物

スタン等の通うサウスパーク小学校の食堂で働く調理師。サウスパークでは数少ない常識ある大人であり、生徒(特にスタンリー・マーシュ)の言動が不適切であればキチンとそれを注意をし、また生徒から相談を持ち掛けられる事も多い。相談の内容は主に男女関係についてが多い。また、自身も極度の女好きなのが玉に瑕。

性格

黒人民権運動に賛同するなど社会活動にも積極的に参加する一方、過激な黒人運動には距離を置くなど良識的バランス感覚も持ち、主人公の4バカを含めた住人たちからの信頼はとても厚い。その一方で、好色が過ぎるとの欠点もある。

サウスパーク一、リアン・カートマンの男性版ともいえるほど大の女好きで、カートマンの母を含め、関係を持った女性も多数いる。因みに、彼とやって満足しなかった女性は一人としていないという。

アフリカ系らしく、歌を歌うことが得意であり、本国版と日本語吹き替え版と共にしびれるほどうまい。しかし、時にピー音が連発されるほど歌詞が卑猥なため、子どもたちに歌詞の本意が通じる事はあまりない。
子供たちへのアドバイスも、大人故の含蓄はあるもののアダルティーな例えが多く、正しく伝わらないこともある。

降板への道

サウスパーク第1話からの登場人物であり、当初は他の大人たちと同様に非常識な大人の一人であった(主に女性関係への面から)が、第7話にて常識的な大人としてスタンらに助言するという人物像が確立した。

10シーズン1話にて、入会したスーパーアドベンチャークラブで幼児愛者となるよう洗脳されてしまい、サウスパークにいったん戻ってくるものの結局 最期は絶命し、物語から退場することになる。この回以降は一切登場していない(再登場フラグは立っていたものの、200話記念回ですらも登場することはなかった)。

降板の理由

この回は製作の背景が特殊である。
長年シェフの声を務めたアイザックがサイエントロジーの信者であったため、しばしばサイエントロジーを侮辱的に扱った製作陣と対立し、2005年末をもってアイザックは番組を降りた。
2006年、アイザックはこの件に関し、「信仰というものは人々にとって神聖なものであり、常に敬意を払われるべきだ。40年に渡って市民運動をしてきた者として、人の信仰や習慣に敬意を払わないショウに協力することはできない」とコメントしている。

しかし、その後製作者側からの強い要請もあり、アイザック自身も「いつかはサウスパークに戻る」ということを告げていたが脳梗塞のため亡くなり(2008年)、結局彼がサウスパークに戻ってくることはなかった。






※※以下 s10e01のネタバレ※※




s10e01では吊り橋から転落し、顔をサーベルタイガーに食いちぎられるという悲惨な最期を迎えるが、最終的に、SACのメンバーによってダースベイダーへと生まれ変わった。

この画写ではアイザックを裏切り者扱いしている一方で、カイルの言葉を通して、アイザックヘは感謝の念を捧げるべきだとし、真に憎むべきはSACという製作サイドの主張がなされている。このようにS10e01は、カルトに嵌った親友(シェフ=アイザック)を助け出そうとするが適わないという製作サイドの事情がストーリーラインに反映されている。

「サウスパークといえばシェフ」という声も多くある中での降板はファンの中でも惜しまれた。

関連タグ

シェフ
サウスパーク
大人

pixivに投稿された作品 pixivで「シェフ(サウスパーク)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1423

コメント